2017年01月21日

The Beatles 「 Misery 」訳

 ビートルズの「 Misery 」。 
 ポール・マッカートニーとジョン・レノンの共作と言うこと。たぶん、ジョン・レノンが主な作者だと思うけれど。 
 ヴァース部分は、五音でモータウン的なのだけど、ブリッジ部分は全音を使っての下降で、ドイツ・リード的、でも、そう聴こえるのは、ジョージ・マーティンのピアノの所為かも。 
 歌詞については、一人称 I の世界を一人称 I の視点で見て、一人称 I の語りで語る、私小説的な書き方。( 視点・行為者と語り手が同一で私である、と言う意味で。 ) それで、ヒロインが三人称になっているのが、注目点の一つだけど。それは、二人称にすれば、いかにも舞台上の台詞的で、聴衆に仮構性を印象付けるのだけど、三人称にすれば、切迫性があって事実めいて聞こえるからかも。そういう技巧的な手法は、いかにも、ポール・マッカートニー的なのだけれど。でも、この場合、ヒロインが主人公からの呼び掛けに応答することがない、と言う設定なのでは、とも思えるので。それだと、直感的で、ジョン・レノン的だと思う。それに、ヴァース部分、頭に強拍を持って来てリズムを作ってるのも、レノン的だと思う。 

 それで、基本的には、ラブソングなのだと思うけれど、そうでない様な気分も伺えて。愛する人を不条理な理由で亡くしてしまった人の悲嘆と言う面がある様に感じるので。 
 それで、突然に、母を亡くして孤児になってしまった少年の嘆き、の様に、訳して見た。たしか、ジョン・レノンは、少年の時に、母を交通事故でなくしていたと思うので。 

元にしたのは、ビートルズのホームページの Songs
Misery | The Beatles 

Alan W. Pollack's Notes on "Misery"  

ヴァース/ヴァース/ブリッジ 
ヴァース/ブリッジ/ヴァースの構成だけど、
ヴァースは基本2行で、最後の1行がフックと言うか、コーラス的に、
それで、その行を第一ヴァースの前に置いて、コーラスから入る感じにしてある。 



「この世界、いつもおいらにむごいんだ、無情!」 

おいらはもう一人前のおとこさ、
泣いたりしないんだ。 
「この世界、いつもおいらにむごいんだ、無情!」 

おいらかあさんをなくしたんだ、
もう会えやしないんだ。 
「これから、暗々の旅の空になるんだ、無情!」

おいらきっと思い出すよ、かあさんとの暮らし、
かあさんはわかってなかったのか、かあさんは一人しかいないって。 

かあさんを生きかえらせてよ。
だれにもわかるだろ、
かあさんがいないと、おいらひどい暮らしさ、無情! 

おいらきっと思い出すよ、かあさんとの暮らし、
かあさんも思い出すかな、ひとりむすこが心残りかな。 

posted by ノエルかえる at 17:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 薬師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O^*)ワ
とてもとても素敵な日本語訳ですね。
ひじょうにすばらしいデス
JOHNさんらしい感じがします。
THANK YOU SO MUCH FOR BEAUTIFUL TRANSLATION♪
Posted by goigoi at 2017年01月22日 11:11
goigoi さん、こんにちわ、
ありがとうございます、
冒頭で強い印象を与える歌ですね、
Posted by ノエルかえる at 2017年01月22日 13:21
(^コ^)(^ン^)(^ニ^)(^チ^)(^ワ^)
ひじょうにすばらしい「Misery」のご邦訳に
感謝感激感動デス
HOW IMPRESSIVE☆彡
ぜひ拙ブログにもUPさせてください。
2月20日にヨテイさせていただいています。

ノエルかえる様が大晦日の日にプレゼントくださったたいへんイケているあのお歌の日本語訳を
あのお歌のレコードが1970年にイギリスでリリースされたという
3月6日に記事本文として掲載させていただいてもよろしいでしょうか?
寒い日がつづいていますが
もうすぐ節分デスネ
HAVE A BEAUTIFUL WEEKEND !
Posted by goigoi at 2017年01月28日 11:38
goigoi さん、こんにちわ、
ありがとうございます。
「 Misery 」についても「Let it Be」についても、構いません、
「 Misery 」は牽強付会かもしれませんけれど、一つの読み方、と思って頂ければ。 
「Let it Be」、こちらのブログにも載せたいと思いますので、
よろしくお願いします。
Posted by ノエルかえる at 2017年01月28日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446164523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック