2010年01月31日

Le bateau ivre

 パートリッジの歌「The Man who sailed around his soul.」。その歌詞から連想できるもの、『 Le bateau ivre (The Drunken Boat) 』Arthur Rimbaud 。
 それに、『 Les Révoltés de la Bounty 』Jules Verne 。
 それに、『The Mutineers』という、1949年のJean Yarbrough 監督の映画もあります。映画のあらすじは、ダンカン船長が、ポケットに偽金を詰め込んだまま殺されているのが見つかるのだけれど、親友のニック・ショーは、ダンカンは無実だと信じて、嫌疑を晴らそうとする。本当の偽金作りのギャング、トーマス・ナイグル ( Thomas Nagle ) と情婦 ノーマ・ハリソンは、乗組員を人質に取り出航していた。ショーは彼らを追って、、、
posted by ノエルかえる at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Skylarking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック