2009年01月19日

Tajuton humppa

 フィンランドのバンド、Eläkeläiset (Elakelaiset) の
2008年のアルバムに収録の「Tajuton humppa」。
「making plans for Nigel」のカバー。


on iTunes store


posted by ノエルかえる at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making Plans for Nigel のこと

 これは何かの拍子に、不意と思ったというだけのことです。

 「Making Plans for Nigel」のメロディの構造は、音符(一音)が、小さな点で存在して、しかも、四方に散在していると言うのが、はじめの状態で、それが次第に収束して、線状になり、その線が移調する、と言うものなのですが、(なので、広大な、それで、空虚な空間性を感じるのですが) 、これは、レノン=マッカートニーの、「A Day in the Life」に似ているかもしれない。

 思いついただけです。
posted by ノエルかえる at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Drums and Wires | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

今年のXTC

備忘:

 今年、2009年には、XTC のアルバムのいくつかが、再版される予定。
リマスタリングの作業は終わった模様。
 再版されるのは、
『English Settlement』
『Skylarking』
『Oranges & Lemons』
のオリジナルアルバムと、
『Explode Together』
『Beeswax』
『Rag & Bone Buffet』
の編集版。
それから、
『25 O'Clock 』
『Psonic Psunspot』
のThe Dukes of Stratosphear のもの。

「Stratosphear」は、stratosphere のスペルが変えられていることに、
初めて気がつきました。

 予定は4月頃ですが、昨今の金融危機からの経済事情もあるので、実際は分かりません。

 ムールディングは、この二年間は、日記を書いていたと言っています。公刊されるようなものなのかどうかは分かりません。また、自身の系譜を調べてもいたそうです。webで moulding,family-tree で検索すると、家系に関するサイトもあります。そのような事柄に関心を持つ人も多いのですね。

 二年間は、音信不通だったパートリッジとムールディングですが、再版に関係して、再び、連絡を取り出したそうです。
 

posted by ノエルかえる at 15:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする