2011年05月13日

Meccanik Dancing (Oh We Go!) 訳

 パートリッジの「 Meccanik Dancing (Oh We Go!) 」。

 歌詞としては、Woolworth と言う固有名詞を使って、日常生活が描かれていることが一つの特徴でしょうか。それも、低賃金の下層階級の。
 Meccanik は、Mecca ( メッカ ) と、mechanic の洒落。とすると、Alcohol も、Quran ( コーラン ) との洒落か知ら?? 今の所、モスリムからの苦情はないようですが。実は、アンディ・パートリッジは、ムスリム過激派の標的の一人かも。

 蛇足:ムスリムの踊りと言えば、トルコのMevlevilik ( Mawlawi Order / メヴレヴィー教団 ) の samā ( Sama / セマー ) ・ダンスを思い出します。旋回する踊り、と言うのは、パートリッジの傾向でもあるのですが。

 追記11月20日:Mecca と言うディスコ・ティックもあったのでしたね、それに、・・Mecca と言うホールもあったのですね。

拙訳です、
( 元にしたのは、Chalkhills のサイトの lyric )



オーワースの売り子のかわい子ちゃん、
工場の工員の伊達男、
手に手をとって、
おでかけさ、
明かりを落とした教会で、ダンス・パーティー。

キカイ回教な踊り、僕らはするんだ!
週末が来るのを待てはしない、
友だちみんなといたいんだ。

一口のアルコールは手っ取り早い、
人を開けっぴろげにする、
僕と踊らせてくれる、
独逸から伝わってきた踊りで。

僕は、あの娘の前に立ったんだ、
僕は、放電の光の下にいるんだ、
僕は、ちょっとだけビールを入れただけだけど、
なんだか、巨大になった気分だよ、今夜は!
posted by ノエルかえる at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Go 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック