2011年05月16日

The Rhythm 訳

 ムールディングの「 The Rhythm 」。

 歌詞の内容は、よく分かりません。本能の様なものを言っているのか知ら? Gene Kelly が登場しますけれど、前作の『 White music 』は『時計仕掛けのオレンジ』的世界なので、映画『雨に歌えば』と言う連想から、ジーン・ケリーも連想の範囲に入るのですが。
 「 B & O 」、何を指しているのか分かりません。私は、beer and oyster として読みました。



拙訳です、
( 元にしたのは、Chalkhills のサイトの lyric )




彼は蜜蜂のように最短距離を見つけ出す、
そして、とっておきのものを手に入れるんだ。
でも時には、雨の中に立ち竦んでいることも、
ああ、まるで、ジーン・ケリー張りに、帽子と杖で。

彼は、頭中に周期があるんだ。
彼は調子を取っている。
さあ歌って!

酒場の滅裂、
ビールと牡蠣の汁が飛び散っている。
僕らは何もかも記憶に保っている、
それらは、僕らの内奥にあるのだから。

内側で、外側で、西側で、東で、
僕らは野生を殺している。
相手側、自分側、相容れない世界、そう、
僕らは野生を殺している。




Idea のサイトはもうないので、Chalkhills でしか、確認は出来ないのですけれど。lyric を記しておきます。


He makes a beeline for the place
Where he gets his only ace
Sometimes he's standing in the rain
Oh Gene Kelly's hat and cane

He has the Rhythm in his head
He has the Rhythm, sing!

It's chaotic at the bar
B & O those sweaty drops
We are all mesmorized
To the thing we have inside

Inside, outside, eastside, West
We kill the beast
Yourside, myside, worlds collide, yes
We kill the beast
posted by ノエルかえる at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Go 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック