2016年05月22日

The Beatles「 Maxwell's silver hammer 」のこと 8 『 Up Against It 』

 さて、ビートルズ近辺で起こった殺人事件があるので、それも備忘。 

 ( ただ、事件と「マックスウェル・シルバー・ハンマー」の歌詞の書かれた時期との関係を確認するのは、私には出来ないのだけれど。 ) 
 「マックスウェル・シルバー・ハンマー」が最初に録音されたのは、1969年1月の「ゲットバック・セッション」でのこと。クリスティーズのオークションに、マッカートニー手書きの原稿が出品されていたことがあるけれど、それは、アップル社専用の用紙に書かれていたので、会社が設立された1968年以降に最終稿に近いものになっただろうとは思われる。( ノートの段階は分からない。 ) The Beatles/Paul McCartney | Christie's 

 さて、事件と言うのは、この記事の題名に書いた「The Beatles「 Maxwell's silver hammer 」のこと 8 『 Up Against It 』」の中の『 Up Against It 』に関わること。 
 これは、ビートルズの映画に企画されたのだと思うけれど、その為にビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインに提出されて、実現されないまま、脚本家に返却された脚本の題名。 
 それを書いた脚本家は、Joe Orton ジョー・オートン。1933年レスター生まれの人。
 そして、返却された脚本は、元々ビートルズの四人を主人公にしていたものだったけれど、それを三人の主人公に変更して、他のプロデューサー Oscar Lewenstein オスカー・レヴェンスティンに提出する予定だったと言うこと。レヴェンスティンは、ミック・ジャガーを主演に考えていたそう。 
 ところが、オートンがレヴィンスティンに会う予定だった前夜、恋人であった男性俳優 Kenneth Halliwell ケネス・ハリウェル にハンマーで撲殺された。ハリウェルは、オートン殺害後、その場で、服毒自殺。殺害動機は、ハリウェルに新しい( 男の ) 恋人が出来たので、別れ話で揉めたらしいと言うこと。 
 事件があったのは、1967年8月9日。 

 そうして、ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインも同性愛者だったけれど、亡くなったのが、1967年8月27日。 

 それから、脚本『 Up Against It 』は、オートンがそれ1957年に書いていた小説『 The Silver Bucket 銀の 桶』を発展改作したものだと言うこと。 

 序でに、『 Up Against It 』は、結局、映画にはならなかったけれど、後年、ニューヨークのオフブロードウェイで、ミュージカルにされて上演されたそう。1989年のことで、その時に音楽を担当したのは、トッド・ラングレンだと言うこと。ラングレンは、1997年にこれをアルバムとしてリリースしている。Up Against It! (Todd Rundgren album) - Wikipedia, the free encyclopedia

 ジョー・オートンは、34歳で亡くなったので、作品も多くはないのだけれど、今でも、日本でも上演されている様。『 Loot 』と言う作品が『薔薇と棺桶』と言う題で上演されている。  

Up Against It - Wikipedia, the free encyclopedia  

『 Up Against It 』は、何をすることもない友人同士の二人の若者、一人は女たらし、ひとりは夢見るドン・キホーテ型少年が、これはジョンとポールだろう、女たらしが司祭様の姪に手を出したために、二人とも町を追い出されて放浪する間に、無政府主義者の青年に会って、これがジョージかな? 、、、と言う物語りらしい。ジョージとリンゴの役が一人に変えられているので。 
 面白いかも。  
 この映画、XTC ではどうだったか知ら。女たらしはアンディで、純真なドン・キホーテ型少年はコリンだけど、アナーキストはデイブさんでは? バリーだといいけど。

 でも、この戯曲に関係して、三人の人が亡くなっているので、オートンは殺害。ハリウェルは自殺。エプスタインは病死だけれど。オートンは34歳、エプスタインも32歳、ハリウェルだって41歳と若くて。 
 「マックスウェルズ・シルバー・ハンマー」とこの三人の死が関係あるのかどうかは分からない。
posted by ノエルかえる at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438137662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック