2017年04月13日

Complicated Game アンディが明かす真実のXTC(仮)

 ベルナールさん ( 正しい読み方を、私は知らないのだけど、 ) Todd Bernhardt さんのインタビュー・本、翻訳者が交替。藤本 成昌 さんは、ご都合に依り辞退されたと言うことで、太田晋さんに。 

 太田晋さんは、以前、雑誌『ユリイカ』に、「Just a Complicated Game--XTC、ニホン(語)の旅 」と言う記事を書かれていた方。 
Just a Complicated Game--XTC、ニホン(語)の旅: ノエルかえる不恵留 
 英文学者。今は、成蹊大学の法学部に籍があるみたい。 
 で、ディスク・ユニオン・ブックスからの出版は、今年の11月の予定。 

 まあ、上の記事で、訳者に選ばれたのかなあ、、、タイトルが似てる。
posted by ノエルかえる at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!翻訳 サービス終了のお知らせ

 「Yahoo! JAPANでは、機械翻訳利用のすそ野を広げることで言語間の壁を低くすべく、2005年より「Yahoo!翻訳」の提供を行ってまいりました。 // 機械翻訳利用のすそ野を広げることを目指してきた「Yahoo!翻訳」は、その役目を終えたと考え、サービスを終了させることにいたしました。」なのだそう。
http://honyaku.yahoo.co.jp/info
posted by ノエルかえる at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルナール、パートリッジ対談「 It's Nearly Africa 」10

ベルナール「では、歌詞について話して下さい。私は、「ラップ・パート」について伺いたいのです。ここで、貴方がされていることは、「 Melt the Guns 」と似ています。それはつまり、このアルバムを製作した頃に、何かの影響があったのでしょうか?」
パートリッジ「そうですねえ、そんな風に考えたことはありませんでした。でも、貴方の言う通りですね、私には分からなかったのですけれど。デイブが、初期のラップのレコードを二三枚持っていましたよ、たぶん、そうでした、彼はとても気に入っていましたね。ステージのサウンド・チェックの時にプレイヤーに掛けていました。スタジオでも再生していましたよ。そのうちの一つが「 Rapper's Deligt 」です[ The Sugarhill Gang シュガーヒル・ギャングが1979年にリリースしたシングル。Rapper's Delight - Wikipedia https://www.youtube.com/watch?v=mcCK99wHrk0]。1970年代の終りに出ていたと、思うのですけれど。それを、十分過ぎる程に聴かされていたのでしょうね。それで、似たことをしたのかもしれません。」 
ベルナール「ヴォーカルに於いては、とてもリズミカルになると言う、貴方の元からの傾向がありますから、歌詞の幾つかは、その様にリズミカルな働きを持つのでしょう。」
パートリッジ「ですけれど、「 It's Nearly Africa 」では、まったくの「喋り」でもないのです。でしょう? ヴォーカル・パートで、ちゃんと音程がありますから。どちらかと言うと、ラップと言うよりも、スキャットなのでしょう。でも、これをスキャットだと捉えないで下さい。スキャットをレコーディングさせて欲しいと思っていたのです。本当に、そうすれば良かったのですけれど。私が、申し分無く出来ることがあるとすれば、それはスキャットなのですから。けれども、レコードで、スキャットしたことは、一度もなかったのです。」 
ベルナール「そうですか。でも、私はあるEPを持っていますけれど。それには、ステージで「 Sissor Man 」を引き伸したジャムを演奏しているものが収録されています。「 Cut It out 」と別のタイトルが付けられていますけれど。そこで、貴方はスキャットをたくさんしている様に思えますけれど、どうなのでしょう?」
パートリッジ「そうですね、確かに。あれは、スキャットと言うよりは、パーカッション的で、「自分で自分にダブをかけている、セルフ・ダブ」ようなものです。「 All Along the Watchtower 」もそうです。私は、あれをスキャットとは呼ぼうとは思いませんよ。そうですね、口真似管楽器群でしょうかね。ヒューマン・ホーンですよ。」 
ベルナール「分かりました。歌詞について話して下さい。何を言おうとしているのですか?」
パートリッジ「( 笑う ) ( 正確なニューヨーク・アクセントで ) 「ったい、何の歌なんで、アンデ、まえ、ったく、っかしいぞ。」 
 アフリカについての歌ではありません。失われた無垢を取り戻すことを言っているのです。不可能な夢なのでしょうか? エデンの園ですよ。かつて、楽園から堕ちたことを言っているのです。次のアルバムのタイトルになるところでした、実際には、『 Mummer 』になったのですけれど。兎も角ですね、もうそこへは戻れないのです。でも、戻れるとすれば、素晴らしいでしょう? 人間存在と言うものは、エデンの園に居ることを夢見ているものだ、と言っているのです。純真を夢見ているのです、無垢を夢見ているのです、子宮の中にいることを夢見ているのです、黄金時代に居ることを夢見ているのです。[ 古代ギリシャ詩人ヘシオドスの言う、古代ギリシャの神話の中での、黄金時代のこと。Golden Age - Wikipedia ] 
 これは、夢物語りではありません。私たちの誰もが経験したことなのです。ただ、多くの人は、誤解しているのです。楽園は、一個の人間存在の中にだけあるのです。善に満ち溢れた暴力的なことが全くない社会が、まあ、兎も角その様な理想的な社会が、嘗てあったのだとは、私は考えていません。 
 私が言っているのは、原初的な状態に戻っても、ちっとも良くはないだろうと、言うことです。そうですね、「コンセントの無い未来の世界」なのですよ。電気を必要としない世界ですよ、スピードもないのです、テレビもないのですよ。」 
posted by ノエルかえる at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | English Settlement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする