2018年06月07日

English Settlement 2016 アンディ・ソング・ノート 5

「 All of a Sudden ( It's Too Late ) 」 
アンディ: 
 この歌を何所で思い付いたのか、私にはまるで覚えがないのである。にも拘らず、ヴァージン社の某氏は合衆国に於いてはこの歌をシングルにするのが宜しいと考えたのだった。然々然様の理由で、会社の面々は、私たちの金をこの歌のビデオの為に投下するのを全く厭わなかったのである。彼らの紳士たる側面である。テリーは、そのビデオには出演せず当て振りもしなかった、と言うのは事実である。彼は、オーストラリアへと斯の地の女ドナを伴って飛び立っていたのだった。故に、ある企てが謀議された。彼を呼び戻し、一日の午後だけ彼のドラム・キットの椅子に座らせると言うのは費用が嵩み過ぎるのであるから、デイブのドラム奏者の弟イアンに座って貰うと言うのである、而もそれは影だけなのだ。イアンは承知した、…、むむむむ、デュークス・オブ・ストラトスフ耳は、斯く図らずも誕生したのだった。 

 何方かこの歌は長すぎると思わないだろうか? 私は今でもそう思っているし、当時もそう思ったのだ。とは言え、如何にしても、シングルとして供出するのに適当な規格に短く切り詰めるのに如何すれば良いか考え出せなかったのである。[ 己の為の ]備忘:「「大桶」で売られている如何なる物も食べるべからず」 而して、長いままなのである。ドンドンと鳴るトムトムのイントロは、ストーン・ルームがドラム・サウンドに如何に化粧を施すかと言う良く分かる例である。私たちはそれが大変に気に入った。そうして、ヤング・ラディカルズ Young Radicals [ 原文にはYoung 。New Radicals のこと。 ] と、その立役者グレッグ・アレクサンダー Greg Alexander [ これも原文通り。Gregg Alexander。 ] が彼らの歌のバックボーンに私の許可を得ることなく、サンプルにして使用したのである。鷹の目を持つ XTC ファンがこれを見つけたのだ。そうして、チーン! 「クリスマス用にお支払い、ありがとうございました。」 
[ 「 Maybe You've Been Brainwashed Too 」で使っている。New Radicals - Maybe You've Been Brainwashed Too (CD, Album) at Discogs ]

 蒸れるヘッドホーンを縛りつけていると、私は、パジャーズの素晴らしいリヴァーブの技巧を思い出させるのである。音は、虚焦点から発せられ仮想の距離を進み我々の耳に届くのである、正に、眩惑の夢の状態に在る様である。音風景は、正に正に、「 Settlement 」である。バンドのメンバー全員が渾身の力を発揮して新しい楽器を弾いている。更に、素晴らしい混淆を創り出しているのである。私のアコースティック・ギターは、デイブの12弦ギターと大変に上手く織込まれている。しかも、そのギターの音は、轟々と鳴るトムの壁の上で滑っているベースの音と奇麗に調和しているのだ。素晴らしい構成である。「私共は、お望みであれば、皆様のキッチン周りをきれいに片付けますよ。」

デイブ: 
 この曲は、このアルバムで私たちが最も「パワー・バラッド」に近づいたものです、とは言え、可成り素晴らしい曲ですし、本当に感情への訴求力が強い歌です。私たちは、この歌を十全に評価したでしょうか? 私はとても早い12弦のギターを遣り直したものです。好機と言うのはあるものなのでしょうか? 1982年のアメリカ・ツアーに失敗して戻った後を受けて、この歌にはビデオの制作を進める価値があると、何所かで誰かが考えたのに違いありません。それも、「 No Thugs 」のビデオも創られていなかったのにも拘らずなのです。兎も角、後に、『 Look Look 』とタイトルが付けられて発売されたプロモ・ヴィデオのコンピレーションに追加される価値があるビデオではありました。私は、今、心に思っていることがそのまま口に出てしまいました。 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | English Settlement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。