2017年07月28日

スカイラーキングのベース・パート

 Florian Decros と言う方が、『スカイラーキング』のベース・パートを譜面にして、チョークヒルに寄贈された。 

Florian Decros: Bass tabs of "Skylarking"
posted by ノエルかえる at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Skylarking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ブラック・シーのサラウンド

 パートリッジのTwitterでのコメントに依れば、スティーブン・ウィルソンさんのサラウンド・シリーズ、次は『ブラック・シー』と言うこと。 
 今、通常ステレオ・ミキシングが終わり、サラウンドの作業はこれからと言うことで、発売は年内か? 来年か? 

 それから、付録される音源だけど。『ファジー・ウォッブル』シリーズには、『ブラック・シー』のデモ・テイクは入っていないし。ブートレグの『 Demo 』シリーズにも、『ブラック・シー』のものはなかった。 
 『ドラムズアンドワイアーズ』の時の様な、リハーサル・テープがあるのか知ら? 
posted by ノエルかえる at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ちょっとメモ: 夢の回路

 木下牧子 ピアノ作品集『夢の回路』 
ピアノ演奏:永野光太郎 

HOME of KinoshitaMakiko 

YouTubeのチャンネルには、堀田万友美の演奏で、 
https://www.youtube.com/watch?v=udkNxaDIkA4  


posted by ノエルかえる at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

The Beatles 「 When I'm Sixty Four 」訳

 ポール・ビートルの「 When I'm Sixty Four 」。マッカートニーがデビュー前の少年期に書いていたものだけれど、『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 』の契機になった歌ということ。ヴィクトリア時代のブラスバンドというコンセプトの。マッカートニーの父が、1902年生まれで、1966年には、64歳だったと言うこともあるそう。マッカートニーは、フランク・シナトラが頭にあったと言うことだけれど。 

まあ、 

元にしたのは、ビートルズのホームページの「 Songs 」:
When I'm Sixty Four | The Beatles

When I'm Sixty-Four | The Beatles Bible    





僕が年とって、髪がなくなって、 
ずっと先だよ、でもそうなっても、 
やっぱり、君は、ヴァレンタインと 
誕生日に、カードとワインを贈ってくれる気持があるかな? 

僕が後十五分で三時と言う時刻まで外出してたら、 
君は戸に鍵を掛けてしまうかな? 
僕が六十四歳になっても、君は、 
僕を必要としてくれる? 掻き立ててくれる? ふふ 

君も年を取るよ、 
ああ、約束してくれるなら、 
僕は、絶対、君と一緒にいるよ。 

君の部屋の電燈が消えちゃっても、 
僕は、上手に、ヒューズを替えられるよ、たぶんね。 
君は、たいてい炉辺でセーターを編む毎日だろうね、 
日曜の朝には、それで、遠乗り。 

庭を造って、草抜きして、 
こんなに頼める人いるかな? 
僕が六十四歳になっても、君は、 
僕を必要としてくれる? 掻き立ててくれる? 

毎年夏には、別荘を借りるのが好いね、 
ワイト島がね、高くなければだけど。 
倹約して貯めとかなければね、僕たち。 
君の膝には孫たちが載ってるんだ、 
ヴェラ、チャックにデイブだよ。 

絵葉書を送ってよね、 
一行添えてね、見解をはっきりと。 
思うことをはっきり書いてね。 
敬具、年々老いる僕より。 

回答を下さい、下の空欄にチェックを入れてね、 
僕の永遠の恋人さんへ。 
僕が六十四歳になっても、君は、
僕を必要とする ( )
僕の気持を掻き立てる ( )   






7月23日訂正: 
老い耄れより → 年々老いる僕より
posted by ノエルかえる at 14:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

Slapp Happy 「 Dawn 」訳

 スラップ・ハッピーの「 Dawn 」。 
 顔ジャケットのインナースリーブの手書き風デザインの歌詞カードを元にして。そのままの感じで、書き写すと、     





Dawn, He's in a post -
card of the dawn,
Where the knives of
light have left the
dark night tattered &
torn / The firmamental
cars on the highway of
the stars are doing ninety
( for your love ) -- He's in a
corner on the right, the sole
survivor of the night -- &
it's you he's thinking of.
And you, you only think of him,
dropping him a line 'cos he's got
no time to swim / They're closing
all the doors to his existential
shores -- they'll leave him naked
& alone -- & you can't help him
now, he's in the waters of the
South -- sinking like a stone...
Running from the snapping jaws,
you know he ain't got aaa time
to pause -- there's one last door
between him & you -- look out babe,
he'll be coming throgh ( as soon as you
admit that you're the cause )
Gone, with a squad of crooked creatures --
you saw a film of his escape
But you hardly recognized his features.
His seer's sight had lied about the other
side / no-one was waiting when you arrived.
You dared not hesitate -- even so, you got there
late -- who takes who for one last ride???





黎明、彼は、早馬便、曙の絵葉書の中にいる、 
絵には、光りの細刃が闇夜を切り刻み寸々にしてしまっているのが描かれている。 
星の高速道路を、天空車駕が時速九十マイルで走っている、( 君の愛のため ) 
彼は、右の隅に着席している、唯一人の夜の生存者、 
彼が思っているのは、それは、「君」。 

そして君、君は彼のことを思うばかり、 
彼に一本の紐を落す、彼には泳ぐ間もないのだから。 
実存の海岸への彼の扉はすべて閉ざされている。 
閉じた扉は、彼を裸にして一人きりにするつもりだ、 
君は彼を助けられない、さあ、彼は南の海にいる、 
石の様に沈んで行く…。 

音を立てて閉じる顎門から逃れる彼、 
君は分かっているね、彼には止まる間はない。 
彼と君の間には、最後の扉がある、 
ご覧、彼はそれを通り抜けて ( 君が原因なのだと認めれば、直ぐにも ) 来るだろう。 

行ってしまった、彼は、曲がりくねった生き物の一隊と一緒に、 
君は、後になって、彼の逃走を捕えた映像記録を見たわけだ、 
でも、君は、彼の姿を目で捉えることは出来なかった。 
彼を予見した照準器は惑って別の側を向いていた、 
君が着いた時、誰も待っていなかったね。 
君は躊躇うことなく果敢に飛び出したのに、 
それでも、君は遅かった、 
最終便には誰が乗ったの? 誰の為に? 


posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

『 Powers 』記念日

 2010年7月19日、アンディ・パートリッジは、自身のレーベル APE House から、A.J. Partridge 名義で、アルバム『 Powers 』をリリース。7年前。今日は記念日。 

Chalkhills: A.J. Partridge: Powers

その11日前、太陽光発電の飛行機、Solar Impulse が、24時間の飛行に成功した。 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

蝉のカタログ

 きょうは、メシアンの『鳥のカタログ』を聞いて、『スカイラーキング』を聞いた。 

 蝉は、古代ギリシャ世界だと、神の使いで、絶妙な音楽なのだろうけど、、、
posted by ノエルかえる at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

40

 きょうは、『サージャント・ペッパー・ロンリー・ハート・クラブ・バンド』を聴いて、『ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン』を聴いて、『スカイラーキング』を聴いた。 

 数学者マリアム・ミルザハニ Maryam Mirzakhani の訃報。40歳。彼女は、XTC がデビューした1977年 (XTC のデビューは10月 ) の5月生まれ。
posted by ノエルかえる at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

Pink Floyd 「 Brain Damage 」訳

 コリン・モールディングがビリー・シャーウッドさん企画の2005年のトリビュート『 Return to the Dark Side of the Moon 』で、歌っていたので、 

 ピンク・フロイドのホームページはlyric は無いようなので、歌詞カードを元にして、 


月の様に欠けるものが草の上に、 
月の様に欠ける人が草原にいる、 
子供の時の遊びを思い出している、デイジーに笑いを織り交ぜ、 
綱にして、阿比を小径で捕まえる。 

月の様に欠けるものが寄宿舎に、 
月の様に欠ける人たちが僕の講堂にいる、 
その人たちの折り畳まれた顔が、紙で、参加者席に止められてる、 
それに毎日、紙少年がまた持って来る。 

堰が決壊して、積年が解き放たれたら、それも今直ぐ、 
小山には立っている所もなくなってしまったら、 
暗い予感で君の頭がはち切れたら、それもまっ暗、 
僕は、君が月の暗面にいるのを認めるだろう。 

月の様に欠けるものが僕の頭に、 
月の様に欠ける人が僕の頭にいる、 
君は薄葉を取り上げて吹く、転調をする、 
僕にもう一度アレンジし変える、それで、僕はまともに、 
君はドアに施錠して、 
鍵を投げ捨てる、( 調性を捨てる ) 
僕の頭の中に誰かがいる、僕ではない誰か。 

雲が突然吹き上げて、君の耳に雷鳴を轟かせて、 
誰にも聞こえないだろう声で君が叫んだら、 
そして、君が入ったバンドが様々の音を鳴らし始めたら、 
僕は、君が月の暗面にいるのを認めるだろう。






7月16日追記: 
And throw away the key のところ、
key は、「鍵」と言うだけでなく、音楽の「調」も含意してるかも
posted by ノエルかえる at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 English Settlement 』2016年版 コリン・モールディングのノート

 Ape house から2016年にリリースされた、180gビニール盤ボックス・セット『 English Settlement 』に付けられた、ブックレットに載せられた、コリン・モールディングのノート:

 僕は覚えているんだ、マナーでの霧深い夜、紅葉に彩られていたマナー、夜通しの篝火が時折弾ける音、長いテーブルに載ったふんだんなご馳走、暖炉で唸り続ける燃える薪、のこと。レコーディングは、こうした、一年のうちの「褐色」の時期に行われたの。だから、アルバムのインナースリーブはよく合っているよね。何もかもがセピア色、紅茶の染みが着いた感じだもの、古いお屋敷で羽根ペンか何かで書かれた様なの。ひとつの雰囲気にまとまっているんだ。 

 僕は覚えてないんだ、レコーディングがどう進められたかはほとんど、ただ、アルバムで演奏しようと新しいベースを買ったことは別、覚えてる、アイバニーズのフレットレス、「センシズ・ウォーキング・オーバータイム」で聴かれるのがそうなの。それは音はとても良かったのだけれど、数年後には、デイブの弟に売ってしまったのだけど、それって、僕、調音に自信がなかったから。エンジニアと共同プロデュースのヒューは、一緒に仕事をするのには、いつも楽しかったし、だから、サマーキャンプに行ってる様だったよ、ボーイスカウトの全然厳しくない隊長と一緒にね。とっても仲良かったし、ビリヤード室ではとってもプープー、ね、冗談団だったよ。 

 僕たちの「アコースティック・ピリオド」のはじまり。アンディは、その時までに、自分のアコースティック・ギターを買っていたし、順番でデイブと一緒に使ってたし、ふたりは、アコースティック・ギターにぞっこんだったんだね。僕の歌は、パストラルでなかったし、ほんと、アコースティックとは程遠かったの。意識して音像を創り上げるなんて、一度も考えたことなかったもの、僕は、自分の直感とそれに続いて起こるものに従って、みんなに披露する筈のものをパッと掴むだけなんだから。だからね、アルバムが、ある定められたコンセプトからゆらいでいる様な印象があるとすれば、それは、僕の所為なの、僕の失敗。それから、各曲は、長くなり始めていたね、歌のミドル部分には、長い「ワークアウト」があるよね。『ブラック・シー』の時には、それでも、シングルが中心だったの。でも、この時には、僕は思うのだけど、さっと一振りして当たり散らすって言う時期に僕たちは入っていたんだ、それで、何でも使える様に、パレットは開けたままになってたの。
[ ワークアウト:たぶん、ミドルの長いインストルメンタルを、指の練習と言っているのだと。 ] 

 僕は覚えているんだ、アルバムに収める歌をある独特の仕方の投票で決めたのだけど、関係者の誰もが、投票に際してはとっても外交官的駆け引きをしたの。ビニール盤の時代だったよ、だから、僕たちは、何もかもを二枚の盤に盛り込むことは出来なかったの、でも、あの時の僕たち、僕たちが録音したもの全部がもう燦然と輝くものだって思ってて、しっかりと己惚れていたの。レコード会社は、二枚組のアルバムと言う企画は、死地に陥ると思ってて、まあ、それは尤ものこと。それで、「センシズ」のB面の二曲と取り替えられたかもしれないすれすれの曲も何曲かあったのだと、僕は覚えてるけど、どうだったか知ら。そんなにいっぱいレコーディングしたからと言うのが一つの理由、アルバムを作るのにとってもお金が掛かったと言うのが一つの理由で、何とか守ろうと駆け引きがあったの。    

 アルバムはとっても多彩、それで、どう言う訳だか、たくさんの曲を集めて吊るして置いて、それが収められたのだけど、感度は高まっているんだよね。僕たちが受けた影響は何なのか、はっきりとはしてないの。僕たちは、みんな、ビートルズの大ファンだったよ、それにずっとそうだったのだけど、でも、っと、あちこちにちょっとだけスカが入り込んでいるのは別にして、心酔し切ってビートルズって叫んでるところなんかないよ、僕たちが影響を受けたものって、どれもみんな、ちょっとした神秘なんだね。  

 母国ではそれまでチャートで目に付く様な成功を得てなかったから、この時が、連合王国での成功の頂点だったのだ、と考えている人もいるよね。このアルバムの後にも、僕たちは偉業を成し遂げているんだけれど、母国では、それは価値あることって看做されなかったの。たぶん、僕たちの「幸運へ通じる窓」は通り過ぎてたの。たぶん、僕たちは、僕たちへの「歓待」を使い潰してたんだ。この頃、どちらかと言えば、「たくさん」、テレビ番組の『トップ・オブ・ザ・ポップス』に出てたんだ、でも、たぶん、みんな、「ええ、やだあ! もうこいつらいらない!」って、思ってたんだろうね。で、家財道具をまとめてどこかに行こうか、だったの。「飢餓時代」が始まる前に、英国放送協会本部に最後の旗を揚げたの。     

 シングルについては、僕は思うんだけれど、血の汗流してものにしたのでなくて、物陰に捨てられて、隠れているようなのが、ヒット曲になることが、よくよくあるよね。それで、「センシズ」も思いもしなかったヒットになったんだ。とっても見事な歌。いろんな楽想が一緒になった、ロック組曲の様だね。「ボヘミアン・ラプソディ」のタイプ。成功するなんて、とっても驚いたの。この歌が、僕たちを聴いたことのない人たちに、アルバムを買わせてくれたのは、疑い様はないの。たぶん、この歌がアルバムに入っていたから、僕は、母さんに『イングリッシュ・セトルメント』を買って上げたんだ、気に入るだろうと思ったの。 

 僕はほんとに驚くんだ、あの頃の僕たち、元気だったよね。僕は過敏で直ぐにピクってなって、エネルギーが今にも爆発しそうだったの、で、楽しみがたくさんあって嬉しくて溌剌としてた。僕が歌ったそんな感情は、今はもう、僕の中では死んでしまっている、その感情って、まるで、火星から来てたみたいだから。年月が経てば、人は変わるものだし、自分が書いた作品がどこから発想したのかさえ分からなくなるし、こんなに離れてしまっては、何も書けないものだよ。僕たちが、こうした尋常でない思考回路を持ってたのは、ほんの短い間だったよ、でも、それは永遠にあるんだよね、これが、時間の中に刺し止められた僕たち自身なんだね。   


posted by ノエルかえる at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | English Settlement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

スカイラーキング

 きょうも、『スカイラーキング』を朝起きてから、昼食を摂って昼寝しながら、昼寝から目覚めて、夕食後の今、四回聴いた、2016年のジョン・デンツ版再発ボックスのCD。 

 とっても素敵。
posted by ノエルかえる at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギヴ・モア・ラヴ

 リンゴ・スターの新しいアルバム『ギヴ・モア・ラヴ』が、9月15日に発売予定。 

リンゴ・スターの最新作【ギヴ・モア・ラヴ】9月15日に発売決定! - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
posted by ノエルかえる at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

How High the Moon 訳

 ポール・ビートルの「 When I'm Sixty-Four 」のことを考えていて。書かれた時期が分からないけれど、『サージャント・ペッパー・ロンリー・ハート・クラブ・バンド』のコンセプトが出来た後だとすれば、64歳なのは、ヴィクトリア時代の人と言うことで、1967年に64歳と言うことかな、と思って。1903年生まれ。でも、ヴィクトリア時代は終わってる、1901年に。1903年生まれには、ビング・クロスビーもいるけれど、1903年に25歳だったイギリスの作曲家は、ラトランド・ボートン Rutland Boughton 、オペラ『不滅の時間 The Immortal Hour 』を書いた人。 

 で、色々探してて、1906年生まれの作曲家 Morgan Lewis 、1909年生まれの作詞家 Nancy Hamilton が書いた「 How High the Moon 」。YouTube で見て、1909年生まれの Mitchell Ayres のオーケストラのがいいな、と思って。 
https://www.youtube.com/watch?v=-XLF28HnFVw  

Somewhere there's music

How faint the tune

Somewhere there's heaven

How high the moon

There is no moon above

When love is far away too

Till it comes true

That you love me as I love you

Somewhere there's music

It's where you are

Somewhere there's heaven

How near, how far

The darkest night would shine

If you would come to me soon

Until you will, how still my heart

How high the moon





どこかで音楽が奏でられている、 
でも幽かにしか聞こえない、 
どこかに天国がある、 
でも月でも高すぎる、 
その月も、今は、頭の上にない、 
恋はとっても遠いから、 
私が君を愛している様に、君が私を愛しくくれたら、 
音楽も、天国も、月も、目の前に。 

どこかで音楽が奏でられている、 
そこには君がいる、 
どこかに天国がある、 
直ぐそこなのに、とても遠い、 
今、たった今、君が私の所に来る気持があるのなら、 
この闇夜も、今、輝き出しただろうにね、 
君がそう思ってくれたら、僕の心は、高い 
高い月に載って、そこに居続ける。  







追記: 
この歌の構造は確かには分からない。 
この歌は、ミュージカル『 Two for the Show 』の中の歌だけれど。 
上に上げた歌詞は、歌のコーラス部分と言う説明もあったので。この歌詞の前に、ヴァース部分があって、
「 Untill I fell in love / My life was very easy / The moon just it moonlight / The breeze just made it breezy / And then I fell in love / And things that once were clear / Now I scarcely se or hear 」と。 
上の版では、歌唱の最後に、そのヴァース部分と思われる二行が付いているけど。 
単曲で歌われる時には、ヴァース部分は省かれることが多いのか知ら??? 
エラ・フィッツジェラルドは、やはり、ヴァース部分はなくて、違うブリッジ(?) を最後に付けて歌っている様だし??? 
ジャズの場合、歌の構成も自由に変えて演奏するので、よく分からない。元のミュージカルでのものを探したわけではないので。
Two for the Show (musical) - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

Pierre Henry の訃報

 アンディ・パートリッジにも大きな影響を与えた、フランスの作曲家 Pierre Henry ピエール・アンリの訃報、7月5日に亡くなったと言うこと、89歳で。 

Pierre Henry − Wikipédia 

Psyché Rock を含んだ1967年の作品『 Messe pour le temps présent 』: 
Messe pour le temps présent − Wikipédia  


posted by ノエルかえる at 01:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんごすたあ

 7月7日はリンゴ・スターの誕生日。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

Scenes from Swindon New Town in 1950s

 スウィンドン・ビューポイントの「 Scenes from Swindon New Town in 1950s 」と言う映像。XTC の「 The Everyday Story of Smalltown 」をイメージするのには、ちょうど良いのではないか知らと思う。 
 「 Washaway 」も。 

Scenes from Swindon New Town in 1950s | Swindon Viewpoint
posted by ノエルかえる at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | The Big Express | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

ジェイムズ・ジョイス「室内楽」26、27、28、29 訳

 ジェイムズ・ジョイスの「室内楽」から、26、27、28、29 を。

28 では、 
Gentle lady, do not sing
Sad songs about the end of love;
Lay aside sadness and sing
How love that passes is enough. 
と、ポール・ビートルの「ヘイ・ジュード」を思わせるスタンザがあるから。あるいは、ポール・マッカートニーは、この表現を使ったのか知ら。 

そして、29 では、 
Still are you beautiful と言う行があって、アンディ・パートリッジ / XTC の「 You And The Clouds Will Still Be Beautiful 」を思わせるから。 


元にしたのは、ウィキソースの: 
Chamber Music - Wikisource, the free online library   


26.  
君は、夜の殻に耳を峙てている。 
そうだよね、君。君の神授の耳を峙てている。 
優しい声が喜びを合唱しているのに、 
どの音が、君の心臓を怖じけさせるのだろう? 
もしかして、あれが、君には、北国の暗い 
砂漠から落下して来る本流の音に思えたの? 

君のムード、モードは、 
君が韻律を上手に歌えば分かるよ、 
幽霊が出て魔法を使う時間に、 
奇譚を僕たちに残していった、 
そうそう、パーチェスかホリンシェッドの中から 
ある特別の名前を読み上げる、あの男の調だよ。  

27.   
君は、きっと、僕を寄せ付けない、 
君の心臓が大喜びしているのを隠しているんだ。 
だから、僕が、君のあの、ミトリダテス六世の様に、 
毒矢には平気な身体になったとしても、 
君に恨みを告白させて、 
チクリとした痛みを感じるだろう。 

ねえ、僕が誰よりも愛している君、 
僕の唇は知り過ぎてしまったんだ、古風な典雅な楽句は合わない。 
それに、笛を吹く詩人たちが祝う長所を 
持っている様な恋人を持ったこともないんだ。 
偽りなんか少しもしたことがない、
そんな恋人だって、ひとりも知らないよ。 

28.   
尊い君、歌わないで、 
愛の終りを語る歌を歌わないで。
悲しみは脇に退けよう。そして、 
過ぎ去った恋は、満ち足りたものだった、と歌うんだ。 

尊い君、歌うんだ、 
恋人たちの永い眠りを歌にして。 
彼らは、今、死んでいる。墓の中では、恋は皆閉じるもの。 
愛の神は、疲れ切っているよ。 

29.   
かけがえのない君、どうしていつも僕をそうあしらうの? 
君の高価な目、音も無く、僕を咎める。
君は、まだ、美しい。 ああ、でも、 
君の美しさは、装いなのだ。 

君の瞳の透き通った映えを通って、 
キスとキスの間の細い溜息を通って、 
翳って来た庭に、唸り声を挙げながら、 
幾陣もの人を追い払う風が吹き付ける。 その庭に恋はあると言うのに。 

荒々しい風が僕たちの頭上を吹き向けて行けば、 
きっと、僕たちの「恋」は、ほつれほどけてしまうよ。 
でも、ねえ君、僕にはもったいない君、 
ああ! どうしていつも僕をそうあしらうの?    





26から取り上げたのは、26、第一スタンザ第一行の「 Thou leanest to the shell of night, 」が西脇順三郎訳では、「夜の貝殻の七絃琴に君は傾ける、」になってたから、出口泰生訳でも、「おまえは 夜の七絃琴に 耳を傾ける」と。版が違うのだろうか? shell が 七絃琴になるのは? と思って。それに、研究書では、 shell は、この連作詩が「 Chamber Music 」なのは、Chamber pots 小用壷の連想があるのだけど、このshell は、まさにその壷を指す、と言うものがあったので。 

それから、27の第一スタンザの最終行・第六行「 The malice of thy tenderness. 」、tenderness には、優しさの意味の他に、チクリと指す痛みの意味もあるからそれを採って。西脇順三郎訳では、「そして僕は君のやさしい心の悪意( うらみ )をば / 説いて、さうと認めるばかり。」。出口泰生訳では、「ぼくは おまえの 優しい 悪意を / ただ 払いのけて 聴くのみだ。」。私が「チクリと指す痛み」を採ったのは、第二行に「 Framed to defy the poison-dart, 」と、毒矢が出て来るので、それに関連した意味と思って。 

ああ、それから、26の第二スタンザの第一行の「 That mood of thine 」のmood、全体に音楽に関連している語が使ってあると思うので、mood ではなく、mode が隠されているのではないかと思って。  


と言う訳で、左川ちかの訳も読んでみたい。
posted by ノエルかえる at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする