2018年03月12日

The Whitsun Weddings

 An Ideal For Living というブログに掲載されたコリン・モールディングの『 Great Aspirations 』についてのインタビューで、「 Kenny 」について、フィリップ・ラーキンの詩「 The Whitsun Weddings 」にインスパイアヤーされた、と言っているのが興味を惹くので備忘。 

MAKING PLANS - XTC's Colin Moulding And Terry Chambers Ponder Live Shows After DIY 4-Track EP - An Ideal For Living  

その部分は、 
「 There’s a line in there about somebody coming up to bowl. You see the playing field from the train and that’s kind of what prompted it. I got this guitar riff that sounds very much like the motion of a train and then one thing led to another – a chain of thought. 」 
誰かがクリケットをしに走ってくると言う行があるのです。列車から競技場を見るわけですけれど、それが連想の仕方になっているのです。私は、列車の動きの様なギターのリフを考えつきました。それが一つの連想を生んでそれがまた次の連想を生むのです。思考の鎖なのです。 


 ラーキンのThe Whitsun Weddings のその行は、第七連にある: 
Just long enough to settle hats and say

I nearly died,

A dozen marriages got under way.

They watched the landscape, sitting side by side

- An Odeon went past, a cooling tower,

And someone running up to bowl - and none

Thought of the others they would never meet

Or how their lives would all contain this hour.

I thought of London spread out in the sun,

Its postal districts packed like squares of wheat:
posted by ノエルかえる at 21:30| Comment(0) | Great Aspirations | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。