2018年05月16日

English Settlement 2016 アンディ・ソング・ノート 2

「 Jason and The Argonauts 」
アンディ: 
 さて、『リップリーの「信じようが信じまいが」博物館』[ Ripley's Believe It or Not! - Wikipedia ニューヨーク Ripley's Believe It or Not! 博物館 ]の類いである。コーラス部分のメロディは、( 少なくとも、私の頭中ではそうなのである、 ) カーク・ダグラス Kirk Douglass 主演の1958年の映画『 Vikings 』[ The Vikings (1958 film) - Wikipedia ]のテーマを元にしているのである。簡単に調べただけだが、音楽を書いたのはは、マリオ・ナンシベーネ Mario Nascimbene と知れた。さて、つい前日、映画を観た時以来久方ぶりにそのテーマ音楽を聴いたのであるが、「 Jason 」は全くそのテーマ音楽とは似ていないとの結論に至った。如何様にして、私は、これ程までに違えてしまったのであろうか? とは言え、映画『 Vikings 』から私は良い曲を得たのだ。私の脳は、或いは、呼び出し音の配列が間違っているのかも知れない、または、非常に遠方の海岸を「召還」する感覚があってこの様にしたのかも知れない。映画『 Jasnon and Argonouts 』[ Jason and the Argonauts (1963 film) - Wikipedia ]は、殆ど関係してない。少年時代に特に好んだ映画ではあるのだが。 

 この歌により、我々は、「旅行」の歌を演目の内に持つことと成った、それは間違いがない。英国の安心して居られる地域から遠出をした結果なのである。この者、スウィンドンの公営団地に住まいする卑小な鼠は、1977年に初めて海外に渡航した折には、アムステルダムの郊外に有るホテルのホテルの一室をコリンと相部屋にしたのだが、目覚めた時、クリスマスの日の子供の様に、己の目を信じ得なかったのだ。アムステルダムは、我々の為に、風車を設えてさえいたのだ。それ以来、回遊は全地球に拡大されていった。アメリカ合衆国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、…、それにそれに、止めどなく。私は数年の間に純真さを盗まれてしまっていた。詰まりは、愛用のギター、アンプ、エフェクトペダルやものものを盗まれたのだからだ。脱線してしまった。そうなのだ。ワールド・ツアーは、己の心を押し広げることは確かだ、更に、マネージャーの預金残高を押し上げることも確かだ。 

 バンド内に於いては、この歌の題名は「 Jason and Chintzy 」と成った。グループ所有のバンに雑然と放置されていた卑猥な雑誌のポルノ俳優から採られた名前である。chintzy チェンシー、この可哀想なギャルは、ブロンドの鬘を被ったレス・ドーソン Les Dawson [ イギリスの喜劇男優。1931年生まれ、1993年没。1970年代のテレビで、Cissie and Ada と言う老婆の役が有名。Cissie and Ada - Wikipedia ] に似ていた。我々全員が、何れ程にイアソンの「 membrum vitae [ ラテン語: 活気有る肢 ] 」に驚嘆したことか。その意図、用途はまるで交通信号のようであった。一番上は、生き生きとした赤。その下には、具合の悪そうな黄。一番下には、酷く不健康な薄緑なのである。ポルノダイエットの安全副作用症? 

 録音は頗る愉快で、驚く程に容易で一度で閘門を開き轟く波に乗ったのである。テリーの一閃の八拍目のスネアは、彼と私が作ったのであるが、二人共が好んでいたストーンズのチャーリー・ワッツの「 Street Fighting Man 」での打ち方の感覚を手本にしたのである。その一打ちは、曲を押し進めるのである、そして曲は進行を休むことがないのである。宏大な大西洋を表する中間部は楽しい。だが、それ以上に、催眠的なのである。如何様にしても宏大な外洋を表現したい、海原の波を表現したいと思案したのであるが、ヒューは茫漠としたサルガッソ海を省いてコーラス部分に入る様に我々を説いたのである。古代の水夫と同様に、我々も、我々を魅了して来る蒼碧の広がりの中で神隠しに会わんとしていたのである。繊細で目を眩ませる様々なギターの音形、私が歌っているその声は、あちらこちらで多重化され、1ファゾムの深さのリヴァーブとフランジの波に洗われているのである。今これを聴くと、私は、曲全体が何とサイケデリックなことかと驚くのだ。誰がデューク達をここに連れて来たのだ? パチョリの匂いがする…、ニシンも! 

デイブ:
 私の好んでいるXTC の五つの歌の一つです。リディアン・モードのラーガ・ロックへのちょっとした冒険でした。アルバム『 Black Sea 』の「 Travels in Nihilon 」を生み出したのと同じ素材なのです。歌詞のテーマもやはり似ています。テーマは探求者なのですね。発見の旅の途上で、あらゆる風俗の陰鬱で醜悪な真実を暴いて行くのです。水夫のテーマは、リヴァーブやディレイを使ってギターの音が海の中で水が跳ね返っている様に聴こえると言うとても「湿った」ミックスに依って増幅されています。アンディは、私のギブソン ES-335 を弾いています。ネックのピックアップのコイルを一つだけ使って、それを直接ヘリオス社のコンソール・デスクに繋いでいるのです。それと同時に、ゲオルグ・ノイマンのコンデンサーマイクをギターの共鳴室から1インチだけ離して設置してアコースティックな信号を捉えたのです。コリンは、直前に入手した、1959年製フェンダーのプレシジョンをアンペグ社のアンプ SVTを使って弾いています。私はリッケンバッカーを弾いているのですが、ステレオに別れている線を、ギターのブリッジの所のピックアップの信号はハーモナイザーを通して直接にコンソール・デスクに繋いでいるのです。テープの速度を落として録音しています。最後の部分では、ギターは半分の速度で録音しました。後から、アンディが、シンセサイザーで「法螺貝」ホーンを入れました。プロフィット V で作ったものです。 
posted by ノエルかえる at 10:00| Comment(0) | English Settlement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。