2020年06月01日

『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 』記念日

 1967年6月1日、ザ・ビートルズは、アルバム『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 』をリリース、今日は記念日、53年前。 



1967年は、武満徹の『 November Steps 』が作曲、初演された年。  
ジョン・コルトレーンは、『 Expression 』を発表。でも、7月17日に亡くなっている。



1967年6月1日の東京の天気は、一日晴れで、最低気温は18.6℃で最高気温は28.2℃だったそう。 
それから、木曜日だから、夜の7時半から『チャコねえちゃん』が放送されていた筈。第9回「素晴しいお買物」。 
それから、月齢は22.5の下弦の月で、左半分に光が当たって右半分が影のハーフシャドー。 
でも、日本盤発売は、7月5日の水曜日だから。 
7月1日と2日のテレビ欄は、web上にあるのだけれど: 
http://y-asaka.cool.coocan.jp/frame08A.html 







posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

バーンハートさんの「 Red 」についてのインタビュー、適当に続き

 前の続き、目が疲れたからやめたところまで 





パートリッジ「ほんの僅か、二回もはなかったかもしれないと思います。ショックだったのは、彼はそのことについて誰にも話していなかった、と言う事実なのです。彼は、突然、サックスを持ってきたのです。ステージのリハーサルはしたと思います。でも、キーボードでリハーサルをした筈です、、、あるいは、リハーサルをする必要はなかったか、、スタジオからロードへ直接行きましたからね。そう言うことです。兎も角、彼は誰ともサックスを使うことについて話し合ってなかったのです。まあ、彼がキーボードを持ってきていたのなら、「この曲とこの曲では、キーボードを使わないつもりだからね、サックスを吹くんだ。」と言うことになっていたでしょうけれど。」 
バーンハート「それはちょっと理解しかねる話しなのですが。」
パートリッジ「ずっと昔のことですからね、30年くらいですか。先にも言いましたけれど、私はある面では、スリルを感じていたのです。「やったね、サキソフォンじゃないか!」と思っていたのです。バリーのサックスは、最高の時には、アルバート・アイラーの音の様でしたよ。けれども、最低の時では、ハリケーンの中でか、ガード下でサックスの吹き方を練習してる様に聞こえましたね。私の中のある面は、「冗談じゃないぞ、まるっきりレコードと違うじゃないか!」と思っていました。」 
バーンハート「キーボードは、音響空間を満たすことが出来ますからね。」
パートリッジ「ええ、一度に一音しか出せないサクソフォンとは反対ですよね。 
 それでも、「やったぜ、彼はサクソフォンを持ち込んだぞ、途端に、全ての曲が「まるっきり」違ったものに聴こえるぞ。」と思ったのをよく覚えています。それで、今でも私は、誰かがその時の彼がサクソフォンを吹いたツアーを録音したものでブートレグを出さないだろうか、と思っているのです。私は、まだ一度も、彼がサクソフォンを演奏した録音を聞いたことがないからです。本当に、バリーはサクソフォンを吹いたのですよ。」 
バーンハート「この記事を読んで、誰かが反応すると面白いのですが。」
パートリッジ「それでと、私の汚れたノート[ 原文:dusty parchent ]に戻ると…」 
バーンハート「それは、カントリーのシンガーですか?」
パートリッジ「( 一声笑う )、ダスティ・パーチメントですか? ははあ、メンフィスで一アルバムを一枚出しているのですかね? 飾り気がまるでない音のレコードなのでしょうね。」 
バーンハート「( 笑いながら )、リヴァーブなんか全然かかってないですよ。」
パートリッジ「アルバムを代表する曲は、「 Dead Sea Scroll Over Beethoven 」ですね。歌詞は、「 Hail, Hail Rock and Scroll 」かな? 
 ご存知かなと思うのですが、私たちは、この歌はアビー・ロードの第二スタジオで録音したのです。アルバムの殆どは、第三スタジオで録音しました。施設の中では一番小さいスタジオです。まあ、兎に角、アビー・ロード・スタジオに入った時に、私はジョン・レッキーにこう言ったのです。「さて、この歌だけど、ほんとに姦しいものにしたいんだ。大騒ぎじゃないと駄目だ」。するとジョンは「第二スタジオが借りれれば…」と、それで私が、「第二スタジオって?」と尋ねたのです。その時には、私は、ビートルズの詳細を知らなかったのです。私はですね、当時では、ビートルズのフォブフォーは、正面に四つのドアがある、ちょうど私たちが使ったスタジオくらいの大きさの、大きな家に住んでいるのだと思っていたのです。[ 映画『 Help! 』の中の一場面。 ] 
 それで、ジョンが答えました、「ビートルズがレコーディングに使ったスタジオだよ。話が通ればいいんだけどねえ。連絡はしょっちゅうしているんだけどね」。彼は、以前はアビー・ロード・スタジオ付きのエンジニアだったのです。それから、「第二スタジオが二、三日でも使えないか聞いてみよう、あそこはもっと広いからもっとたくさんの間接音用のマイクを設置出来るからね。そうすると、もっとライブっぽく、もっとエキサイティングな音になるから」と言ったのです。 
 それで、私たちはそうしました。荷物をまとめて第二スタジオに移動して、暫くそこにいたのです。勿論、そこがビートルズがレコーディングをしたところだと言うことが、私にはピンとこなかったのです。でも、エンジニアの内の誰か、「何かの装置を操作する」人なのですが、エンジニア達がその装置をなんと呼んでいたか思い出せませんが、あちこち歩き回ってマイクを設置したのはその人なのですが、金物屋が着る様な短い茶色のコートを着てましたけれど、その人が、マイクを設置しながら、「これがビートルズのハルモニウムだ。このパーカッションはビートルズのどの曲で使われたんだ」と言っていましたよ。 
 正直に言って、その時の私は感銘を受けませんでした。私にとっては、ビートルズは過去の遺物だったのです。もっと後になって、ビートルズのことをより深く理解したのだと思います。ソングライティングのことをより自覚して分かってくる様になった時なのです、その時に、私自身がどれだけ多くのものをビートルズに負っていたのかに気が付いたのです。そうなると、ビートルズの歴史と彼らの技術面にもっと興味を持つ様になったのです。ですが、『 Go2 』を制作しているときでは、ビートルズは過去のものでした。私は興味を持ってなかったのです。何と怒れる若者だったのでしょう、私は。」 
バーンハート「年齢的には当然のことではないでしょうか?」
パートリッジ「その歳で、どれだけ怒っている乙女だったのでしょう、私は! 分別のある余裕のある大人の男になるまでには…」 




追記( 5月31日 ):これを読んで思ったこと、アルバート・アイラー( 1970年死亡 )とビートルズの活動期間はほぼ同じなのだけれど、1978年の頃二十歳過ぎの青年には、ビートルズは過去で、アルバート・アイラーは現在だったんだなあ、と。 
と、ポップ・グループは、まだデビュー前だったと思うけど、XTC がフリー・スタイルのサクソフォンを加えた編成になっていたら、どうなってたかなあ? 

と、アルバート・アイラーは、1970年11月に、自由の女神像近くで入水自殺したのだけれど、XTC の「 Statue of Liberty 」は、多分、全然関係ない。  

訂正:( 5月31日 ): 
私たちは、アビー・ロードの第二スタジオで録音したのです。

私たちは、この歌はアビー・ロードの第二スタジオで録音したのです。


まあ、兎に角、その第二スタジオに入った時に、私はジョン・レッキーにこう言ったのです。 

まあ、兎に角、アビー・ロード・スタジオに入った時に、私はジョン・レッキーにこう言ったのです。  


読んでいた 

呼んでいた 
posted by ノエルかえる at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

バーンハートさんの「 Red 」についてのインタビュー、適当に続き

 前の続き、鼻水が落ちるので止めたとこまで 



バーンハート「では、第二ヴァースは、「 You better watch your lead boys 」となっています。」
パートリッジ「それは違いますね。「 blood 」です。」 
バーンハート「ああ、それで意味が分かりました。「 You better watch your blood, boys / it's already in your veins / Did you ever see the color / iron turns when it rains. 」」 
[ チョークヒルのサイトに掲載の歌詞も、既に訂正されています。 ]
パートリッジ「ええ、「 Red 」!」 
バーンハート「理に適っていますね。それでは、ブリッジですが、「 It's not a gross infatuation / It's not a fear, it's not a crush / It's not any special nation / But even now they make me blush. 」です。」
パートリッジ「そこは合ってます。話しましたけれど、歌詞が先の歌ではないのです。怒りについてのある思いつきがあったのです。」 
バーンハート「でも、そこの行では、かなり理知的になっていますが、思いつきがそれ自体を消化して…」
パートリッジ「そうですよ、ポップは、自分を食べるのです。」 
バーンハート「( 笑う )、それはそうですね。でも、貴方を苛立たせる怒りなのですが、もちろん貴方は怒るべきではないと分かっていらっしゃるのですが、支配を企む者たちの操作と、それについての貴方の知識は、貴方を怒らせて…」
パートリッジ「そうです。貴方が怒ると、支配を企む者たちの勝ちなのです。ですから、そう言うことについて怒るのを止めないといけないのです。怒るだけと言うのには反対ですね、、そういうことについて、何かの行動だけをするのです。貴方の言う通りですね、そのもの自身を食べてしまうのです。まったく、自分の顔に唾をかけるようなものですね。( 笑う )。 
 歌詞には、「共産全体主義に気をつけろ」と言う意味も少し入っています。と言うのはですね、1970年代の終わりに、イギリスが両極に分かれてしまったのを、私は目撃したのですから。人々は、極端な右翼か、極端な左翼になってしまったのです。それで( 一声笑う )、私は右翼が良いと言うのではありませんよ、だって、よくないですから、兎に角、極端なのです。まあ、ロシアとチャイナの機構全体はですね、私には、とんでもないものに思えるのです。でも、大学に行くとですね、学生たちは、チェ・ゲバラのTシャツを着て、『毛主席語録』を携えているのです。」 
バーンハート「どう言うことなのか、何が起こるのかを考えずにですね。」

パートリッジ「そうですね。実際、今日ラジオで面白い話しを聞いたのです。「キャピタリズムとコミュニズムの違いは何か? キャピタリズムは他人がある人から搾取することであり、コミュニズムはその逆である。」、( 笑う )」 
バーンハート「( 暫く笑う )、それで、この歌を書こうと思い立った理由は何ですか? 「 Complicated Game 」のことをお話しになった時には、自分の仕事がコントロール出来ないと感じたと言われたのですが、これもその様なことですか?」
パートリッジ「怒りの歌を書きたかっただけだと思いますよ。当時、私は怒りについてずっと考えていたのです、それに赤と言う色が担っている性質を考えていたのです。「see red [ 激怒するの意味 ]」「 red mist [ 激しい怒りの意味 ]」と言う表現、どれもが怒りを表しているのです。それで、こう考えたのです、「支配を企む人々が人に何かをさせようとしている場合、その人が「 see red 激怒する 」ことをしない様にすれば、支配を企む人々がさせようとしている計画を挫くことが出来る、その人が怒れば、彼らが勝ってしまう。」と言う考えです。怒りは、時には問題ないのですが、でも、相手よりも自分自身を傷つけてしまい勝ちなのです。 
 それにですね、私は、もうどうしようもない程にやかましい歌を書いてみたかったのです。それは十分に出来たのではないかと思っています。なのですが、今日聴いてみてですね、ギターの弾き方が随分と控えめに聴こえて驚いたのです。( 笑う )」 
バーンハート「その通りです。ギターは、四つの楽器の内で一番控えめです。」
パートリッジ「ええ、私は、曲を通してずっとリズムを推進させることだけに執着していました。それに、この曲では、キーボードが使われていません。」 
バーンハート「バリー・アンドリュースさんはサクソフォーンを吹いているのですよね。」
パートリッジ「彼はサックスを吹いています。実際彼は、ツアーに、キーボードを置いてサックスを持ってきたのです。ツアーに出るまではそのことに気がつかなかったのです。突然、たくさんの曲で、彼はサックスを吹き始めたのです。それで、「どうすんの、ファンはキーボードが気に入って遣って来ているのと言うのに、サックスを持ってくるなんて!」と言うことになったのです。」 
バーンハート「( 笑いながら )、とても面白いアレンジになったでしょうね。」
パートリッジ「ええ( 笑う )。「 Crosswires 」なんて、ほんと、ぶっ飛んでました。深刻ですよ。 
 実を言うと、私はスリルを感じていました。でも、問題があったのです。バリーは、サックスをちゃんとは吹けなかったのです。」 
バーンハート「いつのことですか? 『 Go2 』をリリースした後ですか?」
パートリッジ「ええと、アルバムのプロモーション・ツアーの一部だったことは確かです。」 
バーンハート「貴方が「キーボードに戻れよ」と言うまでに、どれくらいのステージがあったのですか?」
パートリッジ「そうですねえ、覚えていません。」 
バーンハート「30回ですか? 3回でしょうか?」  


28日ちょっと訂正
posted by ノエルかえる at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

今日はそんな日だったんだ:Amy Johnson

 1930年5月24日、エイミー・ジョンソンは、女性としては、初めて単独でイギリスからオーストラリアに飛行し、ダーウィンに到着した。 

Amy Johnson : Wikipedia 

なので、XTC「 That's Really Super, Supergirl 」。  

posted by ノエルかえる at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

パートリッジは covid19 に罹っていた?

 先の『 Wasp Star 』記念日の記事にリンクした、ローリングストーン誌のインタビューで、パートリッジが近況を話している部分があったので、
その部分の訳: 

何か新しい仕事をしていますか? 

残念なのですが、この冬の大雨で私のホームスタジオのドアが変に曲がってしまったと言うのが現実なのです。それを直して貰うことも出来ませんでした。六週間も床に就いていたからなのです。私は、それがこれまでの中で最悪のインフルエンザだと思っていました。でも、今は、あれはコロナヴィルスだったのだと思っています。 
二月から三月を通して、もう何も出来ませんでした。それに、ウィルトシャーは、ひどい、ひどい、ひどい雨だったのです。それで、スタジオのドアを開けることが出来なくなっていたのです。シェッドのドアです。起き上がれる様になってやっと、大工に頼んだのです。大工は「新品のドアと新品の鍵が要りますね、まるっきり壊れてますから」と言ってました。ですから、スタジオに入れはするだろうけど、入ったら入ったで、ドアを閉められないのではないかと思うと、遠慮してしまいますね。ヘッドホーンをして仕事をしないとしけませんから、ロックダウンで近所の方たちは庭にいますからね、それに、歌っているのを聞かれたくもないですから。 
それでも、していることというのは、私が他の歌手の為に書いたのに没にされた歌が何百もありますからね、それなのです。それをホームスタジオに持ち込んで、きちんと仕上げられたら、シリーズでリリースしようかと思ってます。仮題ですけれど、『 My Failed Songwriting Career 』です。  



posted by ノエルかえる at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Wasp Star 』記念日、今年は20周年

 XTC は、2000年5月22日、アルバム『 Wasp Star 』をリリース、今日は記念日。今年は20周年。 

Chalkhills: XTC: Wasp Star (Apple Venus Volume 2)  

5月2日には、クリントン、アメリカ合衆国大統領が、GPS の非軍事への利用を無制限にすると宣言。 

5月28には、イギリスの数学者、Donald Davies ドナルド・ワッツ・デービスが死去。1924年生まれ、享年75。コンピューターのパケット通信を考案した人。 

翌日、23日に、Eminem エミネムが『 The Marshall Mathers LP 』をリリース、大ヒットに。

『 Wasp Star 』は、Billboard 200 で、108位。  






日本盤は、ポニーキャニオンから、フォーマットが HDCD で、5月17日に、先行発売。 





The Monochrome Set の12枚目のアルバム『 Spaces Everywhere 』がリリースされたのは、2015年。
デヴィッド・バーンのトーキング・ヘッズから数えて十二枚目のアルバム『 Feelings 』がリリースされたのは、1997年。 
The Stranglers の12枚目のアルバム『 About Time 』がリリースされたのは、1995年。  


上の記事は、去年のと同じ。   


今年は、20周年で、Rolling Stone 誌にインタビュー:
XTC's Andy Partridge on 20 Years of 'Wasp Star (Apple Venus Vol. 2)' - Rolling Stone 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

Wallace Stevens 「 The Man With Blue Guitar 」の4訳の訂正

Wallace Stevens 「 The Man With Blue Guitar 」の4訳を訂正しました、 


第五スタンザを訂正、 

だからやはろ、そのままのメロディーは生きているんだ、 
この青いギターから出る部分なる音は生きているんだ。  

だからやはり、そのままのメロディーは生きているんだ、 
この青いギターから出るブンブン鳴る音は生きているんだ。 
posted by ノエルかえる at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

バーンハートさんの「 Red 」についてのインタビュー

 「 Red 」についてのインタビュー、今までの様に部分に分けるのはやめて、いっぺんに投稿しようかと思ったのだけど、長くなると、間違っているところが自分では分からなくなるので、まずは、冒頭のところから投稿しておこうかと、別に内容で分けてもなくて、適当に切っただけ、ああ疲れた今日はここまでと思ったとこまで、 
 なので、カテゴリーは、『 Go2 』にせずに、「日記」で。後日、まとめて『 Go2 』に移そうかな、と。  




バーンハート「「 Red 」について話して下さい。」
パートリッジ「それはですねえ、もう20年も聴いてませんよ。」 
バーンハート「本当ですか?」
パートリッジ「ええ、きっとそうです。あ、待って下さい、「 Red 」を前に聴いたのは、ネヴィル・ファーマー Neville Farmer が『 Song Stories 』を書くためにインタビューをした時でしたね。そうだ、その本が書かれる前に、ディズニーが私に何か言わせたのでした。それで、私は裏表紙に称賛尽くしのレビューを書いたのでした。( 笑う )、それで本が出版された時、「あれ、これ? これで全部だった?」と思ったものです。つまらないクリスマスのプレゼントみたいでしたよ。」 
バーンハート「( 笑いながら )、下着とかですか?」
パートリッジ「ええ、それは素敵ですね。靴下などは、「 Jingle Bells 」が鳴りますからね。ええと、まあ、これで、「 Song Stories 」に私たちがちょっぴり落胆していると言うことを公表してしまったのだと私は思いますね。兎も角、本が実際に書かれる前に、褒めちぎる評を裏表紙に書いてしまったことには、忸怩たる思いを今はしています。こう言う会話は好きなんですけれどね。」 
バーンハート「ええと、「 red 」の「 ryrics 」の話を始めましょう。と言うのは…」
パートリッジ「ああ、貴方が「 ryrics 」と言われたので私は嬉しいです。」 
バーンハート「( 笑いながら )、言ってませんよ。」
パートリッジ「ええ、貴方は言ってはないのですけれどね、でも、「 ryrics 」と言って下さいよ。と言うのはですね、私が自分で所有している「歌詞 lyrics 」の付いている「 Red 」は、日本盤なのですから。数年前に出された、リマスター版のCDのです。封緘紙ほどに薄いリーフレットを引き出してですね、ああ、それには目を見張らされますよ、官能的なほどに極く薄い紙なのですからね、するとそこに、日本人たちは、自分たちがそれが「 Red 」の歌詞だと思うものを書いているのですが、それを目にしたのです。 
 ご存知ですか、日本人という種族の者たちはですね、自分たちのしたいことだけには得意なのですね。最高のものがなされそうだと思われる、ある特定の仕事だけに、彼らは100%専心するのです。分かりますか、リマスター版のパッキングを見てご覧なさい。日本人は、細心の注意を払っているのです。印刷の出来栄えは、瑕疵がないのです。LPのアートワークのCDサイズの複製を作っているのです。それで、日本人は、こんなに細かい文字が読めるのですよ! ( 笑う )、このフォントの大きさと言うのは、日本の平均的な風呂場の大きさですね。 
 もう一つはですね、日本人は、西洋のアルバムに歌詞を付けるのにいつも詰まらない間違いをするのです。何人かのチームを作ってですね、小さな部屋に入って座り、ヘッドホーンを着けて、アルバムを掛けるのです、何度も、何度も、何度も、何度もですよ。それで、日本人が「英語」だと思って聞き取ったものを書くわけですよ。」 
バーンハート「でも、この歌は、耳で歌詞を聞き取るのは難しいでしょう[ イギリス人、アメリカ人にとって ]。」

パートリッジ「ええ、どれも簡単ではないと思いますよ、ですが、この「 Red 」は取り分けて難解なのではないでしょうか、しかもです、轟音の壁に埋もれているのですから。でも、いったいどうしてなのでしょうね。日本人は、イングランドに居る誰かに電話して、「歌詞を送ってくれませんか?」と言わなかったのでしょうか? [ 2001年のリマスターの時点では ]、電話でなくても、Eメールだって出来たでしょうにね。 
 それは置いておくとしてですね、そのとき、私は歌詞を忘れていたのです。それで、「ああ、しまった、歌詞を忘れてしまっているぞ、」と思ったのです。ですから、私は、日本人が歌詞だと思っているものを読み始めたのです、( 笑う )、もう、本当に馬鹿馬鹿しいものなのです! 「 You better watch your techno / It's stood up against a beast / Got to sail us in the sunset / They're ready / God believe 」ですよ、これはいったいどう言う意味ですか? 
 第二ヴァースは「You better watch your linguo / Risten get ready in your way.」。Risten ですよ! 」 
バーンハート「Rの発音ですね。」 
パートリッジ「 Rの音です。しかもです、「 listen 」と言う言葉は歌詞の中では使ってないのにです。作者の私が覚えている限りはですけれどね。いやあ、これは本当に超現実主義的ですね。 
 それから、ミドルエイトの部分は、「 This night / Don't sit pushing bitter / This night / Fear this might crush / This night / You need a central vision / Well even now / We can clash. 」なのです。まったく、( 笑う )、いやあ失敬、シェイクスピア殿! この翻訳は用を成してないですね。 
 具体的には説明が出来ません。ぼんやりとしか覚えてないのです。チョークヒルに書いてないですか? 順々に話してみましょう。」

追記:この後は、バーンハートさんがチョークヒル記載の歌詞を読み、パートリッジが確認していくのだと思います。
バーンハート「第一ヴァースは、「 You better watch your tape, boys. 」ですね。」
パートリッジ「いえ、「 step 」です。」 
バーンハート「ああ、私はそう思っていたのですけれど。それから続きは、「 You better watch your step, boys / It's the tint that angers the beast. 」ですね。」
パートリッジ「だいたいそうですね。」 
バーンハート「次は「 Got their sails in the sunset 」。」
パートリッジ「ええ、as in red sails in the sunset、…」 
バーンハート「それから、「 They've already got the East. 」。」
パートリッジ「そうです、The East is Red! 東方紅、あれは歌ですよね。中国語の歌だったと思います。中国の人たちが人工衛星を挙げて、この歌を地球に送信したのでしたよね。[ https://en.wikipedia.org/wiki/The_East_Is_Red_(song) / https://www.youtube.com/watch?v=RslJ249O_bA ]」 
バーンハート「この歌詞を目にした時、私は、これは「 Millions 」の先駆けなのだろうか、と思いました。」
パートリッジ「それは違います。歌詞中心の曲ではないのです。『 White Music 』の時の書き方のままなのです。主題に沿った抽象的な状景のいくつかを散弾銃に詰めて撃ち放つのです。まるっきり『 White Music 』の声の調子をこの歌では私は使っています。 
 基本的には、怒りの歌です。人々を支配することへ対しての抵抗の歌なのです。支配しようとする者たちは、人々に「怒り」の感情を抱かせることで、人々を支配するのです。そうですね、人々は混乱させられて、必然的に怒りを覚える様になるのです。支配を企む者たちは、人々が怒りを覚えていれば、支配がたやすいと言うことを熟知しているのです。詰まりですね、この歌の核ですが、この歌を煮詰めて一行にすれば、と言うことですね、それは、人々を怒らせるな、と言うことなのです。もし、人々が「怒り」の感情を抱いてしまうと、支配を企む者に負けてしまうからです。 
 それから、赤色についてのてんでばらばらのたくさんのイメージを、メッセージの上に、クッションとして使っているのです。それで、歌詞の残りはなんでしたっけ?」 
posted by ノエルかえる at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

「 No Thugs in our House 」記念日

 1982年5月14日、XTC は、シングル「 No Thugs in our House 」をリリース。今年は38周年。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "No Thugs In Our House"  

 XTC はその前の月の4月3日のライブを最後に、アメリカ・ツアーをキャンセルして帰国していて、Fujimoto『クロニクル』に依れば、5月1日には、コリン・モールディング一人がBBC1のテレビのクイズ番組に出演していて、( その番組では、ビル・ブラッフォードのチームが優勝。 ) 5月3日には、BBC1の音楽番組で、3月に撮影された「 Ball and Chain 」が放送されて、司会の Noel Edmons が3月のパリのステージでアンディ・パートリッジが倒れたことを公言して、、、、 

 当時のイギリスのリスナーたちはどういう風に、シングル「 No Thugs in our House 」を受け止めていたのだろう? ツアー中止事件後最初のシングルだけど。 
 私自身がツアーの中止を知ったのは、いつ頃なのだろう? 次のアルバム『 Mummer 』が出てからだろうか? 雑誌のインタビューで、泊まった安宿で、売春の摘発があって、銃を持った警官が傾れ込んで、他のたぶんアメリカ人の宿泊客たちが直ぐ様床に伏せるのに、一人ぼーっと立っていた、と言っていたのを読んだのは、その頃だったのか??  

 XTC は、8月には、スウィンドンのMechanics Institute theatre で次のアルバムのリハーサルを始めているけど。  

 その頃のイギリスのヒット・チャート1位だったのは、その年のユーロ・ヴィジョン優勝曲の西ドイツの歌手 Nicole の歌う「 A Little Peace Ein bißchen Frieden 」。
Ein bißchen Frieden - Wikipedia 
この年のホストは、イギリスでBBCだけど、これは、画面にorf と見えるからオーストリア放送協会のものだと思うけど?? 
https://www.youtube.com/watch?v=S1ecsnjaECQ  
ブリテンからの参加曲は、 Bardo が歌う「 One Step Further 」 
https://www.youtube.com/watch?v=SuGPWE1UifI


以上の記事は、去年と同じ。   




1796年5月14日、貧しい庭師でたった8歳のジェイムス・フィップス James Phipps は雇い主の医師エドワード・ジェンナー Edward Jenner に牛痘 Cowpox を接種された。   

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

『 Let it be 』記念日

 1970年5月8日、ビートルズは、アルバム『 Let it be 』 をリリース、今日は記念日、今年は50周年。 


Let It Be | The Beatles
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

Azure | Louis Philippe

 ルイ・フィリップの全作品がバンドキャンプに、
「 I Can't Own Her 」が入っている、『 Azure 』も当然に:

Twitterでお知らせが: https://twitter.com/PhilippeAuclair/status/1255248777528709122  

Bandcamp: 音楽 | Louis Philippe   



posted by ノエルかえる at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

The Beatles 「 She's A Woman 」訳の訂正

 The Beatles 「 She's A Woman 」訳を訂正しました、 


ぼくの恋人は、おとなの女だもの、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、おとなの女だもの、夫を愛するんだ。 

ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、わかってるんだ、 
ぼくの恋人は、ただ一介の女だよ、でも、ただ一人の男を愛するんだ。 




The Beatles 「 She's A Woman 」訳  


posted by ノエルかえる at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

6 Lieder nach Gedichten von Georg Trakl, Op.14

 スペイン風邪の頃の作品って何があるのかなあ、と思って、 

 ヴェーベルンの「六つの歌」作品14は、1917年から21年に書かれているから、ちょうどそうなのだろう。ゲオルク・トラークルの詩に付けた音楽。トラークルは、第一次世界大戦の中、鬱病になって、コカインを服毒して自殺したのだけど。ヴェーベルンは、まだ表現主義の頃なのだろう。 
 それから、サティーの『ソクラテス』。17年から18年に書かれたもの。『パレード』は、16年から17年に書かれて、19年に加筆されているけど。 

他にはどんなのがあるか知ら、
 ドビュッシーは、1918年に亡くなっているけど、直腸癌で。55歳で。 
 アポリネールは、スペイン風邪で亡くなってる、1918年11月9日に、38歳で。 

 トリスタン・ツァラの「Vingt-cinq poèmes」は1918年。  


 それで、オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド Original Dixieland Jass Band が最初の商業用のジャズのレコード( 著作権のある )を出したのが、1917年。「Dixieland Jass Band One-Step」。その後に、スタンダーになる、「Tiger Rag」も録音、発売。
 Original Dixieland Jass Band 、Jass というスペル。で、白人だけのジャズバンド。 


posted by ノエルかえる at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 Life begins at the Hop 」記念日 / メシアン忌・『 Nonsuch 』記念日

 きょうは、「 Life begins at the Hop 」記念日で、『 Nonsuch 』記念日で、メシアン忌。


 「 Life begins at the Hop 」は、1979年4月27日リリース。41年前。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Life Begins at the Hop"


 『 Nonsuch 』は、1992年リリース、28周年。同じ日にメシアンが亡くなった、没後28年。
 

追記: 
Wikipedia で、1992 in British music を見ると、 
Alun Hoddinott - Symphony No.9 'Vision of Eternity' と
Jonathan Harvey - Inquest of Love. が。 

アラン・ホディノット は、ウェールズ人で、ウェールズ人として初めて世界的に認められた作曲家と言うこと。1929年生まれ、2008年没。 
アラン・ホディノット - Wikipedia  

ジョナサン・ハーヴェイは、オペラ『ワーグナーの夢 Wagner Dream 』で知られている人。1939年生れ、2012年没。『 Inquest of Love 』は、最初のオペラ?? 
Jonathan Harvey Composer




この年、The Smith の大ファンとしても知られているイギリスの詩人サイモン・アーミテージ Simon Armitage の詩集『キッド Kid 』が出版される。 
アーミテージは、1963年生まれで、2019年から桂冠詩人。若い頃から、Ted Hughes の後継者と目されていた人ということ。詩集『 Kid 』は第二詩集で、大手出版社 Faber and Faber からの最初の出版。本人が言うには、自分は地方の公会堂、クラシックのオーケストラのコンサートもあれば、シェークスピア劇の上演もあれば、有名詩人の講演会もあれば、地元の愛好家の素人演劇もあれば、子供の詩の朗読会もあれば、オエイシスのギグもある、と言うものだそう。若い時には非行少年の矯正の仕事に就いてマンチェスター大学大学院で社会福祉学の修士号を取ったと言うことで、詩の中の暴力的な部分はその頃の経験からかも。修士号は、テレビ番組の暴力シーンが青少年の犯罪に与える影響についてだそう。彼の詩は、アメリカの現代詩、ウィリアムズ、スティーブンス、ウェルドン・キーズなどからの影響があるけど、ビート派には興味がないということ。第二詩集のタイトルと同じタイトルの詩「 kid 」は、バットマンのキャラクター、ロビンの視点で書かれた詩。それで、詩集『キッド Kid 』には、ウェルドン・キーズの「ロビンソン詩篇」、ウォレス ・スティーヴンズ「ブッラクバードを見る十三の方法」を踏まえた詩も、また、北アイルランドの詩人シェイマス・ヒーニーの『越冬』、オーデンの「Look, Stranger」、イェイツの「さまよえるイーンガスの歌」を踏まえた詩も。 
Simon Armitage - Wikipedia
Kid (poetry collection) - Wikipedia  
Kid ≫ Simon Armitage | The Official Website
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

ちょっとメモ:『アザー・ストーリーズ』、『ピカソと音楽』

 レーベル Wergo からのCD『 Other Stories 』。 
サックス、ピアノ、パーカッションのトリオ、トリオ・アッカント[ 名前はラッヘンマンの作品からかなあ? ] のレコード。 
作曲家は、ラッヘンマンとマルティン・シュットラー、桑原ゆう、マルティン・スモルカ、マイケル・フィニスィー。

キングインターナショナルが国内発売、
「サックス、ピアノ、打楽器という編成による現代音楽集。特殊奏法ノイズ見本市のような昔のイメージのままラッヘンマンを聴くと、まったく違う作風に驚かされます。「Marche Fatale」は完全に普通のクラシック音楽。「Sakura mit Berliner Luft」「Sakura-Variationen」では何と自ら、日本語で「さくらさくら」を歌っています。どれも後半に不思議な展開をすることでラッヘンマンの音楽になってはいるものの、他の作曲家がかなり先鋭的な音楽を書いているので、そのギャップに面喰らいます。 」と。 

普通の西洋音楽のラッヘンマンって、どんなだろう、興味がある。 

Other Stories 

WER-7393 | アザー・ストーリーズ | キングインターナショナル  




レーベル、ハルモニア・ムンディからの『ピカソと音楽』 
キングインターナショナルが国内販売。 
HMX-2908980 | ピカソと音楽 | キングインターナショナル 

posted by ノエルかえる at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Burning Shed Support

 今朝見ると、Burning Shed Support からメールがあった。 
これはフィッシングメール。
 アドレスが違っているし、差出人のバーニングシェッドもだけれど、宛先の私の方も、僅かな異同がある。 
 文面も、 Hi で始まっている。バーニングシェッドはこの様な書き方はしない。 追記:注文の確認の時は使っていた。先のお知らせの時はそうではなかったけど。

 先日、顧客データが漏洩したとの通知はあったので、それを使ってのフィッシングメールだと思われる。 

 このブログをご覧の方の中で、同様のメールが届いていた場合は、ご用心ください。 



追記: 
 バーニングシェッドのTwitterを見ると、アクセスが集中している、と。パスワードの再設定をする人が多い様。それで、しばらく後で、と。バーニングシェッドのホームページから、パスワードの変更をするのだと問題ないだろうけど。 
 やはり、メールのリンクは怪しいと思う。来ていたメールは、リンクのアドレスを確認しないまま直ぐにスパムで削除したので、確認できないけど、、、 

 と言うか、バーニングシェッドのパスワードって、自分で設定したものだったかなあ? 覚えてないけど。メモしてあるパスワードは10桁の英文字とアラビア数字のランダムなものだけど、これって、バーニングシェッドが送付したものではないかなあ? だから他のサイトでは使ってないけど、、、
posted by ノエルかえる at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」記念日

 XTC は、1992年4月26日に、シングル「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」をリリース。今日は記念日。今年は、28周年。 [ 日付は、Fujimoto『XTCクロノロジー』に依る。 ]
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Ballad of Peter Pumpkinhead" 

歌詞の訳: 
The Ballad of Peter Pumpkinhead 訳: ノエルかえる不恵留  


 その頃ヒットしていたのは、Right Said Fred の「 Deeply Dippy 」。


 翌27日に、Betty Boothroyd が女性として初めての英国の下院議長になる。

 同年の4月6日に、作家のアイザック・アシモフ Isaac Asimov が亡くなった。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

Dear God (xtc)

https://www.youtube.com/watch?v=oKALhQhCzvI

posted by ノエルかえる at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

皆川達夫

 皆川達夫さん、亡くなったんだあ、、、92歳だったそう、、、  


このところ、YouTubeで、マイケル・ティペットの「青いギターを持った男」をずっと聞いてる、、、 


posted by ノエルかえる at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

「 King for a Day 」記念日

 XTC は、1989年4月17日、シングル「 King for a Day 」をリリース。今日は記念日。31年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "King for a Day"  

歌詞の訳: 
King for a day 訳: ノエルかえる不恵留  

シングルのアートワークは、ギヨーム・ド・ティール Guillaume de Tyr の『 Histoire d'Outremer 海の向こうの歴史』から、エルサレム包囲戦の挿絵。
Siege of Jerusalem.jpg - Wikipedia 

Histoire de la Terre d'Outremer, par Guillaume de Tyr. | Gallica


プロモーション・ビデオは、Tony Kaye が監督で、1989年4月14日、ロンドンのWest Way Studios で撮影。 
mvdbase.com - XTC - "King for a day"  


その二日前の4月15日に、胡耀邦が亡くなる。そうして、天安門事件が起こる。 

この年には、1月に昭和天皇も亡くなっているし、4月には、日本の皇族の生まれで朝鮮の李王室に嫁いだ李方子( 梨本宮方子 ) も亡くなっているし( 4月30日 )、朝鮮王室の王女から日本の宗家( 宗武志 )に嫁いだ徳恵翁主も亡くなっている( 4月21日 )。 


この記事の内容は、昨年のと同じ。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

ヘリコプターの日

 4月15日はヘリコプターの日だそう。 
 レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日だからだそう。1452年生まれで、568歳。 

 

Helicopter 訳   



 YouTubeで、アペルドールンの Berg en Bos のライブでも見ようか? 
1980年8月8日、何だか、ヘリコピターっぽい日付、、、


posted by ノエルかえる at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

ちょっとメモ:『 The Lyrics 1961-1973 』『 The Lyrics 1974-2012 』

 佐藤良明さんの翻訳、ボブ・ディランの歌詞。 
『 The Lyrics 1961-1973 』 
『 The Lyrics 1974-2012 』 
岩波書店、2020年3月刊。 

The Lyrics 1961-1973 | 出版書誌データベース 
The Lyrics 1974-2012 | 出版書誌データベース 

東京都立図書館には収めてある。  


 ビートルズの、特に、ポール・マッカートニーの歌詞も出版して欲しいな。 

posted by ノエルかえる at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

Coronavirus lockdowns have changed the way Earth moves

 ネイチャーの記事、COVID19 で、ロックダウンが行われたので、地震波の雑音が少なくなって、観測がしやすいそう。 

https://www.nature.com/articles/d41586-020-00965-x
posted by ノエルかえる at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

Happy lockdown lunch

 ロバート・フィリップは、妻のトーヤさんと一緒に自宅でロックダウンを楽しんでいるそう。 

https://www.facebook.com/10019268676/videos/518509465529818/?__so__=watchlist&__rv__=video_home_www_playlist_video_list
posted by ノエルかえる at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

XTC 最後のライブ記念日

 1982年4月3日、XTC はアメリカ・サンディアゴの California Theatre で最後のステージ。今日は記念日。38年前。 
 Pat Mastelotto さんは、次の日のチケットを買っていた為、ライブを見逃す。  


記事は去年のまま。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

『 Monstrance 』記念日

 2006年4月2日、アンディー・パートリッジとバリー・アンドリューズは、マーティン・ベイカーと共にアルバム『 Monstrance 』をリリース、今日は記念日。14年前。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

のんさっち宮殿の成層耳公爵

 4月1日は、The Dukes of Stratosphear の最初のEP『 25 O'Clock 』がリリースされた日であり、XTC の『 Nonsuch 』が日本で先行発売された日。 
 『 25 O'Clock 』は1985年4月1日に、『 Nonsuch 』は1992年4月1日にリリース。 
 今日は記念日。 
 『 25 O'Clock 』は35周年。 

 『 Nonsuch 』のイギリスでのリリースは、4月27日。

 1985年には、ブッチ・モリス Butch Morris の『 Current Trends In Racism 』がリリースされている。( 1986年かも? ) 
 このアルバムのセッションには、ブランドン・ロスもジョン・ゾーンも参加している。 
Butch Morris - Current Trends In Racism In Modern America (Vinyl, LP, Album) at Discogs  

 1992年には、フィリップ・グラスが交響曲第一番を作曲。 

( ここまでの記事は去年のまま )

 1985年4月には、Prince の『 Around the World in a Day 』、フレディー・マーキュリーの『 Mr. Bad Guy 』がリリースされている。 
『 Around the World in a Day 』はUS チャート1位になっている。

 1992年4月には、The Cure の『 Wish 』がリリースされ、UK チャート1位になっている。  


 5日後の1992年4月6日には、アメリカの作家、アイザック・アシモフが亡くなっている。 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

皆川達夫さん

 皆川達夫さんがNHKのライジオ番組『音楽の泉』から降板された。昨日の放送が最後だった。でも、朝起きるのが遅くて聞いてない、、、
 吉田秀和さんが亡くなって8年、、、 まだ、吉田秀和さんの98歳には届いてないけど、、、 寂しいなあ、、、
posted by ノエルかえる at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zmarł prof. Krzysztof Penderecki

 クシシュトフ・ペンデレツキの訃報。3月29日に亡くなったそう。享年86。 

Oficjalna strona Krzysztofa Pendereckiego  


posted by ノエルかえる at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

「ポール・マッカートニー作曲術」発売!!

 『ポール・マッカートニー作曲術』  ( 書籍 ) 

Webcat と出版書誌データベースにはまだないので、国立国会図書館にも、
ヤマハ: 
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01095840 
「大変申し訳ありませんが、こちらの商品は弊社品切れ中でございます。」ということ、
もう売り切れ?


http://yoshinobu.noguchi-art.com/column/2020/03/post-18.html
posted by ノエルかえる at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

とうちゃく

 ペーパーバック『 Breathing the same air : A memoir of my time with XTC 』が届く。 
これ、アマゾンの出版ということ? 

 で、今朝は、Amazonを騙る詐欺メールも届く。jksas.com のアドレス。きょうまで、ずっと、LINE を騙る詐欺メールが毎日来てたけど、それはなくて、今日はAmazon。この詐欺メール、アカウントがaccount-update@amazon.co.jpが多い様だけど。  


 それで、読み出して驚いたこと。 
 『 The Big Express 』がリリースされた1984年に Thoms the Tank Engine 機関車トーマスの放送が始まったことは知っていたけれど、ナレーションをリンゴ・スターがしていたなんて、全然知りませんでした! 
 第一回の放送は、10月9日火曜日で、「 Thomas & Gordon [ アメリカ版ではThomas Gets Tricked ] トーマスとゴードン」のタイトル。
お昼の12時と、午後の4時に二回放送されたらしい。
 その日の朝のニュースショー: https://www.youtube.com/watch?v=J5AGGF6lFCo  

 と、ARX って、ホンダのシビックなんだ。
posted by ノエルかえる at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

Dave Gregory has decided to step down from Big Big Train

 Big Big Train のホームページの掲示によれば、デイブ・グレゴリーさんは、バンドを辞めて、アメリカ・ツアーには参加しないのだそう。 

https://www.bigbigtrain.com :

“This has not been an easy decision for me, but after careful consideration I have concluded that I would prefer not to tour internationally with Big Big Train,” Dave comments. “I am proud of the role I have played within Big Big Train and have enjoyed the last decade with the band immensely. I look forward to remaining associated with Big Big Train in the future.”


posted by ノエルかえる at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

「 XTC、さよならヨーロッパ」記念日

 1982年3月18日、木曜日、XTC は、パリの Le Palace のステージに。けれども、一曲目の「 Respectable Street 」の途中で、パートリッジはステージを降りた。それがヨーロッパでの最後のコンサート。2分程はステージにいた。「 when she manages to squeeze in past the 」のところまで歌って、「 caravan 」は歌わずに。

egidio sabbadini さんがYouTubeに投稿してる、フランスのテレビ番組: 
XTC Le Palace, Paris 18 March 1982 Last European Live Concert

https://www.youtube.com/watch?v=yK56TC-UhOM
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

「 Wait Till Your Boat Goes Down 」記念日、40周年

 1980年3月14日、XTC は、シングル「 Wait Till Your Boat Goes Down 」をリリース。今日は、その記念日。今年は40周年。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Wait Till Your Boat Goes Down" 

キング・クリムゾンもシングル「 Cat Food 」リリース50周年記念版と出したということなので、XTC も、、、  



 その四日後の1980年3月18日、ポーランド出身の画家、タマラ・ド・レンピッカ Tamara de Lempicka が亡くなる。81歳。 
マドンナは、レンピッカの作品のコレクターとして有名。

Tamara de Lempicka - Wikipedia

Tamara de Lempicka. 1927 - 1929.


同じ日に、The Jam は、「 Going Underground 」をリリース。3月22日には、全英1位のヒットに。
この曲も、アルバムには未収録でシングルのみのリリース。
Going Underground - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

Let It Be

 映画『 Let It Be 』、9月4日に、アメリカで公開の予定らしい。 

https://twitter.com/DisneyStudios/status/1237747134251720704 


 日本では? 


追記:映画の今度のタイトルは、『 Get Back 』なのね。  
posted by ノエルかえる at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

Breathing The Same Air: A memoir of my time with XTC during the making of The Big Express

 著者の Andrew M Stafford さんが、19歳の時、『 The Big Express 』を製作中の XTC をクレセント・スタジオに訪ねて、二ヶ月も滞在した時の記録らしい。 

アマゾン・ジャパンで:


https://twitter.com/worksovart/status/1238011772285706240


 私は、キンドルを持っていないので、紙の本が出版されるのを待とうかと。 


Andrew M Stafford さんのホームページ: 
http://andystaffordbooks.co.uk
posted by ノエルかえる at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

Garden of Earthly Delights - An XTC Celebration

 トリビュート・アルバム『Garden of Earthly Delights - An XTC Celebration』、全部で49曲、その内、CDでは32曲で、残りの17曲がダウンロード版だけなので、ダウンロードで購入。 

 で、iMac、カテリーナになったら( いつのまにかなってた、、、 )、iTunesがなくなたので、VLC で再生。内容はとっても良い。以前の『 A Testimonial Dinner 』よりも良いと思う。 
 コリンの歌が多い印象も。 


 例えば、「 Mayor of Simpleton 」のアレンジなどは、全くの「正解」のように思える。まるっきりのアメリカン。シットコムの主題歌の様。テレビの画面が目に浮かぶ様、ハゲでブヨブヨデブの市長さんと、彼の14歳のロックバンドをしている娘が毎回ドタバタ、最後は、「 I love you 」で終わり。
https://futuremanrecords.bandcamp.com/track/mayor-of-simpleton 


 秀逸なのは、「 X wires 」かなあ、、
posted by ノエルかえる at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

English Settlement ツアー開始記念日

 XTC の最後のライブ・ステージ、『 English Settlement 』のツアーが始まったのは、ベルギーのブリュッセルからで1982年3月7日のこと。 
( その前に、ドイツのハンブルグで、ドイツのテレビ番組『 Rockpalast 』の為のライブ・ショーがあったけれど。 )  

 ツアーでは、3月18日のパリのル・パレスでのコンサートの時に、パートリッジは、一曲目の「 Respectable Street 」のイントロだけでステージから降りてしまう。 
 ツアーは、ヨーロッパのあと、アメリカへ。4月3日のサンディエゴでのコンサートが最後。 


posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

XTCクロノロジー

posted by ノエルかえる at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Mr. Partridge: Take Away / The Lure of Salvage 』記念日

 1980年2月29日、アンディ・パートリッジは、アルバム『 Take Away / The Lure of Salvage 』をリリース。今年は40周年。 
閏年、オリンピック・イヤー、1980年はモスクワ・オリンピックで、多くの国がボイコット。今年はトーキョーで、、、 
( 10回目の閏年、オリンピックは、ロサンゼルス、ソウル、バルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロの各都市で。 )

Chalkhills: Mr. Partridge: Take Away / The Lure of Salvage 

デヴィッド・バーンがブライアン・イーノと共作した『 My Life in the Bush of Ghosts 』は、1981年2月。 


坂本龍一の『 B-2 Unit 』は、1980年9月21日リリース。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

EXTC Plus Special Guests

 EXTC のライブのチケット、プラス・スペシャル・ゲストと書いてある。 
https://twitter.com/LimelightXTC/status/1232694803101605890
スペシャル・ゲストというのは? ピンク・フロイドだと、「コンフォタブリー・ナム」を歌うのに、例えば、デビッド・ボウイが出演したりしてたけど。
「がんばれナイジェル」を歌いにスティングが遣って来たりする???? 



と、思ったこと、
『 Contaminated Pop 』という題名のアルバムを出したバリー・アンドリュースは預言者か?
posted by ノエルかえる at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Oranges & Lemons 』記念日

 1989年2月27日、 XTC は、『 Oranges & Lemons 』をリリース。今日は記念日。31年前。 
Chalkhills: XTC: Oranges & Lemons 

日本盤は、LPはなくて、CDで、ビクターからリリース。1989年2月21日。( なので、先行発売?)


 この日の出来事、ベネズエラの首都カルカスで大規模な暴動が発生( Caracazo )。軍隊が発砲し、多数の死傷者が出た。
「 Here Comes President Kill Again 」 
( XTC は、1981年4月29日と30日、カラカスでコンサートを行っているけれど、29日のコンサートでは、民衆と武装警官隊の間に挟まれて、非常に危険な思いをしている。 )



 この日亡くなった人、動物行動学者のコンラート・ローレンツ Konrad Lorenz 。享年85。 

 1989年のカーニバルは、2月5日か知ら? 告解火曜日 Shrove Tuesday は2月7日。  


 その頃、イギリスでは、ニュー・オーダーのアルバム『 Technique 』がヒットしていた。 

 Talking Heads は、前年の1988年にアルバム『 Naked 』を発表している。解散を公表はしていないけれど、これがバンドとして最後のアルバム。 
 Ramones は、ディー・ディー・ラモーンの在籍した最後のアルバム『 Brain Drain 』をリリース。 
 Shriekback は、前年の1988年に『 Go Bang! 』をリリース。 
 エルビス・コステロが、直前の1989年2月6日に、アルバム『 Spike 』をリリースしている。

 トム・ヴァーレインは、1990年に、アルバム『 The Wonder 』を発表している。

 オーネット・コールマンは、1988年にアルバム『 Virgin Beauty 』を発表している。  

 マドレデウスの『 Existir 』は、1990年。 

 姜泰煥の『 Korean Free Music 』も1989年。

 マーク=アンソニー・タネジ Mark-Anthony Turnage は、1989年には、ソング・サイクル『 Some Days 』と管弦楽曲『 Three Screaming Popes 三人の叫ぶ教皇 』を完成。

アンドルー・ロイド・ウェバーのミュージカルは、『 Aspects of Love 』。  

 1989年には、’87年に亡くなったモートン・フェルドマンの『 Triadic Memories 』が高橋アキの演奏で、コジマ・レコードからリリースされている。( 作曲は1981年。 )
 細川俊夫は、1987年に、オーケルトラ曲『遠景I』。’88年に『記憶の海へ ヒロシマ・シンフォニー』。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

『 Apple Venus 』記念日

 1999年2月22日、XTC は、アルバム『 Apple Venus 』をリリース、今日は記念日。21年前。 
日本盤は、2月17日に。
Chalkhills: XTC: Apple Venus Volume 1 

 
 できごと、その翌日の1999年2月23日、イギリスの「女性」作曲家、ルース・ギップス Ruth Gipps が死去。ギップスは、1921年2月20日生まれ、享年78。作曲は、ゴードン・ジェイコブ、ヴォーン・ウィリアムスに師事。調性音楽。五曲の交響曲がある。調性だけれど、構成は複雑で、そういうところ、イギリスのプログレッシブ・ロックの土壌になっているのかも。

 1999年2月15日、ミネソタの州知事ジェシー・ベンチュラ Jesse Ventura は、2月25日を「ローリング・ストーンズの日」と宣言。ジェシー・ベンチュラは、元プロレスラーだけれど、ローリング・ストーンズのボディーガードだったことも。定着しているのかどうかは分からない。その日一日だった???  




 ジョー・ジャクソンは、1999年に、交響曲第1番を作曲。 
Symphony No. 1 (album) - Wikipedia
 アラン・ホディノット Alun Hoddinott は、交響曲第10番を作曲。 
 シュトックハウゼンの『光の中の日曜日』。

 1999年には、サンタナの『 Supernatural 』がリリース。 
 ジョン・ゾーンは『 The String Quartets 』。
 アート・リンゼイ は『 Prize 』。 

 Sainkho Namtchylak の音盤がオーストリアのレーベルからリリースされたのも1999年。『 Aura 』。ホーミーの女性ヴォーカル。 

 『 Mamma Mia! 』のミュージカルが初演の年。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

EXTC at Edinburgh

 EXTCは、エディンバラでのライブも決まった様。このまま、ツアーになるかも。 

日本からも大ファンの方が行かれるかも。 


posted by ノエルかえる at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

EXTC

 スウィンドン市にあるライブハウス The Victoria で、3月8日に、テリー・チェンバースがリーダーのバンド、EXTC がライブをするそう。 

メンバーは、Steve Tilling 、Gary Bamford、Matt Backer 、Ken Wynne。   
ニック・メイソンも Saucerful of Secrets という名前のバンドを設けて、初期ピンク・フロイドの曲を演奏しているし。ツアーもして、ライブ録音をCDにもしてるし。 
EXTC にもライブ・アルバムを期待出来るのかも。 
ここに追記:Nick Mason's Saucerful of Secrets には、ロジャー・ウォーターズが一度だけゲスト出演して一曲ヴォーカルをとっているので、EXTC でも、ツアーをすれば、アンディー・パートリッジが一度だけゲスト出演して歌うなんてこともあるかも。


日本からも大ファンの方が行かれるかも。 


追記: 
EXTC、Twitterのアカウントも: 
https://twitter.com/EXTCBand  


追追記: 
上記のTwitterのコメントによれば、
EXTC の新曲もあるとのこと。ライターは、テリー?? 

posted by ノエルかえる at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

『 English Settlement 』記念日

 1982年2月12日金曜日、XTC はアルバム『 English Settlement 』をリリース、今日は記念日。38年前。

Chalkhills: XTC: English Settlement 

 Talking Heads は、1980年に『 Remain in Light 』を発表してから、次の『 Speaking in Tongues 』を1983年に発表するまで3年間の間があった。1982年には、ライブ・アルバムの『 The Name of This Band Is Talking Heads 』を発表している。  
 The Police は、81年に『 Ghost in the Machine 』、83年に『 Synchronicity 』( バンドとして最後のアルバム )。 
 The Jam は、82年に『The Gift 』( バンドとして最後のアルバム )。
 The Stranglers は、81年に『 La folie 』、83年に『 Feline 』。

 トム・ヴァーレインは、1982年には、アルバム『 Words from the Front 』を発表している。 

 オーネット・コールマンは、『 Of Human Feelings 』を1982年4月にリリースしている。 

 マイケル・ジャクソンの『 Thriller 』も82年。Prince の『 1999 』も82年。 

 ブラック・ユフルは、『 Chill Out 』。  

 フレッド・フリスとクリス・カトラーとダグマー・クラウゼの Art Bears の2枚目のアルバム『 The World as It Is Today 』は、1981年。

 マイケル・ティペットはオラトリオ『 The Mask of Time 』、キャヴィン・ブライアーズはオペラ『 Medea 』を完成。 
 スティーヴ・ライヒは『 Vermont Counterpoint 』。フィリップ・グラスは『 Glassworks 』。 
 武満徹は『星・島』。 
 近藤譲先生は、『 Duo 』『 Forme semée 』『 Trio ( Moor ) 』

 アンドルー・ロイド・ウェバー作曲のミュージカルは、『 Song and Dance 』。



 五日後の1982年2月17日、ピアニストのセロニアス・モンク Thelonious Monk が亡くなった。 

日本盤は、同年4月21日に、ビクターからリリース。10曲収録の一枚アルバム。 
雑誌『ロッキングオン』1982年5月号に、「ゆるがぬ自律精神 XTC の新作「イングリッシュ・セトルメント」」と言う記事、市川哲史さん。 
雑誌『ミュージックマガジン』1982年6月号のクロス・レヴューの蘭で、中村とうようさんは、『イングリッシュ・セトルメント』に9点。 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

Peter Sekin

 角膜の炎症は繰り返して起こっている。 

 ピーター・ゼルキンが亡くなった。いつだったか、入院してた時に、彼のゴルトベルグを聞いていた様な気がするけど、間違った記憶だろうか。タッシ Tashi のレコードは、武満とウェーベルンの作品のものをよく聞いていた気がする。 
https://www.discogs.com/Tashi-Serkin-Webern-Takemitsu-Webern-Takemitsu/release/3256398 

 ピエール・ギュヨタ Pierre Guyotat も亡くなった。 


 それで、シェリークバックの新しいアルバム、15枚目のアルバムがリリースされた様。『 Some Kinds of Light DL 』。
https://www.shriekback.com/store


 それに、Futureman records から、XTC のトリビュート・アルバムがリリースの予定当こと。
https://futuremanrecords.bandcamp.com 
 カタログにはまだなのかな? 


posted by ノエルかえる at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

『 Where Did The Ordinary People Go? 』記念日

 XTC の最後のシングル「 Where Did The Ordinary People Go? 」は、Idea からは、2006年2月3日にリリース。記念日。14年前。  


posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

『 White Music 』記念日

 1978年1月20日、XTC はデビュー・アルバム『 White Music 』をリリース、今日は記念日、42年前。
日本盤『気楽にいこうぜ』は、3月25日にリリース。 

Chalkhills: XTC: White Music 

同じ日に、ビルボードのNo.1のヒット・アルバムになるスコットランドのソング・ライター Gerry Rafferty ジェリー・ラファティーの二枚目のアルバム『 City to City 』がリリースされている。 

City to City - Wikipedia 

 それから、1978年1月には、パット・メセニー・グループのファースト・アルバム『 Pat Metheny Group 』もリリースされている。 
 ECMからは、1978年にスティーブ・ライヒの『 Music for 18 Musicians 』がリリースされている。月までは分からない。 
Music for 18 Musicians - Wikipedia 

 近藤譲先生は、1978年には、『 Strands I 』と『 A Crow 』を作曲、公演。 


 

ストラングラーズは、5月12日に、三枚目のアルバム『 Black and White 』をリリース。
Black and White (The Stranglers album) - Wikipedia
アートワークは、『 White Music 』と共通するところがあるか知ら?
ワイヤーのデビューアルバム『 Pink Flag 』は、前年の1977年11月にリリース。 
Pink Flag - Wikipedia 
ベイシティーローラーズは、6枚目のアルバム『 Strangers in the Wind 』をリリース。
Strangers in the Wind - Wikipedia

トーキングヘッズは、デビューアルバム『 Talking Heads: 77 』が1977年9月16日、2枚目の『 More Songs About Buildings and Food 』が1978年7月14日。 
サザンオールスターズのデビューアルバム『熱い胸さわぎ』は、1978年8月25日にリリース。 

ブライアン・イーノの『 Before and After Science 』は、1977年12月にリリース。 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする