2007年02月02日

『Go 2』 の頃

 『Go 2』の頃の音楽と言うのは、どんなものがあったのか知ら、と、webで思い付くまま検索してみました。
 武満徹『鳥は星形の庭に降りる』77年。
 Luigi Nono は、転換の頃、『Fragmente - Stille, an Diotima』は80年。
 Steve Reich は、重要な作家だと位置づけられた頃、『Music for 18 Musicians』が、この頃。
 Helmut Lachenmann は、二本のギターのための『Salut fu¨r Caudwell』を発表。
 Terry Riley は、『Shri Camel』。
 Anthony Braxton は、George Lewis とのデュオを76年に発表しています。
 "Butch" Morris は、まだ、コンダクションをやってはなかった様ですが。


 この頃は、音楽の転換点の一つだったのかもしれません。
posted by ノエルかえる at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Go 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック