2020年04月28日

The Beatles 「 She's A Woman 」訳の訂正

 The Beatles 「 She's A Woman 」訳を訂正しました、 


ぼくの恋人は、おとなの女だもの、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、おとなの女だもの、夫を愛するんだ。 

ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、ただ一人の男を愛するんだ。 




The Beatles 「 She's A Woman 」訳  


posted by ノエルかえる at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

6 Lieder nach Gedichten von Georg Trakl, Op.14

 スペイン風邪の頃の作品って何があるのかなあ、と思って、 

 ヴェーベルンの「六つの歌」作品14は、1917年から21年に書かれているから、ちょうどそうなのだろう。ゲオルク・トラークルの詩に付けた音楽。トラークルは、第一次世界大戦の中、鬱病になって、コカインを服毒して自殺したのだけど。ヴェーベルンは、まだ表現主義の頃なのだろう。 
 それから、サティーの『ソクラテス』。17年から18年に書かれたもの。『パレード』は、16年から17年に書かれて、19年に加筆されているけど。 

他にはどんなのがあるか知ら、
 ドビュッシーは、1918年に亡くなっているけど、直腸癌で。55歳で。 
 アポリネールは、スペイン風邪で亡くなってる、1918年11月9日に、38歳で。 

 トリスタン・ツァラの「Vingt-cinq poèmes」は1918年。  


 それで、オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド Original Dixieland Jass Band が最初の商業用のジャズのレコード( 著作権のある )を出したのが、1917年。「Dixieland Jass Band One-Step」。その後に、スタンダーになる、「Tiger Rag」も録音、発売。
 Original Dixieland Jass Band 、Jass というスペル。で、白人だけのジャズバンド。 


posted by ノエルかえる at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 Life begins at the Hop 」記念日 / メシアン忌・『 Nonsuch 』記念日

 きょうは、「 Life begins at the Hop 」記念日で、『 Nonsuch 』記念日で、メシアン忌。


 「 Life begins at the Hop 」は、1979年4月27日リリース。41年前。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Life Begins at the Hop"


 『 Nonsuch 』は、1992年リリース、28周年。同じ日にメシアンが亡くなった、没後28年。
 

追記: 
Wikipedia で、1992 in British music を見ると、 
Alun Hoddinott - Symphony No.9 'Vision of Eternity' と
Jonathan Harvey - Inquest of Love. が。 

アラン・ホディノット は、ウェールズ人で、ウェールズ人として初めて世界的に認められた作曲家と言うこと。1929年生まれ、2008年没。 
アラン・ホディノット - Wikipedia  

ジョナサン・ハーヴェイは、オペラ『ワーグナーの夢 Wagner Dream 』で知られている人。1939年生れ、2012年没。『 Inquest of Love 』は、最初のオペラ?? 
Jonathan Harvey Composer




この年、The Smith の大ファンとしても知られているイギリスの詩人サイモン・アーミテージ Simon Armitage の詩集『キッド Kid 』が出版される。 
アーミテージは、1963年生まれで、2019年から桂冠詩人。若い頃から、Ted Hughes の後継者と目されていた人ということ。詩集『 Kid 』は第二詩集で、大手出版社 Faber and Faber からの最初の出版。本人が言うには、自分は地方の公会堂、クラシックのオーケストラのコンサートもあれば、シェークスピア劇の上演もあれば、有名詩人の講演会もあれば、地元の愛好家の素人演劇もあれば、子供の詩の朗読会もあれば、オエイシスのギグもある、と言うものだそう。若い時には非行少年の矯正の仕事に就いてマンチェスター大学大学院で社会福祉学の修士号を取ったと言うことで、詩の中の暴力的な部分はその頃の経験からかも。修士号は、テレビ番組の暴力シーンが青少年の犯罪に与える影響についてだそう。彼の詩は、アメリカの現代詩、ウィリアムズ、スティーブンス、ウェルドン・キーズなどからの影響があるけど、ビート派には興味がないということ。第二詩集のタイトルと同じタイトルの詩「 kid 」は、バットマンのキャラクター、ロビンの視点で書かれた詩。それで、詩集『キッド Kid 』には、ウェルドン・キーズの「ロビンソン詩篇」、ウォレス ・スティーヴンズ「ブッラクバードを見る十三の方法」を踏まえた詩も、また、北アイルランドの詩人シェイマス・ヒーニーの『越冬』、オーデンの「Look, Stranger」、イェイツの「さまよえるイーンガスの歌」を踏まえた詩も。 
Simon Armitage - Wikipedia
Kid (poetry collection) - Wikipedia  
Kid ≫ Simon Armitage | The Official Website
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

In this short Life by Emily Dickinson

 エミリー・ディキンソンの「In this short Life」 

今、生きている時間が 
一時間しか続かないとしたら、 
私たちの力の及ぶ範囲は、 
どれほどまでに、、、どれだけ少ないのか 



In this short Life
That only lasts an hour
How much − how little − is
Within our power  


In this short Life - Wikisource, the free online library  

Lori Laitman の作曲:
https://www.youtube.com/watch?v=OHr_JMYe5K4
posted by ノエルかえる at 21:43| Comment(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとメモ:『アザー・ストーリーズ』、『ピカソと音楽』

 レーベル Wergo からのCD『 Other Stories 』。 
サックス、ピアノ、パーカッションのトリオ、トリオ・アッカント[ 名前はラッヘンマンの作品からかなあ? ] のレコード。 
作曲家は、ラッヘンマンとマルティン・シュットラー、桑原ゆう、マルティン・スモルカ、マイケル・フィニスィー。

キングインターナショナルが国内発売、
「サックス、ピアノ、打楽器という編成による現代音楽集。特殊奏法ノイズ見本市のような昔のイメージのままラッヘンマンを聴くと、まったく違う作風に驚かされます。「Marche Fatale」は完全に普通のクラシック音楽。「Sakura mit Berliner Luft」「Sakura-Variationen」では何と自ら、日本語で「さくらさくら」を歌っています。どれも後半に不思議な展開をすることでラッヘンマンの音楽になってはいるものの、他の作曲家がかなり先鋭的な音楽を書いているので、そのギャップに面喰らいます。 」と。 

普通の西洋音楽のラッヘンマンって、どんなだろう、興味がある。 

Other Stories 

WER-7393 | アザー・ストーリーズ | キングインターナショナル  




レーベル、ハルモニア・ムンディからの『ピカソと音楽』 
キングインターナショナルが国内販売。 
HMX-2908980 | ピカソと音楽 | キングインターナショナル 

posted by ノエルかえる at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Burning Shed Support

 今朝見ると、Burning Shed Support からメールがあった。 
これはフィッシングメール。
 アドレスが違っているし、差出人のバーニングシェッドもだけれど、宛先の私の方も、僅かな異同がある。 
 文面も、 Hi で始まっている。バーニングシェッドはこの様な書き方はしない。 追記:注文の確認の時は使っていた。先のお知らせの時はそうではなかったけど。

 先日、顧客データが漏洩したとの通知はあったので、それを使ってのフィッシングメールだと思われる。 

 このブログをご覧の方の中で、同様のメールが届いていた場合は、ご用心ください。 



追記: 
 バーニングシェッドのTwitterを見ると、アクセスが集中している、と。パスワードの再設定をする人が多い様。それで、しばらく後で、と。バーニングシェッドのホームページから、パスワードの変更をするのだと問題ないだろうけど。 
 やはり、メールのリンクは怪しいと思う。来ていたメールは、リンクのアドレスを確認しないまま直ぐにスパムで削除したので、確認できないけど、、、 

 と言うか、バーニングシェッドのパスワードって、自分で設定したものだったかなあ? 覚えてないけど。メモしてあるパスワードは10桁の英文字とアラビア数字のランダムなものだけど、これって、バーニングシェッドが送付したものではないかなあ? だから他のサイトでは使ってないけど、、、
posted by ノエルかえる at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」記念日

 XTC は、1992年4月26日に、シングル「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」をリリース。今日は記念日。今年は、28周年。 [ 日付は、Fujimoto『XTCクロノロジー』に依る。 ]
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Ballad of Peter Pumpkinhead" 

歌詞の訳: 
The Ballad of Peter Pumpkinhead 訳: ノエルかえる不恵留  


 その頃ヒットしていたのは、Right Said Fred の「 Deeply Dippy 」。


 翌27日に、Betty Boothroyd が女性として初めての英国の下院議長になる。

 同年の4月6日に、作家のアイザック・アシモフ Isaac Asimov が亡くなった。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

The Beatles 「 She's A Woman 」訳

 ポール・ビートルの「 She's A Woman 」。 ( 1964 )
元にしたのは、ビートルズのホームページの「 Songs 」: 
She's A Woman | The Beatles  





ぼくの恋人はものをくれたりしないもの、
しってるもの、あの娘はコサクを抱えてるお嬢様じゃないもの、 
あの娘の出来ることって、ずっとずっとぼくを好きでいてくれることだけだもの、 
ぼくの恋人はものをくれたりしないもの。 

ぼくが寂しくなってしまったら、ポッとあかるくしてくれる、 
あれはふざけているだけだと、みんなは言うけど、 
しってるもの、そうじゃないって。 

男たちには目もやらない、 
ぼくが泣いてるのを見ちゃうと、ぼくの恋人は、嫌がるんだ、 
ぼくはぜったい離れていかないと言うと、
ぼくの恋人は、ただただ喜ぶんだ、 
ぼくの恋人は男たちには目もやらない。 

ぼくの恋人はやきもきさせないもの、 
もてる時間ぜんぶ、ぼくを愛してくれるんだもの、 
なんでだか、ぼくは知らないさ。 

ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、ただ一人の男を愛するんだ。






第1ヴァース、
My love don't give me presents,
I know that she's no peasant.
Only ever has to give me love forever and forever;
My love don't give me presents.  

で、
一行目の presents と 二行目の peasant は韻なのだけど、で、行末の韻なのだけど、 
二行目と三行目は、 has で韻、それも行の真ん中で、 
she's no と ever has to で。

同様に第2ヴァースも、 
一行目と二行目は脚韻で、eye と cry。
二行目と三行目は、hates とhappy。 




4月28日訂正 
ぼくの恋人は、おとなの女だもの、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、おとなの女だもの、夫を愛するんだ。 

ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、ただ一人の男を愛するんだ。


4月30日追記: 
この歌は、歌詞の面では、「 Can't Buy Me Love 」の延長なのだろう。  

posted by ノエルかえる at 15:22| Comment(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」4

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」3   





バーンハート「では、次に伺いたいのは…」
パートリッジ「下手っぴなギターをスライドさせるソロを演っているのは私です。」 
バーンハート「ああ、あれは、貴方なのかデイブ・グレゴリーさんなのかどちらだろうと思っていました。」
パートリッジ「あれはですね、「ミドル部分では何をしたいのか?」と考えても、どうしたいのか考えが浮かばなかった、と言う時の例なのです。それで、デモ・テイクにあのスライドさせるだけの詰まらないソロを入れてたのです。それで‥」 
バーンハート「どちらの版でも、ミドル部分では、控えめなことをされていますね。BBC の版では、「 Zippy Zither [ チターのモデルの一つらしい。 ] 」とクレジットされています。」
パートリッジ「( 笑う )、その通りですね。何故だか分かりますか? どうしたいのか全然わからない部分だったからです。時にはですね、私には歌のある一部がどうしても耳に届いてくれないことがあるのです。それが真相ですね。書いた時には、短い楽器でのブレイクが欲しかったのです。それでデモでは、ボトルネックを握ってこう考えたのです、「ネックの上を上がったり下がったりだけしよう、今はノイズだけ入れておこう、スタジオで、皆んなで考えればいいや、「誰か良い考えがない」と言おう」。それで、結局、ギターがスライドする以上のものを誰も思いつかなかったのですよ。」 
バーンハート「私は好きです。歌によく合っていると思います。」
パートリッジ「ああ、( クスクス笑う )、あれは歌に、半面夢の様でいて、半面疾しい感じのするニュアンスを醸し出していますからね、それで歌に合っているのですね、歌はそう言うものについてですから、そう思いますけど。まあ、兎も角です、私たちはもっと良いものを考え出せなかったのです。「何か言いたいことがまだあるのなら、パーチィ、分かった、作れよ。」と言うところでした。 
 ピアノを弾いているのはデイブです。轟々鳴るピアノですね、ギターに同調してコーラスを付けている様です。私が何をしたかと言えば、正直に言って、覚えていません。」 
バーンハート「デモで弾いたものを、スタジオ版でも弾いているのですよね?」
パートリッジ「多分そうでしょうけれど、ミックスでほとんど埋もれてますよね。 
 それから、ドラムを演奏しているのは、ピート・フィップスです。断じて、リン・ドラムではありません。」  


posted by ノエルかえる at 21:28| Comment(0) | The Big Express | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

Dear God (xtc)

https://www.youtube.com/watch?v=oKALhQhCzvI

posted by ノエルかえる at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

皆川達夫

 皆川達夫さん、亡くなったんだあ、、、92歳だったそう、、、  


このところ、YouTubeで、マイケル・ティペットの「青いギターを持った男」をずっと聞いてる、、、 


posted by ノエルかえる at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」3

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」2   





バーンハート「では、歌詞に戻りましょう。何が動機だったのですか? 秘めた炎があったのですか?」
パートリッジ「もしかしたらエリカのことだったかもしれませんね。コリンと一緒に、映画『 Times Square 』のプレミアのために合衆国へ行った時に、彼女に会いました。私たちの「 Take This Town 」が使われていましたからね。一目惚れではないのでしょうけれど、「一目で夢中」になったのです。私は、一目惚れとは思いたくなかったのです。私は、結婚して六ヶ月かそこらだったのですから。それで、ちょっと胸が痛んだのです。「ああ、僕は結婚している。」と言う所です。 
 ですから、この歌には、エリカの影がかなりあるのだと思います。同時に、以前の恋人の影も多分あるのでしょう。「ああ、こんな女の子に出会えたらすごいだろうな」と思っていたら、突然に出会う、と言う状況ですね。私の前妻がそうでした。私は、マキロイスというデパートで働いていました、それで、ある冬の日に、廊下で私の前を彼女が通り過ぎたのです。彼女は毛皮のコートを着て、毛皮の帽子を被っていました。ロシアの王女様の様でした。とんでもなく綺麗だったのです。「ああ、こんな恋人がいたらなあ」と思ったことをよく覚えていますよ。ずっと望んでいたことの一つですね。私たちは、一緒になり結婚しました。キリスト様のお陰です! そうして、けっきょくは、私たちは離婚しました。それでですね、私は、「動物の倫理的扱いを求める人々の会」にサインしましたよ。彼女が毛皮のコートを着ようとしたら、彼女の元へ駆け付けるつもりです。( 笑って )、「 No、no 、毛皮はやめて! 」と言うのですよ。 
 ですから、エリカの大きな影があって、その他の以前の恋人たちの影がそれに混ざっているのですね。「独身だったら、この娘と一緒になりたいな」と言う様なものです。単純ですね。でも、私の中には、大きな単純さがあるのです。」 
バーンハート「貴方の中のロマン主義ですね。」
パートリッジ「ロマン主義、あるいは、創造性というかそう言うものの最後の牙城ですかね。好奇心なのです。もし何でも知っていたら、何かを創造しようと思わないだろうし、気を揉むこともないでしょうね。」 
バーンハート「それから、二つの種類のイメージが並列されているのも、この歌の私の好きなところです。「 Seagulls 」と同じですね。一つは大袈裟な比喩です、「 My blood ran like ice right through 」の様なですね。もう一つは、とても日常的なイメージなのです、「 I made her eat an apple / and I made her drink a cup or two. 」の様なですね、それがすぐそばに並んでいるのです。」
パートリッジ「ああ、そうですね、「もし僕たちが一緒になったら、一杯の紅茶を一緒に飲むんだ」とか「彼女がすぐそこに座ってリンゴを食べているのを見る」と言うものですね。「 a blowing by the shadow of Effel Tower [ 卑猥な比喩か? ]」とは思わないでくださいね。日常的なことに憧憬を感じているのです。」 
バーンハート「それに、ブリッジでは観念論的です。「 Don’t try to take my wishing away from me 」と言う意味のことを歌っているのですから。[ ブリッジ部分は、Well if wishing is bad bad bad / Then send me to hell hell hell / But If you take my wish away / Then this cold world would burn as well ]」
パートリッジ「それは違います。ブリッジ部分の歌詞は、私の自責の念を歌っているのです。とても、とても、後ろめたく思っているのです。」 


posted by ノエルかえる at 09:47| Comment(0) | The Big Express | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

Wallace Stevens 「 The Man With Blue Guitar 」の18の訳

Wallace Stevens 「 The Man With Blue Guitar 」の17の訳   





‘もの’の表面に夢が宿る、 
私はその夢を信じてしまい勝ちだ、(それを夢と呼ぶのだから) 

しかい、幾晩も長々と掻き鳴らされてしまった 
青いギターがあの触感、手ではなく、 

風の閃きの触感を齎らした以上、 
もはや夢ではない、そのままのメロディーで出来た 

ある‘かたち’なのだ。言い方を換えれば、 
陽光が差して来る時の、あの 

元そこにあった筈の海から上がって来る 
崖に映える’光’の様なある‘かたち’なのだ。 





A dream ( to call it a dream ) in which
I can belive, in face of the object,

A dream no longer a dream, a thing,
Of things as they are, as the blue guitar

After long strumming on certain nights
Gives the touch of the senses, not of the hand,

But the very senses as they touch
The wind-gloss. Or as daylight comes,

Like light in a mirroring of cliffs,
Rising upward from a sea of ex.    


posted by ノエルかえる at 17:22| Comment(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

「 King for a Day 」記念日

 XTC は、1989年4月17日、シングル「 King for a Day 」をリリース。今日は記念日。31年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "King for a Day"  

歌詞の訳: 
King for a day 訳: ノエルかえる不恵留  

シングルのアートワークは、ギヨーム・ド・ティール Guillaume de Tyr の『 Histoire d'Outremer 海の向こうの歴史』から、エルサレム包囲戦の挿絵。
Siege of Jerusalem.jpg - Wikipedia 

Histoire de la Terre d'Outremer, par Guillaume de Tyr. | Gallica


プロモーション・ビデオは、Tony Kaye が監督で、1989年4月14日、ロンドンのWest Way Studios で撮影。 
mvdbase.com - XTC - "King for a day"  


その二日前の4月15日に、胡耀邦が亡くなる。そうして、天安門事件が起こる。 

この年には、1月に昭和天皇も亡くなっているし、4月には、日本の皇族の生まれで朝鮮の李王室に嫁いだ李方子( 梨本宮方子 ) も亡くなっているし( 4月30日 )、朝鮮王室の王女から日本の宗家( 宗武志 )に嫁いだ徳恵翁主も亡くなっている( 4月21日 )。 


この記事の内容は、昨年のと同じ。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

ヘリコプターの日

 4月15日はヘリコプターの日だそう。 
 レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日だからだそう。1452年生まれで、568歳。 

 

Helicopter 訳   



 YouTubeで、アペルドールンの Berg en Bos のライブでも見ようか? 
1980年8月8日、何だか、ヘリコピターっぽい日付、、、


posted by ノエルかえる at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

Wallace Stevens 「 The Man With Blue Guitar 」の17の訳

Wallace Stevens 「 The Man With Blue Guitar 」の16の訳   





「すがた」には「かたち」がある、でも、生まれて死ぬ 
様な生き物の「かたち」を言っていない。魂とか、 

心とか、精霊を思わせるものを言っている。これは、 
生き物の様なのだ。青いギターは、 

そのかぎ爪が弾き出した「聴き手のない日々」 
をその歯牙がはっきりと音にするのだから。 

青いギターは「かたち」なのだろうか? 「かたわく」なのだろうか? 
さて、兎も角、北風が金管を 

吹く、つまり、一本の細い管の中で作曲をする 
一匹のいも虫が、勝利したと言うことなのだ。    





The person has a mould. But not
Its animal. The angelic ones

Speak of the soul, the mind. It is
An animal. The blue guitar –––

On that its claws propound, its fangs
Articulate its desert days.

The blue guitar a mould? That shell?
Well, after all, the north wind blows

A horn, on which its victory
Is a worm composing in a straw.    



posted by ノエルかえる at 13:45| Comment(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとメモ:『 The Lyrics 1961-1973 』『 The Lyrics 1974-2012 』

 佐藤良明さんの翻訳、ボブ・ディランの歌詞。 
『 The Lyrics 1961-1973 』 
『 The Lyrics 1974-2012 』 
岩波書店、2020年3月刊。 

The Lyrics 1961-1973 | 出版書誌データベース 
The Lyrics 1974-2012 | 出版書誌データベース 

東京都立図書館には収めてある。  


 ビートルズの、特に、ポール・マッカートニーの歌詞も出版して欲しいな。 

posted by ノエルかえる at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

Coronavirus lockdowns have changed the way Earth moves

 ネイチャーの記事、COVID19 で、ロックダウンが行われたので、地震波の雑音が少なくなって、観測がしやすいそう。 

https://www.nature.com/articles/d41586-020-00965-x
posted by ノエルかえる at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」2

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」1 





バーンハート「何でこの歌を思い付いたのですか?」
パートリッジ「この歌が、元々、何処から遣って来たのか、説明出来ますよ。」 
バーンハート「想像ですか? それとも、何方か思い焦がれていた方があったのですか?」
パートリッジ「そうですね、歌詞から出来たのではないのです。いつもと同じ様に、やはり、見つけた和声が最初なのです、大抵の歌がそうですけれどね。何か引っ掛かるのですね、何かが躓かせるのです、すると突然、パシャンと鳴って、新しい歌の世界に頭から落ち込んでいるのです。 
 そのコードですが、(弾いて見せる)、このコードを何と言うか分かるかなあ?」
バーンハート「いえ、分かりません。」
パートリッジ「まあ、そうですか、でも、私も分からないのです。( クスクス笑う )、とは言いながらですね、どう言うものか説明してみましょう。まあ、簡単なオープンGのコードを押さえるのです、「 Michael Row the Boat Asore [ Michael Row the Boat Ashore - Wikipedia]」の様なですね、それでルートの音がCになるようにスライドして上げるのです。そうすると、C/E/D/G/G/C になります。( メロディーを歌いながら、コードを弾いてみせる。 ) それから、Bに移行します。つまり、輝く様なCがあって、Bに移行するのです。この和音を見つけることで、蛇行するメロディーが降って来ることになったのです。」
バーンハート「分かりました。和音の中の音がメロディーを示唆するのですね。」
パートリッジ「( メロディーラインの中のG♭の音を歌ってみせる。 )、それでですね、違いますよね。( 笑う )、音のいくつかは、コードの中にはない音なのです! ( その後も歌ってみせる、そうして、和音の中へ解決して行く。 )」
バーンハート「成る程、私がこの歌の中で特に好きなものの一つはそこです。どうやって、まるっきり長調の和声の中へメロディーが解決して行くのだろうなあと思ってました。」
パートリッジ「そうですね、Eへ移行するのです。もうしばらく弾いてはいないのですけれど。でも、Eへジャンプするのだったと思います。兎も角、コードから、蛇の様にクネクネしたメロディーが生まれたのです。」
バーンハート「それでは、歌詞は何処から思い付いたのですか?」
パートリッジ「分かりません。そうですねえ、コーラス部分から出来たのだったかと、口から自然と漏れて来たのですね。コーラスの歌詞が最初だったと思います[ You’re the wish you are I had の部分 ]。その時は思いましたよ。「あああ、マッカートニー風の歌を書くのを自分に許すつもりか? これは、マーッカートニー型のコーラスだよ。『 Sgt. Pepper 』か何かの紛失した録音と言う感じだ」。「 Lovely Rita 」か「 Getting Better 」の辺りを思わせますよね。 
 当時はですね、私は、ビートルズの影響にまだ悩まされていたのです。しかも、それは、私の中で、次第次第に大きくなっていたのです。私は、それを認めることを拒絶していました。それまで、一度だけ認めたことがありましたけれど。前のアルバムに収めた「 Ladybird 」がそうです。私は、当時、まだビートルズ性を好きな様にさせることを許してはいなかったのです。でも、今思うと、これはビートルズ性が出ている歌だと思います。「あああ、行かせてしまおう、もう、出させてしまおう、」と言う感じだったのだと。それでいいと思ったのです。「そうしようと思ったんだ」( 笑う )。」
バーンハート「( 笑いながら )、今は、良くなってると思いませんか?」
パートリッジ「「あのね、ママ、パパ、ぼくね、ぽおるまっかあとにいがとっても好きなの。」、( 残念そうな母親の声を真似て )、「おや、坊や、わたしたちはねえ、お前はレノンに似ていると思っていたんだよ。それでねえ、上品な日本のお嬢様と結婚して一日中ベッドで過ごすことになるだろうと思ってたのだよ」。( 決然とした若者の声で )、「違います、母さん、私は農場に住むつもりなのです、あのフェア島のフェア・アイルのセーター[ Fair Isle (technique) - Wikipedia ]を着るのです。もう、バグパイプを吹きたくてたまらないのです」、( 笑う )。 
 「歌がどうしてもマッカートニー風になってしまうのなら、そうしない理由はあるかな、ままよ、そのままにしよう、そうしてしまえ。」と言う事だったのです。」   



posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | The Big Express | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

Happy lockdown lunch

 ロバート・フィリップは、妻のトーヤさんと一緒に自宅でロックダウンを楽しんでいるそう。 

https://www.facebook.com/10019268676/videos/518509465529818/?__so__=watchlist&__rv__=video_home_www_playlist_video_list
posted by ノエルかえる at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」1

 バーンハートさんのパートリッジへのインタビュー、「 You're the Wish You Are I Had 」について。
元々は、2008年8月11日にMySpaceで公開されたもの。いまは、チョークヒルのアーカイブに。 
Chalkhills: XTCFans: Andy's Take: "You're the Wish You Are I Had"   





バーンハート「今日は、「 You’re the Wish You Are I Had 」のことを話してくださいますか。以前、貴方はこの歌については話したくないと仰いましたけれど。ですが、この歌を聴いて私が思うのは、この歌を録音するのに貴方は大変に尽力された様です。何が問題だったのですか?」
パートリッジ「そうですねえ、今回、アルバム『 The Big Express 』を二、三回再生してみた後、デモを探し出したのです。ご存知ですか? それを聞いてみると、完成版の90%はデモで既に完成してました。そう言う積もりはなかったのですが、この歌は、私がバンドを締め出して作ったた歌の一つなのですね。」 
バーンハート「今のお話しに私は同意出来そうではないです。私もデモを聴いたことがあります。でも、それは、殆どがギターで作られていました。一方、完成されたアルバムのスタジオ版は、ファンタスティックなキーボードが全体を覆い尽くしていますよ。」
パートリッジ「ええ、デイブがポロンポロンやってます。不承不承のキーボード・プレイヤーです。」 
バーンハート「レリュキャントでもファンタスティックなキーボード・プレイヤーです。」
パートリッジ「ええ、とても素晴らしいプレイヤーです。」 
バーンハート「それに、ベースラインも、スタジオ版では、相当に良くなっています。」
パートリッジ「確かにそうです。私がデモで作っていたメロディーを、彼は取り出して、問題点を改善して良いものに直しています。」 
バーンハート「それに加えますと、私は、モールディングさんのこの歌での音色が大好きなのです。「ラバーバンド・ベース」の様ですよね。」
パートリッジ「本当にね。あれが彼の新しいベースだったのかどうか、今でも、私は知らないのですが。当時、彼は、Wal のベースを買ったばかりでしたよ。でも、それがね、( プロデューサーの )デビット・ロードの嘆きの種でした。こう言ってましたよ、( ロードの声真似で) 「ベースの音がちっとも上手く録れない、六つもコンプレッサーを繋いで他と釣り合う音にしようとしてるのだけど」。コリンは私たちをとても困らせましたよ。でも、彼はあの音が好きでたまらなかったのです。兎も角、どうにかして、デビット・ロードは上手く聴こえる様にしました。でも、大変だったろうと思いますよ。 
 デイブと私は、コリンが自分のフェンダーを使わないのに、ずっと不満を抱いていました。でも、コリンは、彼が得た「記念品ベース」に固執していたのです。ご存知ですか? エピフォーン・ニューポートです。ミュートが壊れてて、あれは手に入れてから壊れたのか知ら、ヴォックスの…」 
バーンハート「T・ボーン・バーネットさんから貰ったものですね。」
パートリッジ「そうです、ご存知でしょうが、あれは、プウーフと言う様な音がするのです。誰かが猛烈なおならをした様です。あれは、どうしたって、ベースの音ではないです! ( クスクス笑う )」 
バーンハート「( しばらく笑う )、ですけれど、同時にですね、少し考えてみて下さい、貴方のギターの音色なのですが、エピフォーンがその大部分を占めていますよね。それですから、バンドの音の特色は、エピフォーンの音と言うことになっていますが。」
パートリッジ「エピフォーンでした。ええ。本当にそうです、レコーディングでは、他のどれよりもエピフォーンを使う場合が多かったです。ですが、この曲のベースですが、ウォルだと私は思います。確かに、コリンが言わなければ、私たちには分からないですけれどね( 笑う )。」 
バーンハート「貴方とデイブ、グレゴリーさんはフェンダーの方がお好きなのですか? グレゴリーさんは、フェンダー・プレシジョンベースをお持ちなのですか?」
パートリッジ「彼はジャズ・タイプのを、オリジナル[ 1957年以前の ] を持っていたと思います。デイブは話してくれるでしょう。多分ですが、彼は、シリアルナンバーまで覚えていると思いますよ。( クスクス笑う )。」 
バーンハート「フェンダーをお好きなのは、何かこれと言った理由がおありなのですか? それとも、貴方が思う様な音がそのまま出ているからなのですか?」
パートリッジ「私はフェンダー・ベースの音が好きです。素晴らしいパンチがあります。実は、去年かその前の年か、一挺を買ったのです。安いものです。スクワイアです。いい音なのです! 150ポンド、あれ、300ポンドだったかな? 
 兎も角、デイブと私はずっと不満だったのです。( 部屋の隅で囁く声を真似て )、「なんで、コリンはフェンダーを弾かないんだ? なんで、ちゃんとした音が録れないからって、俺たちが何時間も無駄に潰さなきゃならないんだ?」 でまあ、結局、コリンがその週弾いている記念品のベースで録音する分けです。それが、フレットレスのダンエレクトロのこともあれば、あれは『 English Settlement 』で使われましたね、彼が持っている壊れているエフィフォン・ニューポートのこともあるのです。その他、あれやこれやですね。」   







バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」2  
バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」3  
バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」4  
バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」5  
バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」6  
バーンハート、パートリッジ対談「 You're the Wish You Are I Had 」7  



posted by ノエルかえる at 09:00| Comment(0) | The Big Express | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

XTC 最後のライブ記念日

 1982年4月3日、XTC はアメリカ・サンディアゴの California Theatre で最後のステージ。今日は記念日。38年前。 
 Pat Mastelotto さんは、次の日のチケットを買っていた為、ライブを見逃す。  


記事は去年のまま。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

『 Monstrance 』記念日

 2006年4月2日、アンディー・パートリッジとバリー・アンドリューズは、マーティン・ベイカーと共にアルバム『 Monstrance 』をリリース、今日は記念日。14年前。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

のんさっち宮殿の成層耳公爵

 4月1日は、The Dukes of Stratosphear の最初のEP『 25 O'Clock 』がリリースされた日であり、XTC の『 Nonsuch 』が日本で先行発売された日。 
 『 25 O'Clock 』は1985年4月1日に、『 Nonsuch 』は1992年4月1日にリリース。 
 今日は記念日。 
 『 25 O'Clock 』は35周年。 

 『 Nonsuch 』のイギリスでのリリースは、4月27日。

 1985年には、ブッチ・モリス Butch Morris の『 Current Trends In Racism 』がリリースされている。( 1986年かも? ) 
 このアルバムのセッションには、ブランドン・ロスもジョン・ゾーンも参加している。 
Butch Morris - Current Trends In Racism In Modern America (Vinyl, LP, Album) at Discogs  

 1992年には、フィリップ・グラスが交響曲第一番を作曲。 

( ここまでの記事は去年のまま )

 1985年4月には、Prince の『 Around the World in a Day 』、フレディー・マーキュリーの『 Mr. Bad Guy 』がリリースされている。 
『 Around the World in a Day 』はUS チャート1位になっている。

 1992年4月には、The Cure の『 Wish 』がリリースされ、UK チャート1位になっている。  


 5日後の1992年4月6日には、アメリカの作家、アイザック・アシモフが亡くなっている。 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする