2012年09月08日

Dave’s piece

 グレゴリーのもう一つのバンド、Tin Spirits の次のアルバム制作も進んでいるようです。9月7日付けのブログ記事:
http://tinspirits.co.uk/2012/09/07/writing-update/

 とても気になるのは、「 Spent last night working up Dave’s piece in 14 (!) by adding a big chorus and also tinkered with an ambient middle 8 type thing. 」と言う部分。
 私は、この文の意味が読み取れないのですが、「昨晩は、デイブの14分になる作品を仕上げるのに費やしました。大規模なコーラスを加えたり、穏やかなミドル8タイプのものを試してみたりしながら。」と読んでみました。
 前の文から続いているので、マークさんの曲の中の、グレゴリーのパートなのかもしれないのですが。「 in14 」と言うのも、14小節の意味? でも、XTC ファンとしては、デイブ・グレゴリーの作曲の作品であって欲しいと。





 もう九月なので、専門医の夏期休暇も終わったのでは、と思います。パートリッジの不整脈、どの程度なのか知ら、手術の必要がない程だといいのですが。それに加えて、エリカさんが、BBCの番組に出演した後、誹謗するメールが届くようになったらしいのですけれど、それでなくても不安な所に、ひどいことだと思う。万事、良い方に向かうように。
posted by ノエルかえる at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわデス!
エリカさん、FacebookにもTwitterにもBBC の番組出演のことを嬉しそうに書いてはるなぁ〜って思ってたから、エリカさん宛のメールの話には本当にがっかりしマス。

デイヴさんの曲、14分デスか!!
めっちゃ力作デスね!
聴いてみたいデス☆
Posted by hina$e☆ at 2012年09月12日 19:47
hinase さん、こんにちわ。
メール、もう一週間くらい経ちましたけど、
解決してるといいのですが。

デイブさん、『wired to earth』では、作曲は、Tin Spirits に
なってましたけど、次のアルバムでは、
どういうクレジットになるのでしょうか?
文の意味が私には不明確なので、in 14 が
何なのかは、はっきりしません。
14分のデイブさんの大作だといいですね!
Posted by ノエルかえる at 2012年09月12日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック