2020年05月22日

パートリッジは covid19 に罹っていた?

 先の『 Wasp Star 』記念日の記事にリンクした、ローリングストーン誌のインタビューで、パートリッジが近況を話している部分があったので、
その部分の訳: 

何か新しい仕事をしていますか? 

残念なのですが、この冬の大雨で私のホームスタジオのドアが変に曲がってしまったと言うのが現実なのです。それを直して貰うことも出来ませんでした。六週間も床に就いていたからなのです。私は、それがこれまでの中で最悪のインフルエンザだと思っていました。でも、今は、あれはコロナヴィルスだったのだと思っています。 
二月から三月を通して、もう何も出来ませんでした。それに、ウィルトシャーは、ひどい、ひどい、ひどい雨だったのです。それで、スタジオのドアを開けることが出来なくなっていたのです。シェッドのドアです。起き上がれる様になってやっと、大工に頼んだのです。大工は「新品のドアと新品の鍵が要りますね、まるっきり壊れてますから」と言ってました。ですから、スタジオに入れはするだろうけど、入ったら入ったで、ドアを閉められないのではないかと思うと、遠慮してしまいますね。ヘッドホーンをして仕事をしないとしけませんから、ロックダウンで近所の方たちは庭にいますからね、それに、歌っているのを聞かれたくもないですから。 
それでも、していることというのは、私が他の歌手の為に書いたのに没にされた歌が何百もありますからね、それなのです。それをホームスタジオに持ち込んで、きちんと仕上げられたら、シリーズでリリースしようかと思ってます。仮題ですけれど、『 My Failed Songwriting Career 』です。  



posted by ノエルかえる at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。