2011年10月31日

I got a guitar that I thought was more versatile.

 ヴェルナールさんとの対談「Andy looks at guitar playing and players -- Part IV」(2010/4/26) の冒頭部分。( 10分の1くらい ) です。
グレゴリーが参加した頃の話しです。
( 16時35分頃、追加:6分の1くらいまで )


ベルナール「前回、私たちは、バリーが去ってデイブがやって来た時のことを話したのでした。そして、XTC は、最盛期のライブ演奏の時期になったのですね。」
パートリッジ「ええ、おかしなことに、音的には、大後退をしたわけですよ。なにかと言えば、何年かの間、私は、二本のギター編成にならないように努めましたからね。」
ベルナール「実際、どれくらいの期間なのですか? デイブ・カートナーが去ってデイブ・グレゴリーが入って来るまでは、三年ですか?」
パートリッジ「カートナーは75年に出ていって、グレゴリーは79年に入ったんです。四年ですね。その間に、私は、バンドがキーボートを使うことになれていました。特に、「未来の略称」であるバリーのKrumar オルガンに私は馴染んでいたんです。塵箱から拾われた正真正銘のクズの音だったのですけれどね。ご存知かなぁ? けれども、誰もがその音に注目していたのです。ブロンディ、ジョナサン・リッチマン、それに、モダン・ラバーズ、数え切れないイギリスのバンドが、「宇宙のフェアグランド」にあるKrumar かFarfisa タイプの音に注目していたのです。
 音的な大後退をする肚は括ってました、実際に私たちはそうしたんだと思います。実際に歌がよくなったことを見ても、この大後退はよかったのですよ。歌が向上したのは、デイブが持っていた音楽上の性質のお陰ですね、それはとても保守的なものなのです、でもその時点では、私たちにはその保守性が必要だったのです。」
ベルナール「彼がキーボードも上手くこなせると言うことは、打開に資したのではないかと私は思いますけど。」
パートリッジ「それは確かにそうです。彼が自分の灯明を升のしたに隠していた時代なのです。 ( 謙遜する、才能を隠す:マタイ書5−15 ) 彼は優れたキーボード奏者ですよ。だけど、彼は、ギターを探求するのが好きですし、エレクトリック・ギターでむせび泣くのが好きなものですから、キーボードは彼の癇に障るものなのです。時には、キーボードは彼を怒らせるだけのものに思える時もあります。それでも、やはり、素晴らしく優れたキーボード奏者なのです。」
ベルナール「それでは、グレゴリーの参加が貴方のギターをどう変えたかを教えて下さい。私には、そのように思えます。バリーと最後まで死闘を繰り広げた場所で、貴方たち二人は同じ楽器を剣にしたわけですから。貴方のアプローチに変化を与えましたか?」
パートリッジ「そうですね、当初は、やり方を変えはしなかったと思います。以前と同じ演奏だったと思います。同じパターンを繰り返しいましたよ。…、つまり、「 Day in, Day out 」を例にすると、ほとんど反復のリフだよね。一つのものを決めて繰り返すと言うものですよ。
 私は、そう言うやり方を演奏していました。パターンを繰り返すと言うやり方ですけれど、例えば、「 Millions 」や「Making Plans for Nigel」で。…それらは、まるっきり、周期的なものです。意図があってそうしていたんではないと、私は思います。デイブを見て言ったことがあります、「もう十分、君はつまらないことをしいる、…そう、君はコードチェンジをすればいい、そうすれば僕がその上に糖衣をかけるから。」」
ベルナール「でも、コリンの歌にだけですね、そうなのですか?」
パートリッジ「ある時期まではそうでしょうね。でも、兎も角、最初は、演奏をほとんど変えなかったと思います。私は、学習するのが不得手なのです。ところが、私たちは曲を早急に仕上げなければならなかったのです。ですから、私が演奏するのに、複雑なことは少しだけにしたのです。…ですが、ソロのことではないですよ。ソロは、大抵がデイブが取りました。私がリード・ヴォーカルを取っている時には、ブレイクなどを付けて呉れたのです。私は、数小節の間、水掻きをしたかっただけですよ ( 笑い )。
 ですから、二本のギターで、私たちは少しばかり古くさくなったと言う事実に、私は順応したのです。実際、あの時は、二本のフェンダー・ギターだったのですから。…私は、『ドラムズアンドワイアーズ』には黒い Fender Bronco を使っていました。」
ベルナール「何時、Ibanez を手にしたのですか?」
パートリッジ「あれは、75年制の Ibanez でした。買ったのは、最初にヴァージンと契約した1977年です。週20ポンドの私たちの給料とは別にされました。…自分たち自身の金であるとは思いもしませんでしたよ! …私たちのマネージャーは、バンドが相応しい楽器が必要だと判断したのです。誰もが、Gibson か Fender Star 、それに類したものを買っていたと思います。けれども、私は、なにか少し違うものをと考えたのです。その時、 Ibanez artist を知ったのです。けれども一方で、日本製の安物ギターを私は知っていました。本当にものすごく安かったのです。それに、全ての店の中で、一番感じのいいギターだったのです。そのギターは、変幻自在の音を持っていました。薄い音にも出来るのです、フェンダーのようにです。また、ギブソンのように厚い音にも出来るのです。これはいい、と私は思いました。これならば、大きなパレットを使って描くようなものだと思ったのです。他人が、これを弾く私を見て、「見ろよ、奴はギブソンやフェンダーを買う余裕もないんだぜ。」と言うことには、まるっきり構いませんでした。私は、何にでも融通の利くギターを手に入れたと思ったのですから。」
ベルナール「さて、私たちは、六弦のギターについて話して来たのですが、もちろん、ベース・ギターと呼称されるものも同様にあるわけですね。貴方とコリンは、奏者として一緒に成長して来たわけですね、とても長いパートナーであったわけですけれど。彼のベース・ギターの使い方の上達が、ギタリストとしての貴方に、影響を与えているのでしょうか、特に、『ドラムズアンドワイアーズ』『ブラックシー』『イングリッシュ・セトルメント』では、飛ぶような歩幅で進んだ分けですけれど?」
パートリッジ「ああ、彼は、どちらかと言えば、メロディックな演奏を好むのを知ってます。彼は、Free の Andy Fraser の大ファンでした。Fraser は、メロディックであると同様に、必要最小限の演奏をする奏者でした。私たちは、バリーも一緒に、演奏ツアーでヨーロッパに行ったことがあります。… そう、バリーと一緒だった最後のことかも、… 私は、一つのカセットをずっと持って歩いたんです。それは、『リボルバー』でした。それを、乗っていたヴァンの中で、絶えずかけていましたよ。」
ベルナール「ええと、メロディックなベース・プレイについて話しているのですけれど…、」
パートリッジ「そうですよ! それが、コリンがほとんど初めて、ビートルズに触れた時だったのでは、と私は思うのです。私が言いたいのは、コリンは、ビートルズを知ってはいました。けれども、メタル好きの少年だったわけです、だから、ちゃんとビートルズを聴いたことはなかったのです。それで、ヨーロッパを横断する長い自動車の旅の間、彼はビートルズを押し付けられたのです。暫くして、彼はこう要求し始めたのです。「あのカセットを掛けてよ、… 僕はあれがすごく好きだから!」 そう言うわけで、彼は、車中でマッカートニーの演奏について話していた、と私は覚えているのですけれど。
 私とコリンはマッカートニーの演奏について話し合いました。彼に言ったのです。「66年以降のことだ、マッカートニーは、録音の最後にベースを入れることを主張した。その理由の1は、バンドがミックスの段階でより大きな音になれると言うこと、その理由の2は、コード進行に縛られた極普通のものとは違ったベース・プレイを創れる、ということだった。マッカートニーの演奏は、それ以来、ずっとメロディックになった。それは、彼が試行錯誤出来る余地を得てからのことだ。」
 この会話はコリンの背中を押したのです。その後、彼は、ベースを最後に録音するように言い出しました。わたしはいい傾向だと思いました。と言うのは、そうすれば、コリンはやりすぎると言うことがなくなるわけです。トラックを編集する時に、十分に考える時間が持てるのです。曲のそこにどんな音を置くか、多すぎるものをどうやって取り除くかを考えられるのです。そうして出来た隙間にメロディを入れることが出来るのです。このやり方は、コリンが新しい発見をするのにとても有益でした。」






11月13日追記:
日本製の安いギターと、Ibanez は、別のように思って訳しましたけれど、同じものかもしれません。

11月17日訂正:
Ibanez を使っている奏者を知ったのです。→
Ibanez artist を知ったのです。
Ibanez artist と言う名前のギターでした。


2012年01月27日訂正:
「未来の略称」であるバリーのKrumar オルガンに私は馴染んでいたんです。 の部分、
原文は、Krumar ですけれど、Crumar かも知れません。イタリアのキーボードのメーカー名。
posted by ノエルかえる at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 注記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

in the mist

 Harold Budd の『 In The Mist 』が来たので、一度聞いた。
 『La Bella Vista』はノスタルジックな感、『Avalon Sutra / As Long as I Can Hold My Breath』は深遠な印象があったけど、『 in the Mist 』は、もっと晒された線だけの形のようで、ピアノの美しさが一層際立つように思う。
posted by ノエルかえる at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

Mummer's play

 Mummer については、備忘していたと思ったのですが、ないようなので。

 Mummer は、クリスマス・シーズンにイギリスの農村で行われる神秘劇 ( miracle play ) の一環で行われる祭儀の一つです。聖人ゲオルギオスの龍退治を劇化したものを演じます。
 アルバムのインナー・スリーブでは、XTC メンバーは古新聞の切れ端で作った衣裳を着ています。それは、グロスターシャー州のマースフィールド ( Marshfield, Gloucestershire ) で始まったようです。元々は、葉を使った衣裳が東方から伝わったようです。生命の終わりと再生を葉は象徴するということ。と言うことは、グリーンマンと、同根か、似たものと言うことになるのではないでしょうか。
 パートリッジの扮装は、聖人ゲオルギオスです。ムールディングは、杖を持ているので、賢者でしょうか? アコーディオンを持っているグレゴリーは?
posted by ノエルかえる at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Mummer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

SUNLIT NIGHT

 パートリッジの伴侶、Erica Wexler さんが、来年2012年に、アルバム『 SUNLIT NIGHT 』をリリーする予定と言う嬉しいニュース。中の一曲は、パートリッジが『 Fuzzy Warbles 7 』で発表した「 I'm Unbecome 」。
 APE からリリースが予定されている、XTC 全アルバムのリマスター・ビニール盤計画、『 Drums and Wires 』のマスターテープ、A面が行方不明とVirgin・EMI が言って来て、中止と言う残念なニュース。
posted by ノエルかえる at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

ビニール盤からデジタル

 『スカイラーキング』2010年版リマスターを手にしたのは、もう一年前か知ら。プレイヤーがないので、あまり聴く機会がないままでした。どこかに持込んで聴かせて貰うだけで。
 なので、知人にディジタル・フォーマットへの変換を頼んで、コピーを取ってもらいました。それを、自分のMacBook 15 に取込んで、ガレージバンドでCDにしました。
 実は、知人には、A面B面C面D面、各一枚ずつにして、しかも、D面は二曲目の歌をカットしてCDにして欲しいと頼んだのですが、それは面倒だから、自分でやって、と言われました。ただ、彼がレコーディングしていて、「D面の子供が歌っているのには、ノイズがあって取れない。」と言ってきました。「それはカットして欲しかった歌だから、かまわない。」と私は言ったのですけれど。
( 知人はクラシックしか聴かないのだけど )
 そんなわけで、「ディア・ゴッド」のカットは自分でしなくてはならなかったのですけれど、「ダイイング」が「ディア・ゴッド」とクロスフェードになっているのが困りました。冒頭のドラムズのエッジを叩く部分は、これまでのCDからコピーして繋いだのですけれど、歌い出しのところまで、「ディア・ゴッド」の最後のコードの余韻が残っているので、不自然なエコーがムールディングの声の後に聞こえてしまいます。
 それでも、やはり、私は満足ですけれど。

 コピーに使ったのは、ヤマハのプレイヤー、カートリッジはオルトフォンのKontrakunpt-a 。プリアンプはマッキントッシュC46。昇圧トランスはオルトフォンT-2。
 私のシステムは、デノンのDVD-2200、サンスイのプリメインアンプ602、B&W DW 602 のスピーカーなので、どれほどの再生力なのか分からないのですけど、でも、満足です、とても素晴らしいと思います。
posted by ノエルかえる at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Skylarking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

apple

 古典ギリシャ世界では、女性が男性に林檎を投げつけるのは、求愛の印。


Θεόκριτος 『 Ειδύλλια 』の第五歌「 Βουκολιασταί 」の、6行から、


Βάλλει τοι, Πολύφαμε, τὸ ποίμνιον ἁ Γαλάτεια
μάλοισιν, δυσέρωτα καὶ αἰπόλον ἄνδρα καλεῦσα・



ポリュペモスよ、ガラテイアが君の羊にリンゴを投げて、
恋に疎い羊飼いだと言っている。   ( 古澤ゆうこ訳 )




『エティオピア物語』第三巻 3-8の中の、

Καί οι γυναίκες του λαού, αυτες που δεν μπορούν με την εγκράτεια να κρύβουν το πάθος της ψυχής, τον έραιναν με άνθη και με μήλα, με την ελπίδα ότι έτσι θα κέρδιζαν από κείνον κάποια εύνοια・


そして、庶民の女性たちは、魂の熱情を隠すような節度ある態度ではいられないので、若者に花や林檎を撒きかけるのです。
posted by ノエルかえる at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple Venus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

In the Mist

 今日、オーディオで再生したのは、『スカイラーキング』、『ソング・サイクル』ヴァン・ダイク・パークス、『スルー・ザ・ヒル』、
『スマイル』ブライアン・ウイルソン。
 そろそろ、ハロルド・バッドの新作『 In the Mist 』が来るだろうから。それに、ビーチボーイズの『スマイル・セッションズ』、パートリッジも楽しみにしているらしい。


 アルバム『スルー・ザ・ヒル』の最後の「 Hand 22 」の終わりの口笛(?) は、「ワンダー・アニュアル」の最後と通じるように思った。
posted by ノエルかえる at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

The Carnival of Binche

 テレビで放送された、ベルギーの Binche バンシュと言う町のカーニバルのドキュメンタリー見ました。とても面白かったです。ベルギーの西側フランスとの国境に近い町のようです。
 バンシュの町に住んでいた民俗学の研究家の調査では、1394年の記録が最古のものだと言うことでした。それはつまり、ヨーロッパでも最も古くから行われているカーニバルの一つだと言うことなのだそう。そして、このバンシュのカーニバルは、他の地域のどの町の祭りとも違っていて、独自のものであると、その研究家は結論を得たのだそうです。そして、その研究によって、研究家は町の英雄の扱いになって、今では、カーニバルの最中に研究家を讃える歌も歌われるようになったと言うことです。
 バンシュのカーニバルの際立った特徴は、gille ギルと呼ばれる一団です。その特徴は、このカーニバルの起こりと関係があるそうです。バンシュのカーニバルが始まったと思われる1390年代頃には、ヨーロッパではペストが流行していました。ペストは、衣服の蚤などの害虫が原因の一つと考えられていたそうです。ところで、バンシュと言う町は、レース編みのような繊維業で栄えてたのだそうです。その産業が、ペストの流行のあおりで衰退する一方で、ペストを恐れた社会の上層の人々、貴族や大司教のような高僧は町を見捨てて出ていったそうです。そのために、残された織物職人たち庶民は、自分たちの手だけで、カーニバルを執り行うようになったのだそうです。その由来がギルの出立ちに反映されているのだそう。
 ギルの衣裳は、高い帽子と緞子のような服と全員同じ仮面と木靴というものです。帽子は百本くらいの駝鳥の羽を立てたものです。また、正面には金で作った麦の穂の飾りが付いています。服は様々な飾りが刺繍されているようです、赤色が主な色です。そして、着る時には、服と身体の間に藁を詰めて太っているように見せるのだそうです。木靴は石畳をならす楽器でもあります。そして、バンシュのカーニバルの最大の特徴が同一の仮面を被ると言うことなのですが、その仮面は眼鏡をかけて整えられた髭を着けている男性の顔です。当時はとても高価で希少であった眼鏡は、大司祭のような高僧、知識人の象徴で、整えられた髭は、貴族や豪商のような富豪の象徴なのだそうです。
 一般の庶民が、この衣裳を着けて、カーニバルの間は自分たちが王侯となるのだそう。裕福に肥えて眼鏡を掛けて髭をたくわえている王侯貴族です。
 カーニバルは、日曜月曜火曜の三日間行われます。ギルの行進は最終日の火曜日に行われます。行進は、朝の5時から始まって、夜の9時に終わるのだそうです。行進の間は、ギルの一団は仮面を着けて足を踏み鳴らしながら歩くのだそうです。最後に町の広場に集まって、仮面を外し、高い帽子を被るのだそうです。そして、カーニバルの最後には、ギルの一団は手にオレンジの入ったかごを持って、そのオレンジを辺り一面に投げつけて回るのだそうです。

 このようなカーニバルの様子を見ながら、私は、『オレンジズアンドレモンズ』を連想しました。新しく APE からリリースされるかもしれないビニール盤では、アートワークも変更されるかもしれないのですが、『オレンジズアンドレモンズ』には、このバンシュのカーニバルを描いたものが合うのではないか知ら、と思いました。

UNESCO Culture Sector - Intangible Heritage - 2003 Convention :


posted by ノエルかえる at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

Optimism's Flames

 ニューヨークのファンの方が作られていた web ページ『 Optimism's Flames 』。右の参照リンクにも入れていたのですけれど。ページが無くなっているようです。膨大で、詳細な資料の宝庫だったので、残念です。どこかで再開しているといいのですけれど、、
posted by ノエルかえる at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

スカイラーキング 2010年リマスター・ビニール盤

 『スカイラーキング』2010年リマスター・ビニール盤、売り切れだそうです。出来るだけ早く、再プレスの予定ということ。


Whoops,SKYLARKING vinyl sold out at present,will have more pressed up as soon as possible

12 minutes ago via web

XTC (xtcfan) のtwitter から。
ロンドン時間、午前10時半頃。




追記訂正: つい今年だとばかり思っていて、2010年のリマスターでした。
posted by ノエルかえる at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

ワスプ・スター

 10月になったから、『 Wasp Star 』を聞こう、でも、『インストルメンタル』にしよう。
昼に、近所でも、スズメバチを見た。月は八日月。


 「 You And The Clouds Will Still Be Beautiful 」には、「 Desert Island 」の谺が、「 Church of Women 」には「 No Thugs In Our House 」の谺が聞こえる、でも、それが心地いい。
posted by ノエルかえる at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

Im Sommerwind, Idyll

 今日、プレイヤーで再生したのは、シャドー・キャビネット『スマイリング・ワールド・アパート』、XTC の Homo Safari シリーズ。ウエーベルンの弦楽四重奏と、『 Im Sommerwind, Idyll für großes Orchester nach einem Gedicht von Bruno Wille ( 1904年、作品番号無し )』。
posted by ノエルかえる at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする