2011年08月18日

the Olympus Sound

 聞いていて思ったこと、アルバムの構成は、『スカイラーキング』に似ているかもしれない。A・B面があるとして、「DEAR BELINDA」がA面の最後、B面の始まりが「15 KILOCYCLE TONE」と聞こえたのが最初で、そう思うと、ほかの曲の並び方が『スカイラーキング』の様だと思えたのです。
posted by ノエルかえる at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック