2017年02月04日

パートリッジ好み : Lennie Tristano

 パートリッジがTwitter上のコメントで言及していた音楽家: Lennie Tristano レニー・トリスターノ。 
1919年生まれ、1978年没の、アメリカのジャズ・ピアニスト、作曲家。クール・ジャズの先駆者と言われているけれど。オーバーダビングや即興演奏の嚆矢でも。 
 パートリッジが、コメントで、「 holiday on Mars 」と言っているのは、曲名やアルバムのタイトルではなくて、そう言う印象を受けている、と言うことだと思うけれど。 

The Lennie Tristano Experience
– LennieTristano.com a site dedicated to Lennie Tristano, one of the great original improvisers and innovators in jazz.  


posted by ノエルかえる at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 注記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stevie Smith 「 Tender Only to One 」訳

 イギリスの詩人 Stevie Smith スティーヴィー・スミスの「 Tender Only to One 」訳。 

 スティーヴィー・スミス は、1902年生まれ、1971年没の人。 
Stevie Smith - Wikipedia

 Tender Only to One は、女の子の遊びで、「彼は私を愛してる、愛してない、」と花びらをむしるものなのだけど。その時の言葉、「 Tender Only to One 」を日本語にしようとすれば、どういえば良いのか見当もつかなくて。 
 スティーヴィー・スミスの詩は、ナーシー・ライムの様なのだけど。言葉は平易だけど、私には、意味が取り難くて、、、 
 とりあえず、訳して見たけど、、、  

元にしたのは、Poetry Foundation の: 
Tender Only to One by Stevie Smith | Poetry Foundation

「どっちかよ、 
ただしくおいてね、」 
花びらが揺れる、
と、私の指が弄ぶ、 
あなたなの? それとも、あなたなの? それとも、あなたなの? 

「どっちかよ、」 
その人の名前、わたしは知らない。 
花びらの合図に、 
側の人たちは目を伏せる、
わたしの愛の所為だと思ってるのね。 

「どっちかよ、」 
この花びらには、答えの手がかりがある、 
表面に出てるの、 
花びらは、よおく、知ってるの。 
聞いてるわたしが、誰だか、って。 

「どっちかよ、」 
最後の花びらは、末期の息。 
氷の様な経帷子を通して、
はっきり聞こえる。 
「彼は、彼の名前は、死。」   




Tender only to one   
Tender and true   
The petals swing   
To my fingering
Is it you, or you, or you?

Tender only to one
I do not know his name
And the friends who fall   
To the petals’ call
May think my love to blame.

Tender only to one   
This petal holds a clue   
The face it shows
But too well knows   
Who I am tender to.

Tender only to one,
Last petal’s latest breath
Cries out aloud
From the icy shroud
His name, his name is Death.
posted by ノエルかえる at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする