2019年11月08日

バーンハートさんのテリー・チェンバースへのインタビュー パート5 の3

バーンハートさんのテリー・チェンバースへのインタビュー パート5 の2





バーンハート「『 English Settlement 』について話してください。あのアルバムは、アコースティックなものへの移行が始まった時に当たりますね。ロト・トムがあのアルバムではとても目立ちます。「 Yacht Dance 」「 Down in the Cockpit 」などで使われています。」
チェンバース「「 Jason and the Argonauts 」もあります。」 
バーンハート「そうです。」
チェンバース「あれは、アンディーのギリシャ期ですよ。あああ、何大陸かを制覇したのですね。違うか知ら? ( 笑ってから )、貴方が言われている時期といえばですね、私が思うに、彼は極東に行っていたのですね。我々が中東のものを扱ったかどうかは分からないのですが、たぶん、行ってはないでしょう。それでも、ホモ・サファリは彼の地にまで行っている様に思いますけれどね。アンディーは、世界至る所と連絡を取ってるのですよ、本当にそうなのです。」 
バーンハート「( しばらく笑って )、ええ、そうですね、「 It’s Neary Africa 」もあります。」
チェンバース「( 笑いながら )、そうですね…、」 
バーンハート「「 Snowman 」は南極大陸の…」
チェンバース「ええ、草の根分けても!ですね。このアルバムには、傑作の歌が何曲かあると私は思ったのです、それだからこのアルバムは…、アメリカではそうでなかったと思いますが、イギリスでは二枚組で発表されたのです。エピック社の担当者は飛び上がってひっくり返ったのでしょうね。( 間の抜けたアメリカのレコード会社の重役の声真似で )、「ああ、二枚組じゃあ売れないよ。二枚組を出すほどビッグじゃないでしょう、イーグルスでもグランド・ファンクでもないんだからねえ。あれでもないし、これでもないし。我が社は、一枚もののアルバムで売り出すよ。」と言ったでしょう。アルバムのカバーでも一悶着ありました。いぎりすでは、エンボスを使ったのです。繊細な感じが出たのです。エピックはそうしようとしませんでした。何もかもの効果を弱めてしまったのです。本当です。でも、私は思うのですけれどね、ファンの皆さんが支払うことになる価格というのは、イギリス及びヨーロッパでは一つの会社が決めることなのですよ、他のどこでも同様でしょうけれど。まあ何と言うか、おつむが足りないのですね。会社というのは、バンドの者たちよりも「市場」と言うものを熟知しているのです。バンドの者たちが、芸術的観点から「これは一体のものなのだ、全世界にこれでリリースするのだ、何者にも不完全にはさせない。」と言ってもですね、無駄なのです。つまりですね、誰でもそうなのですが、そうなるしかないものになってしまうのです。 
 ある程度、プレッシャーに押し込まれてしまうのです。そして、こう言い訳するのです。「なあ、アメリカは最大の市場なんだからさ」。こう言わしめるプレッシャーがあったわけなのです、「連中は市場を分かっているんだ、それに従おうよ」。あの時はそうだったのです。今でもきっとそうなのだと私は思っています。ですが、我々側からすればですけれど、アメリカの会社が文字を黒く印刷したことを知って、少々落胆しました。あれは、微妙な感覚を表したデザインだったのになのです。我々はアメリカの会社を説得しようとしました。ですが、我々のしたことというのは、自分たちの関係者を責め立てているだけだった様なもので、結局、それはエンボスにしなければならないと言う事に気付かせることはなかったのです。会社の連中はこう言ったのです。( 先ほどと同じ声真似で )「私たちは市場を熟知しています。これは良く目立ちますよ!」。それがこの業界なのです。「ああ、はいはい、分かりました。」と私は思いました。それから勿論、会社は何曲も切り捨てて…」  


posted by ノエルかえる at 08:35| Comment(0) | English Settlement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ええと

 約一ヶ月経ったけど、黒目の縁の炎症は再発しないような気が、気にしてるから、時々ちくっと感じたり、反対の目が痛むような気がしたりする時はあったけど、で、ちょっと、パソコンを使う時間を延ばして、、、 
 まあ、自己免疫の病気だと、また、他のところで何か症状が出るかなあ??? 私にはわからないけど、、、 

 で、テリー・チェンバースのインタビュー、パート5の3はやくしていたので、それだけは投稿しようかと、続きはどうするかなあ、、、 
あ、パート5の3、全然読み返してもないので、変換ミスや書き間違いもたくさんあるかも、( 読み返す気もしない、、、 )

 ああ、そう、デュークスオブストラスフィアのセット来てるけど、開封してそのまま棚に、、、
posted by ノエルかえる at 08:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする