2018年08月20日

間近になったライブについての、モールディングのインタビュー

 Facebook のグループ TC&I に掲載された、Kieron Bowker さんのモールディングへのインタビュー: 
ライブについてのこと 
https://www.facebook.com/groups/433386610411385/?ref=group_header

これからの四日間のショーのチケットが完売したことについてどう思いますか? 
 二人ともこの反応の為に追い込まれてしまったのではないか、と思います。人は、薬缶でお湯を沸かしながら台所で計画したものが次第に大きくなって大変な重要性を帯びて来るだろうとは思いもしないものですからね。 

追加の日程については何かお考えは? 
 追加をするのは、理由があってのことでしょうね。ただ、あの日ということは、アートセンターが用意できるのは他には無いということだと思います。何しろ、子供向け芝居のシーズンになりますからね。その日でなければ、大切な日の前後で私がビルボ・バギンズになって旅行をし続けることになるでしょうから。 

携帯でショーを記録するファンについてはどう思いますか? 
 動画で撮るということですか? 撮影しないでくれたら、それは本当に私たちを想ってくれているのだなあと思います。本当に嫌ですね。レンズにキャップをしないでいる携帯を手にした人たちがいるだろうとは思います。でもね、私たち二人は63歳でね、ちょっと品がなく欠点がままありますからね、それは分かって欲しいですね。 

ライブのレコーディングはされないのですか? 
 きっと録音されると思います。 

今回のショーの後ですが、イギリス以外でのショーの計画がありますか? 
 海外でのライブですか?、、、 残念ですけれど、ないでしょうね。海外に行かないのには、個人的な理由があるのです。皆さんがその理由を知れば納得されるだろうとは思いますが。…、でも、今の歌に熱中していることをやめたくも無いので、何か妥協点が必要だったのですけれど、、、 

長いブランクの後の初めてのライブですけれど、何か思うことがありますか? 
 トッド・ラングレンは、スタジオでのある一瞬が取って置かれているのだが、それが、私たち XTC の存在の全てだ、と言っていました。そう考えると、今回のライブはちょっと無くてもいいということですかね。あの頃の XTC であった瞬間はレコードになっています。でも、その瞬間を他の人がどうやってそのまま出来るでしょうね? 自分たちなりの素晴らしい瞬間を創り出す方がずっと好いでしょう。私たち四人( コリンとテリーと、Steve Tilling さん、Gray Bamford さん )は、レコード版には敬意を払っていますよ、でも、私たち独自のことをするつもりです。四人とも、15歳の様には聴こえないでしょうからね。
posted by ノエルかえる at 17:34| Comment(0) | Great Aspirations | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。