2018年09月29日

今日はそんな日だったんだ:The Catch

 1954年9月29日、ポログラウンズで行われたアメリカのワールドシリーズ第1戦( ニューヨーク・ジャイアンツ対クリーブランド・インディアンズ )、8回表のインディアンズの攻撃で、ヴィック・ワーツの打ったセンターへの飛距離140メートルの打球を、ジャイアンツのウィリー・メイズが捕球、アウトに。伝説の名プレー「 The Catch 」と知られるようになる。 

The Catch (baseball) - Wikipedia


なので、パートリッジ/ブレグヴァド「 The Dope On Perlman 」。 

2012年リリース、2000セット限定のボックスセット、まだ売れ残ってます。 
https://burningshed.com/store/ape/artists-ape/peter-blegvad-andy-partridge/peterblegvad_gonward_boxset
Price: \4,548.60
posted by ノエルかえる at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

とうちゃこ

 タワーレコードから、Jason Mitchell 版『 Skylarking 』『 Apple Venus 』『 Wasp Star 』が届いた。200gビニール盤。
posted by ノエルかえる at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーンハート、モールディング対談「 The Meeting Place 」5

バーンハート、モールディング対談「 The Meeting Place 」4: ノエルかえる不恵留


バーンハート「ベースパートには「 The Scarecrow 」が影響していると仰ったのですが、この「 The Meeting Place 」に影響を与えた他の歌はあるのですか? 少しばかりサイケデリックの響きがあるのは明らかなのですが。」
モールディング「ええ。当時、私はシド・バレットに大変に魅了されていました。最初のデュークスの録音の時です。ピンク・フロイドの最初のアルバム『 The Piper at the Gates of Down 』を掛けて聴かされたのです。それは全く別の音楽であると思ったことを覚えています。その音楽は大量の可能性を持っているのです。シド・バレットという作者は、歌の拍が、そのまま歌詞の長さになるようにしているのです。正統な拍ではありません。彼が歌うのをやめる時、それはつまり、小節の終わりになっているのです。その遣り方を少しだけ、「 Find the Fox 」に取り入れて見たのです。彼の方法は、私には、とても「自由な形式」に思えたのです。私は、歌の書き方に於いて、それはとても興味深い方法だと考えたのです。このレコードを製作している時には、そのバレットの方法が、私に移っていたのだと、今は思います。 
[ 原文:Syd Barrett has this thing where the meter of the song is just the length of his sentence -- there are no straight meters.
 ここの、meter は詩で使う歩格なのか、音楽用語の拍子なのか、私には確かには分かりません。 ]
 勿論、それまでに、デュークスの最初の仕事はしていました。でも、当時、ニック・ナイスリー Nick Nicely [ Nick Nicely - Wikipedia ] という人の作った曲も登場していたのです。模倣のサイケデリックです。ですから、今思うと、私はアンディに、デュークスのシリーズをもっと続ける様に促したほうが良かったのでしょう。だって、誰かが彼の領域に侵入しようとしていたのですからね( 笑う )。当時の私は、サイケデリックは書法の内のとても面白い様式だと思ったのです。例えば、「ドローン」です。ドローンで曲を初めて、それがどうなるか見てみるのです、キンクスの「 See My Friends 」[ See My Friends - Wikipedia ]のような曲です。あの当時の相当たくさんのバンドがこの音楽スタイルに首を突っ込んだのだと、私は思います。ホリーズ [ The Hollies - Wikipedia ] もちょっとだけしてますね。」 
バーンハート「ホリーズについては、後に、「 Vanising Girl 」で模倣していますよね?」
モールディング「ええ、そう言う所ですね。デュークスの二枚のアルバムまでには、私たちの狙う領域は広がっていましたからね。ポップも同様に領域に入っていたのです。そう思います。サイケデリック風と言うだけでなく、もっと、60年代風と言うようになっていたのだと、私は思います。 
 もうすぐ発売されることになっている、リイシュー版のスリーブ・ノートにも書いたことですが、私は、デューク用だと特に別にして、歌を書いたわけではありません。「僕がテープに残したままのものをサイケデリックに出来るか試してみよう、」と言ってやって見たと言うものなのです。」 
バーンハート「私が、「 The Meeing Place 」で気付いたことなのですが、この歌では、貴方の普段の口調が少しばかり明らかに出ていることです。これは、サイケデリックの影響の一つなのですか? 意図的だったのですか?」
モールディング「思っても見なかったですね、本当に。私の普段の口調が現れると言う時ですけど、その時には、私は何も思い煩うことがないと言う時なのですね。時にそれが現れると言うのがとても好きなのです。歌に趣を加えることになりますからね。」 
バーンハート「それでは、貴方が考えたことが、そのまま歌にちょうど良かったと言うことですか?」
モールディング「私は歌っただけです。思いもしませんでした。実際、この歌に私の口調が現れていると言ったのは、貴方が初めてですよ。私に言えることがあるとすれば、それは良かった、と言うことでしょうか。いつもは、自分のウィルトシャー訛りが出てないか、私は気を揉んでいるのです。ですが( 笑う )、実際、今は気にしていません。心配するには日が経ち過ぎていますものね。」 
バーンハート「( 暫く笑う ) 確かにそうですね。ところで、貴方は決まって最後にベースパートを録音しようとすると言うことを、私も知っています。とすればですけれど、ウッドストックでとサンフランシスコでと、両方でそうしたのですか、そういうことが出来たのですか? ドラマーのプレイリー・プリンスは、貴方たちがサンフランシスコに行くまでは、ドラムを録音出来なかったでしょう、貴方のベースパートを先に録音していたのですか?」
モールディング「していません。私たちは何もしてなかったのです! 実際には、そこに録音する予定の分だけ空けて置いてラベルにそう書いて置いただけなのです。ウッドストックでの約三週間でしたことのすべては、それだけなのです。全部を測っていたのですね、アレンジメントがどれ程になるか、私たちの演奏がどれくらいになるか、と言うことを算出していたのでしょう。主要な事はサンフランシスコに行くまではしなかったのです。」 
バーンハート「それは聞き逃せないですね。私は、貴方達はサンフランシスコに行く前にウッドストックでいくつかのトラックを録音し終えたのだと考えていました。」
モールディング「いくつかのパーカッションを録音していたとは思います、でも、それだけですよ。それで、サンフランシスコで二つか三つのベースのトラックを録音しました。そうして、残りは、ウッドストックに戻ってから録音したのです。」 
バーンハート「貴方がプレイリー・プリンスさんとの演奏を楽しく行われたと言う事は間違いのない事だと思います。『 Apple Venus 』で、彼を再び呼び戻したのですからね。」
モールディング「ええ。彼は、トッドが選んだのです。とてもいい選択でした。素晴らしいドラマーです。頼りになります。問題は何も起こりません。おまけに、気持ちのいい人間です。( 笑う ) この人をブートしましょう! 彼にいい興奮を起こさせましょう。[ 最後の文は、 to boot 「おまけに」の boot を使った洒落。 ]」 
posted by ノエルかえる at 09:00| Comment(0) | Skylarking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

XTCfan

 パートリッジの、自身が使用しているツイッターのページについてのコメント: 
4:42 - 2018年9月24日 
https://twitter.com/xtcfans/status/1044190263026098176
「 I hope nobody else minds that I inherited this site with the name of XTCfans? Seeing as I appear to be the sole custodian of the back catalogue and legacy, it seems quite apt. 」 
私がこのサイトを XTCfan という名前と共に引き継いだことを、誰一人も気に掛けないで呉れることを、私は願っている。また、私はバックカタログと遺稿の唯一人のカストディアンであるように考えられているのではないかと思っている。それはそうだろう。 

 「//twitter.com/xtcfans」 は、バーンハートさんが設けたものをパートリッジが使っているのだけれど、本にがそれを言うのは初めてだったか知ら???


posted by ノエルかえる at 18:03| Comment(0) | 注記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

The Beatles (White Album) - Anniversary Releases

posted by ノエルかえる at 22:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ドラムズアンドワイアーズ』記念日

 日本盤『ドラムズアンドワイアーズ』がリリースされたのは、1979年9月25日、今日は記念日。 


posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

Peter Hammill 「 Ram Origami 」訳

 ピーター・ハミルの「ラム・オリガミ」の訳。 
元にしたのは、ピーターハミル オフィシャルサイト: 
Peter Hammill official web site inVerse (ピーターハミル・オフィシャルサイト)


Ram と out of memory は、コンピュータ用語なのだろうか? 
歌詞の中のout of memory は、コンピューター用語の様には訳さなかったけど、、、 





こちらをご覧ください、論題の神隠しの少年です、 
彼は、顔に化粧を塗りたくり、 
自身を造り上げるのです、直ぐにバラける笑顔です、 
暫くの間だけ、各部位は正しいところに留まっています。 
そもそも私たちは、記憶から何とか取り出した 
もの、と言うだけの存在なのです。 
( 貴方はご自身を誰だとお考えですか? )

人間の内面と言うものはです、確実に存在する外部と外面の装飾を 
すっかり変容させていて、雹が吹き付ける嵐の中の視界の様なものです。 
前に出て、自立性を持つことが出来、 
後に退いて、一個の個性が脅かされない様に出来る、 
私たちがすべてのものがあるべきところに収まっていると 
確信する瞬間、それはまさに、記憶を収めた椀が 
溢れ出すその瞬間なのです。 

( 貴方はご自身を誰だとお考えですか? 
貴方はご自身が何処に居たと言われたのですか? 
貴方はご自身を何者とお考えですか?
世界がどう見えていたのですか? 
世界はどう見えるのですか?)

さてさて、「誰」「何」「何故」「何の為」が 
その全部がオリガミに畳み込まれたのですが。 
私たちが嘗て少しは好きになった、人々や場所のことですが、、、 
覚えてはいます、でも、十分にはっきりとではないのです、 
人生も終わりになって、オリガミを開くと、紙は白紙なのです、 
透かしさえないのです、それに沿って、記憶から出来た 
凍りついた顔の平原にあるひだをなぞる 
筈なのに。  






9月23日、追記訂正: 
直ぐにバラける笑顔です、が抜けていたので、補う。
posted by ノエルかえる at 22:45| Comment(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

XTC Short Walking Tour Thursday Gig

 Tim Brooks という方が、11月1日に、スウィンドンのXTC ゆかりの地を巡り歩くという行事をする予定だそう。TC&I のライブを観に行かれる方は、それにも参加されるのだろうけれど。羨ましいです。  
 尚、メンバーの現在の住居には決して立ち寄らないということです。 

posted by ノエルかえる at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNWRAP YOU AT CHRISTMAS

 モンキーズの新しいアルバムがリリースの予定ということ。オープニングの歌は、アンディー・パートリッジ作で、「 UNWRAP YOU AT CHRISTMAS 」というタイトルということ。
posted by ノエルかえる at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dave Gregory 誕生日

 今日は、デイブ・グレゴリーの誕生日。1952年9月21日生まれ。66歳。


追記: 
パートリッジのtweet: 
5:51 - 2018年9月21日
https://twitter.com/xtcfans/status/1043120515777536000
「 Happiest of happity hap happles to Dave Gregory and Mitch Friedman today. Blow 'em out Gregsy...no...with your mouth. 」
今日は、デイブ・グレゴリーとミッチ・フリードマンに、しあわせぴょん、しリンゴわせの一等幸せを。グレゴジー、さあ吹き消して、、、ちがうよ、お口でだよ、、、
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

バーンハート、モールディング対談「 The Meeting Place 」4

バーンハート、モールディング対談「 The Meeting Place 」3: ノエルかえる不恵留




バーンハート「ベースのパートについて話してください。デモでは、貴方は、違う歌の終わり方をしています。ベースはこの終部にだけ聞かれます。どう完成させようと考えていられたのですか?」
モールディング「何から思い付いたかをお話ししましょう。ピンク・フロイドの「 The Scarecrow 」をご存知ですか? あの歌の終わりでは、ちょっと不協和音っぽいジャカジャカなギターが鳴らされています。そして、ベースはこうです。( ネック部分をスライドする音を口で真似る。 ) 聴かれるべきですよ。それを聴いたとき、私は、「この急降下する音が好きだなあ、どこかで使えないだろうか?」と考えたのです。( 笑う ) それで、デモの終わりにそれを貼り付けたのです。でも、私たちは、それを使いませんでした。「 Scarecrow 」が私にそうしなくてはいられなくさせたもの、それがデモでしたことだったのです。 
 レコードを創る時、何もかもがはっきりと明瞭になるのです。水晶のように透明に録音され、淀み、澱が何もないようになると、何かもっと他のことを入れられると気が付くのです。正直に言って、ベースをどうしようとしていたか、私は覚えていません。でも、今思うと、トッドの豪華なハイファイの装置で聴いた時、それが何かを思い付かせたのではないでしょうか。違った道へと降りて行ったのです、そうすることで、おそらくベースはぴったりと合うだろうと思ったのです。 
 不思議なのですよ。ある歌をバンドが習得していく時、どれほど変わっていくものでしょう。私は、始め、この歌にはベースのパートはそうたくさんに必要ないだろうと思っていたのです。ただ、「金属的に聞こえないようにしておこう」と思っていただけなのです。ですが、ウッドストックでこのギターのリフを聴いた時には、それに呼応するベースラインを考え出さなければならないのは、全く明らかに思えました。それで、このベースラインはとても良く出来た、と私は思っています。」 
バーンハート「ええ、ええ。このベースパートはとても素晴らしいです。とても独特です、それに、この歌には不可欠なパートになっています。それが、私が驚いたことの一つなのです。この不可欠なパートがデモにはないのですから。」
モールディング「私は、自分では歌をどうしたいのかをバンドに示すことは不可欠なことだとは考えていませんでした。バンドの他のメンバーは、このリフとメロディを聴ければいいのです。デモは、細かに推敲されている必要はないのです。」 
バーンハート「そうですか、それでは、貴方がスタジオ版[ 完成版 ]にはベースパートを肉付けしなければならないと気付いた時、そのベースのメロディが貴方の頭の中に聞こえていたのですか? それとも、座り込んで色々と考えた末に、やっと、ギターのリフにぴったりの対位旋律を考えついたのですか?」
モールディング「私がスタジオで録音の仕事をしている時にはいつも、自分のポータスタジオを持ち込んでいましたよ。それで、スタジオのコンソール・デスクに繋いで、その日の演奏を、一番新しい演奏ですね、コピーするのです。そうして、自分の部屋に帰って、それに沿って弾いて見るのです。そうして考え出していました。かなりの年月、そうしていたと覚えています。」 
バーンハート「部屋で貴方が考えていられたと言えばですね、ウッドストックの生活環境については、パートリッジさんから伺っているのですけれど、理想的なものではなかった様ですね。レコーディング作業のない時、他にすることはあまりなかった様ですね、森に居たからですよね?」
モールディング「ええ。そこに着いた時のことを覚えています。トッドは居ませんでした。彼は、バンクーバーでの万博に行っていたのです。[ バンクーバー国際交通博覧会 - Wikipedia ] そう覚えてますけれど。そこに三日か四日居ました。手持ち無沙汰でした。( 笑う ) 丘の中腹で、早春でした。まだ樹々には葉がそれ程には着いていませんでした。トッドのゲストハウスがバンド用に充てがわれてました。そうですねえ、部屋はたくさんありました。時代遅れのものでしたね。ニューイングランド風の木造家屋だったのです。 
 鼠がいたと思いますよ。寝ようとすると、そこらじゅう走り回るのです。( 笑う ) バンドって、誇張するものですよね。」 
バーンハート「( 笑い続けながら ) その通りですね。より面白い話を作るのですね。」
モールディング「まったくね。いいネタを作るのです。でも、あまりにひどかったですよ。」 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | Skylarking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

今村良樹さんの誕生日 / 「 Love on a Farmboy's Wages 」記念日

 9月19日は、ずうとるびの今村良樹さんの誕生日。 

 1983年9月19日、 XTC は、シングル「 Love on a Farmboy's Wages 」をリリース、今日は記念日。35年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Love on a Farmboy's Wages" 

mvdbase.com - XTC - "Love on a farmboy's wages" 
( 実際に、ミュージック・ビデオだけが放送されたかどうかは分かりません。ドキュメンタリーが放送されたのは、翌1984年だから。 ) 


「 Love on a Farmboy's Wages 」は、3D-EP を除き19枚目。
この年、トーキング・ヘッズがリリースしたシングルは、「 This Must Be the Place (Naive Melody) 」。11月。13枚目( Love → Building on Fire を除いて )。 
サザンオールスターズがリリースしたシングルは、「EMANON」。7月5日。18枚目のシングル。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

松下功

 作曲家の松下功さんの訃報があった。 1951年11月生まれで、享年66。 
急性大動脈瘤乖離で、9月16日に亡くなったそう。 

松下 功|Isao Matsushita

 詩人の松下育男さんは従兄弟。 


https://twitter.com/fampine

posted by ノエルかえる at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

Clair de lune - Debussy (guitare)

 ドビュッシーのピアノ曲「月の光」をギターで演奏する、フランスのギター奏者Roxane Elfasci

posted by ノエルかえる at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Paul is Dead

コメディ映画『 Paul is Dead 』。
Paul Is Dead (2018) - IMDb

https://www.youtube.com/watch?v=OVL-8LHdwqE


Paul was Dead.
Now, Paul is Live.


Andy died at an English Settlement.




posted by ノエルかえる at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

デイブさん近影

 プログアワードに出席した時のデイブさんの写真: 
https://twitter.com/unchainedwcrfm/status/1040525581647933440
posted by ノエルかえる at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 The Snow Man 」Wallace Stevens 訳

 アメリカの詩人 Wallace Stevens の詩、「 The Snow Man 」。 
アンディ・パートリッジに同じ題の歌があるから。 

 Wallace Stevens は、ウォレス・スティーヴンズは、1879年生まれ、1955年没の人。モダニズムの詩人とされている。「 The Snow Man 」は1954年の撰集で発表された詩。 

 元にしたのは、Poety Foundation の: 
The Snow Man by Wallace Stevens | Poetry Foundation





その人は冬の心を持っているのに違いない、 
それで、霜から目を逸らさない、 
雪で固く覆われた松の枝々からも、 

それに、長い時間冷え切ったまま、 
そうして、毛羽の様に氷を着けた 
杜松、ざらつく唐檜を注視する、それらは 

一月の太陽でぼんやり輝いている、 
一方、苦痛に思ってはない、 
風の音がするけど、二、三枚の葉が鳴っているけど、 

とは言っても、それは土地の音だ、 
どこも同じ風、 
同じ風が一続きの剥き出しの土地を吹き渡っている 

音は、雪の中で耳を住ませているその人に聞こえる、 
そして、その人は何も声を発しない、見ている、 
そこには何もないところを、だから、「何もない」を見ている。 





One must have a mind of winter
To regard the frost and the boughs
Of the pine-trees crusted with snow;

And have been cold a long time
To behold the junipers shagged with ice,
The spruces rough in the distant glitter

Of the January sun; and not to think
Of any misery in the sound of the wind,
In the sound of a few leaves,

Which is the sound of the land
Full of the same wind
That is blowing in the same bare place

For the listener, who listens in the snow,
And, nothing himself, beholds
Nothing that is not there and the nothing that is.



posted by ノエルかえる at 12:30| Comment(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

「 Making Plans for Nigel 」記念日

 1979年9月14日、XTC はシングル「 Making Plans for Nigel 」をリリース、今日は記念日。
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Making Plans for Nigel" 

 「がんばれナイジェル」は、何時リリースされたのか分からない。 
XTC - がんばれナイジェル = Making Plans For Nigel (Vinyl) at Discogs 
 内包の黒田義之さんの解説が1979年10月8日になっているので、それ以降のリリースだったのだろう。 アルバム『ドラムズアンドワイアーズ』のリリースは、9月25日で、その後なのだと思う。

 この週、イギリスでヒットしていた歌は、Cliff Richard クリフ・リチャードの「 We Don't Talk Anymore 」なのだそう。それで、( アメリカで ) ヒットしていた映画は、Harold Becker 監督『 The Onion Field 』。

 あ、ナイジェル君が生まれたのは、1964年だと思われるのだけれど、そのナイジェル君の一人が、Nigel Farage ナイジェル・ファラージなのだけれど( 4月3日生まれ )、Boris Johnson ボリス・ジョンソン が生まれたのも、1964年( 6月19日 )。 
 Michelle Obama ミシェル・オバマも1964年生まれ( 1月17日 )。


去年と一昨年の記事を基にして、


 「 Making Plans for Nigel 」は、「 3D-EP 」を別にして5枚目のシングル。 
トーキング・ヘッズの5枚目のシングルは、「 Life During Wartime 」。日付がわからないけれど、同じ頃か? 年は1979年。
サザンオールスターズの5枚目のシングルは、1979年10月25日リリースの「C調言葉に御用心
」。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

『 Black Sea 』記念日 / Barry Andrews 生誕祭

 1956年9月12日、バリー・アンドリューズが産まれる。 そして、 
 1980年9月12日、XTC は、アルバム『 Black Sea 』をリリースした。  
Chalkhills: XTC: Black Sea 
スリーブ・ジャケットのアートワークは、同郷スウィンドンの画家ケン・ホワイトが描いた、サミュエル・コールリッジの『老水夫行』をイメージしたもの。XTC の文字になっている鳥とマストとガラス灯の鳥は、だから、アホウドリなのだろう。 
The Rime of the Ancient Mariner - Wikipedia

去年書いたの:
『 Black Sea 』記念日: ノエルかえる不恵留 
「この時、XTC は、ニュージーランドをツアー中。この時のツアーは、8月8日からで、オランダ、ベルギー、フランス、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド。10月には、イギリスの国内ツアー。それから、アメリカ・ツアー。こうして、『 English Settlement 』に結実する、彼らの「アナバシス」が繰り広げられた。「タラッタ! タラッタ! タラッタ!」 」  

 日本盤発売は、1980年10月21日。緑の袋入り、Obi 付き。 
XTC - Black Sea (Vinyl, LP, Album) at Discogs 


 バリー・アンドリューズは、今年62歳。  


 トーキング・ヘッズの四枚目のアルバム『 Remain in Light 』がリリースされたのは、一ヶ月程後の10月8日。 
 サザンオールスターズは三枚目のアルバム『タイニイ・バブルス』をこの年の3月21日にリリースしている。


記事は去年のを元に、
『 Black Sea 』記念日 / Barry Andrews 生誕祭: ノエルかえる不恵留 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

John Russell 来日

posted by ノエルかえる at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

バーンハート、モールディング対談「 The Meeting Place 」3

バーンハート、モールディング対談「 The Meeting Place 」2: ノエルかえる不恵留





バーンハート「ウッドストックのトッド・ラングレンのスタジオに入る前に、貴方方はリハーサルをされたのですか?」
モールディング「それが、このレコード全体の問題なのです。私たちが飛行機に乗る前に、メンバーの誰もが「リハーサルはするつもりがないよ。彼はどうしても変えてしまうからね。」と言っていたのです。それで、私はこう思っていました。「それでは、私たちはリハーサルはしないでおこう、それがいい。」 そうして、ウッドストックに着いたのです。そこで気が付いたのです。「僕は、各曲について何も知らないよ! 誰もコードを教えてくれてないよ! どうするんだ?」って。( 笑う ) そうしてトッドが、「じゃあ、まず一度通してやってみよう。」と言ったのです。「なんてことだ」と思いましたよ。 
 誰もどうなるのかわかっていませんでした。私が知っていたものといえば、アンディのデモだけだったのです。」 
バーンハート「( 暫く笑う ) それで、デモに沿って演奏して見ていたのですか?」
モールディング「いいえ! 全くです。それがどんな歌だか、聴いて楽しんでいただけです。演奏はしていませんでした。アンディたちはこう言い続けてましたからね。「リハーサルする意味がない。」」 
バーンハート「それではです。ラングレンさんが過去にプロデュースした作品を見れば、いつもそうしていたように、彼が作品の中で貴方達よりも重要な役割をしようとしているつもりだと言うことを、貴方は事前に知っていましたか?」
モールディング「彼が電話して来たときにはこう言っていたのです。「はい、聞いて。君らの曲順は、私が既に決めたからな。」 私は、「おやおや。パートリッジはどうするつもりか? 」と思いました( 笑う )。ちょっと変わってるな、と思ったのです。「こんなことはこれまでなかったぞ。この男は、牛の角を矯めてしまうんだな、本当に。」と考えました。と同時に、「これは良いかもしれない、これが必要なのかもしれない」とも考えました。と言うのも、ヴァージン社では、誰もが、このところ私たちはヒットを出してないと、ちょっと腐り始めてましたから。この男が、私たちが進むべき道を示そうとしているのかもしれない、と思ったのです。それで、彼はとてもいい仕事をした、と私は言う他ないですね。 
 それでもですね、その時点で、多分もっとたくさんの干渉があるだろうな、となんとなく思ったのです。それは、私たちがイギリスにいる間にもありましたからね。彼は、電話をして来て、収録曲と曲順を聞かせたのですから。ですから、私たちはリハーサルをしなかったのです。でも、私はそれについて、今でも考え続けています。私は何が起こるかもう少し知っておくべきだったのではないかと思うのです。少なくとも、コードだけは覚えておくことは出来たでしょうに。でも、アンディとデイブが無意味だと言うので、私はそれに納得していて、( 笑い ) 気に掛けなかったのです。 
 もちろん、変更されたコードはそうはありませんでした。でも、かなり編曲をされて、加えられた部分が多くありました。特に、ストリングスのアレンジです。でも、歌の基本的な枠組みとコードの構造は、ほとんどそのままで同じだったのです。」 
バーンハート「思うのですが、これまで貴方が仰ったことなのですが、自然発生的なことということです。それは、屡々、リハーサルをしない時に起こることですよね。けれども、貴方が調子が狂っていたと感じられていると言うことは、何か別の問題があるのですね。」
モールディング「ええ。私は、もっとリハーサルをするべきだったと、今は思っています。私たちの経験を通じてそう思うのです。私たちは、大抵は、ファースト・テイクにしたことの方に満足したものでした。もっと分析して考えて演奏したものよりもです。 
 アンディの方法とトッドの方法は、全体的に違っているのです。アンディのは、ずっと分析的で論理的なのです。時には、25テイクも録ることさえあります。そうなると、演奏する楽しみも何処かに消えてしまっていて、歌の魂は無くなっているのです。そうすると、テープを反対に回して、初めからしたくなりますよ。一方、トッドは、「やってみよう、通して録れれば、完璧でなくても、魂はそこにあるからね。それを記録しておこう。失敗を気にしない様に、全体に魂があればいいのだから。」と言うのです。」 
バーンハート「それは『 Skylarking 』についての聞き逃せない話です。と言うのも、通しで録音すると言うことについては、パートリッジさんは、『 Skylarking 』の録音時に覚えた苛立ちという観点から話されたのですが、その通しでの録音は、ラングレンさんの仕事は全部が込みの一定額の費用で行うので、彼の都合で手早く済ますと言う事だった、と言われていました。」
モールディング「私はそれだけの理由だったとはとても思えません。それが、トッド・ラングレンの方法なのでしょう。彼はそうするのを好んでいるのです。そう言う考えを持っているからです。それに、私も同様に考えているのですが、ベスト・テイクと言うのは、バンドが通しで演奏している時に、エンジニアがそれを何とか捉える様に努めて、やっと得られるものなのです! それをレコードにすべきなのです。」 
バーンハート「誰もが物珍しく張り切っていますからね。」
モールディング「誰もが想いを新しくしていて、誰もが「赤ランプ恐怖症」には罹ってないのです。赤ランプが灯っていても、ミスをしたかどうかは気に掛けないのです。」 
バーンハート「正にその通りですね。新鮮な気分で、しかも、リラックスしている。」
モールディング「リラックスして、その上に、すべきことをしているのです。意識的にではないのです。それはあるがままなのです。そこで起こっているのは、正に魔法ですね。意識的になると、演奏は駄目になる、と私は考えています。」  


posted by ノエルかえる at 10:00| Comment(0) | Skylarking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ

 レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams は、1872年10月12日生まれ、1958年8月26日没。今年は没後60年。 

 パートリッジ、「グリーンマン」では、ヴォーン・ウィリアムズ風を意図したのだし、60分程度のフルオーケストラの作品を書かないか知ら、、、 
 それで、ワーナー/チャペルからのソロアルバムは?
posted by ノエルかえる at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

マッカートニーの『Egypt Station』について

 私はまだ購入してないし、聴いてないのだけれど、この様なTwitterでのコメントがあった: 
ミヤザキタカシさんと言う方、
5:59 - 2018年9月7日 
https://twitter.com/TakashiMiya/status/1038049092289486848
「ポールのニューアルバムの話ですが、、
XTCが好きでバンドを70歳で始めたお爺さんの音楽みたいな、というか、、いや、そう書くと、凄まじく最高の音楽かも!!!!」


追記、訂正 
iMacを新しくして、変換には戸惑う、( 変換は元々変だけど、 )
マッカーサーの『Egypt Station』について 
どうしてこうなるのかなあ?? 予測変換?? 
マッカートニーなのに、、、
posted by ノエルかえる at 22:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

Swindon Train/Bus station Hotels walk to Swindon Arts Centre

 bigcountry7618 さんが、YouTubeに投稿した、スウィンドン駅/バス停から、アートセンターまでの道のりのビデオ: 
https://www.youtube.com/watch?v=SWH_4GGCiaI
posted by ノエルかえる at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

鶴澤寛治

posted by ノエルかえる at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

Swindon's Mechanics' Institute company is dissolved

 XTC がリハーサルにも、デモテイクの制作にも使っていた、Mechanics' Institute を所有していた会社が閑散するらしい。 

 インスティチュートは、1986年に閉鎖されていたのだけど、歴史的な建物だから、何とか存続できるように、募金を募ったりしていたのだけれど。
 ああ、XTC がピンク・フロイド級にお金があれば、、、 

Swindon's Mechanics' Institute company is dissolved - BBC News
https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-wiltshire-19486242
posted by ノエルかえる at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

「 All You Pretty Girls 」記念日

 1984年9月3日、XTC は、シングル「 All You Pretty Girls 」をリリースする、今日は記念日。34年前。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "All You Pretty Girls" 

mvdbase.com - XTC - "All you pretty girls" 

All You Pretty Girls 訳: ノエルかえる不恵留  

日本盤「僕のプリティー・ガール 」は、Discogs に依れば、同じ年1984年12月21日発売。 

その頃ヒットしていたものは、スティービー・ワンダーの「心の愛 I Just Called to Say I Love You 」。



去年の記事のまま。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

The Beatles 「 Doctor Robert / Good morning Good morning /Happiness is a warm 」訳

 ビートルズのジョン・レノンの歌、Doctor Robert / Good morning Good morning /Happiness is a warm を三つ一緒にして訳してみました。これを三つ一緒にすると、ドストエフスキーの小説の様に私は感じますけれど、、、 

元にしたのは、ビートルズのホームページの「 Songs 」:
Doctor Robert | The Beatles
Good Morning Good Morning | The Beatles
Happiness Is A Warm Gun | The Beatles





その少女は、細かな事には捉われない子だ、 
どんどん、どんどん、どんどん。 
それに、触って来る掌はベルベットの様、 
窓ガラスの蜥蜴の様だと、有名だ。 
雑踏の中のあの男、ブーツの鋲には極彩色の 
反射が見える。 
目では欺きながら、手は、何かをしようと 
忙しなく動かしている。 
男の妻の跡が残っている石鹸が一つある、 
その妻は、男が食べた後ナショナルトラストに寄贈してしまっている。 




コケコッコー 
「彼を生き返らせる術はない、夫人を呼び寄せさせよう。 
夫人に掛ける言葉もない、ただ、お子さんは如何、としか、 
それに、貴女が責任負ってすることも何もない、としか。 
私には掛ける言葉もない、でも、それで十分だ。」 
聞こえて来る: 
「おはよう、おはよう、おはようさん、さん」
 




「電話しなよ、カレシ、ロバート先生に電話しなって言ってんの
昼でも夜でも、いつでもいるよ、 
ロバート先生はね。 

ロバート先生ならね、アンタはね、 
新しい人間だって、他より良い人間だってわからせてくれるよ。 
なんでもしてくれるよ、ロバート先生はね。」 
  





留がないと僕はずり落ちる。 
落ちてバラバラだ、それで、山の手を出たんだ。 
留がないと僕は転がり落ちる。  





ニャーオ 
「仕事に行く途中、気分が塞いでしまうのは嫌だからと、 
家の方に向いてしまう、それからぶらぶら歩いて、結局町に出てしまうだろう。 
町ではすることは何もない、と言うのは分かり切っている。 
何処も閉まっている、まるで廃墟だ。 
会う人は皆んな、半睡状態なのだから。 
だから、一人ぼっち、通りに一人で立っていると言うことになる。」
  





「アンタが具合悪ければ、よくしてくれるよ、 
特別のカップで飲み物をくれるんだよ、ローバート先生はね。 
アンタが信じて良いたったひとりの人だよ、ロバート先生って。 
求めている人誰でも助けるんだけど、 
ロバーット先生ほどうまくやっている人はいないよ。」 

「ほら、ほら、ぼら、気分が晴れて来たろ、 
アンタを良くしてくれるって、ロバート先生はね。」  





女子修道院長はドンより早く、
女子修道院長はドンより早く、 
女子修道院長は飛び出した、 
女子修道院長は飛び出した。  




ワンワン 
「暫くすると、微笑みが戻る、気分が冴えてくる。 
それで、古い学校に沿って少し歩こうかと思う様になる。 
何も変わってない、学校はそのままだ。 
私は言うべき言葉もない、それで十分だ。」 
聞こえてくる: 
「おはよう、おはよう、おはようさん、さん」 
 






「満ち足りた心は温かい銃にある。 
満ち足り心は温かい銃にある。」 

僕が相手を両手で取り押さえた時、 
僕の指は、相手の銃の引き金を感じ取るのだ。
僕は知っている、僕を傷付けようとしない者などいないのだ。 
何故と言うのに、心の安らぎは温かい銃にあるのだから。 
満ち足りた心は温かい銃にあるのだ。 
そうなのだ。   





ヒヒーン 
「皆んなが走り回っている、すると、もう五時なのだ。 
町の中は何処も暗くなり始める。 
会う人は皆んな元気一杯だ。 
お茶と『ミートザワイフ』の時間なのだ。」 
  





「カレシ、国民保険サービスが効くんだよ、 
ロバート先生のとこはね、 
お金は要らないの、一人で会うだけでいいんだよ、 
ロバート先生のとこはね。 

ロバート先生ならね、アンタはね、 
新しい人間だって、他より良い人間だってわからせてくれるよ。 
なんでもしてくれるよ、ロバート先生はね。」 
  



ガオー 
「時間を知りたがっている人たちは、ここに私がいて喜んでいる。 
郊外を観察していると、そわそわしだす、もう、調子が良くなっているのだ。
ショーに出掛けよう、彼女も来てると良いけれどと思う。 
私は言うべき言葉もない、それで十分だ。」 
聞こえてくる: 
「おはよう、おはよう、おはようさん、さん」
  




ほら、ほら、ほら、気分が晴れてくる、 
おはよう、おはよう、おはよう、 
満ち足りた心は温かい銃。 


ドドドドド 


posted by ノエルかえる at 16:20| Comment(2) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上原まりさんの訃報

 琵琶奏者 上原まりさんの訃報があった。
posted by ノエルかえる at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする