2017年04月08日

ベルナール、パートリッジ対談「 It's Nearly Africa 」9

ベルナール「( 笑い転げる ) では、もう少し、貴方がされたパートについて話して下さい。ギターのパートについては、先にお話し下さいました。今度は、サックスのスウィング風のソロについて話して下さい。」
パートリッジ「( 笑う ) ああ、なんて馬鹿だったのでしょうね、私は。チャーリー・パーカーになろうとしてたのです、この私が。「よし、サクソホーンを買ったなら、」、当時、私は、何かでお金を得ていたのです、たぶん、何かを売ったのでしょう、「一週間で、チャーリー・パーカーになれるさ、多くても二週間あれば十分だろうし、」と思っていたのです。 
 まったくですよ、一月、もう一月、さらに一月経って、私が出来たことと言えば、ラゴスにいる盛りのついたガチョウが威嚇するときの様な音だけだったのです。( 笑う )」 
[ ラゴス Lagos : ナイジェリアの都市、交通渋滞が世界一だと知られている。 ] 
ベルナール「( 笑い転げる ) 成る程、それで、この歌は、「 It's Nearly Africa 」と言う題名になったのですね。悪くはないです。」
パートリッジ「「 It's Nearly Quackrifa! 」、こうすれば良かったですね。」 
ベルナール「でもですね、この「ラゴスの交通渋滞」の様な音、雰囲気を、この歌の中に、意図的に入れようとしたのではないのですか?」
パートリッジ「( 溜息を吐く ) ええ、そうだと思いますよ。私がこれまで演奏したことのある、惨めなアルト・サックスの間奏の一つですね。一番の出来は、雁の鳴き声に似た「 Funk Pop a Roll 」でのブラス部分ですね。あれが、私が吹いた最高のものですよ。でも、何かを分からせることは出来たのだと思います。あの時、「流れる様なメロディは吹けない。でも、正確なリズムで、鳴らすことは出来る。だから、2トラック程やらせて欲しい」と思ったのです。それで、私は、二つのパートを吹いたのです。オフビートと普通のと。それが、リズム上で押し引きする良い感じのものに出来上がったのです。」 
ベルナール「 この歌で、貴方が録音したトラックは幾つだったか、覚えていますか?」
パートリッジ「それは覚えていません。、、、少なくとも、二つのトラックに録音しましたね。たぶん、もっと多くでしょうけれど。「ウー、ウー」と言う声も重ね録りしてますからね。ガチョウの大リズム隊ですね。( くすくす笑う ) 私が何かの精製機の管の様なものを口に入れて悪戦苦闘しているのを、バンドの他のメンバーは、大口開けて大笑いしていたのに違いありません。」 
posted by ノエルかえる at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | English Settlement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック