2018年05月22日

『 Wasp Star 』記念日

 XTC は、2000年5月22日、アルバム『 Wasp Star 』をリリース、今日は記念日。18年前。 

Chalkhills: XTC: Wasp Star (Apple Venus Volume 2)  

5月2日には、クリントン、アメリカ合衆国大統領が、GPS の非軍事への利用を無制限にすると宣言。 

5月28には、イギリスの数学者、Donald Davies ドナルド・ワッツ・デービスが死去。1924年生まれ、享年75。コンピューターのパケット通信を考案した人。 

翌日、23日に、Eminem エミネムが『 The Marshall Mathers LP 』をリリース、大ヒットに。

『 Wasp Star 』は、Billboard 200 で、108位。  



上の記事は、去年のと同じ。


日本盤は、ポニーキャニオンから、フォーマットが HDCD で、5月17日に、先行発売。 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

アンディ・パートリッジの新作かもしれない

 アンディ・パートリッジがTwitterに「 Been signing postcards, lots of them, 」とコメント。 
これは、バーニング・シェッドからのものだろうけれど、サラウンド・シリーズの次のアルバムか、ソロ作か? 

https://twitter.com/xtcfans/status/997796869894963200 

 でも、ラモーンズの名前を挙げていると言うことは、、、ソロ作にはカバー曲を入れていると言うことだから、あるいは、ラモーンズのカバーなのか?
 追記: でも、暫く聞いてなかったと書いてるから、、、
posted by ノエルかえる at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

Fundraiser Andy Partridge

 ロンドンの子供の為の病院、グレートオーモンドストリート Great Ormond Street Hospital 病院の基金を調達しているアンディ・パートリッジと言う人物がいるのだけれど、これは、私が知っているアンディ・パートリッジとは別の人だと思う、、、
posted by ノエルかえる at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうはそんな日だったんだ: アンティキティラの機械

 1902年5月17日、考古学者 Βαλέριος Στάης バレリオス・スタイス は、1901年にアンティキティラ島近くの海底の難破船から引き上げられたものが機械の一部であると気が付いた。それが、アンティキティラの機械と Μηχανισμός των Αντικυθήρων 言われるもの。 


なので、、、XTC『 Black Sea 』

posted by ノエルかえる at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ワスプ・スター』記念日

 2000年5月17日に、日本のポニーキャニオンは、XTC のアルバム『ワスプ・スター』を先行発売、今日は記念日。18年前。

この日には、レミオロメンのアルバム『 HORIZON 』がリリース。日本でダブル・プラチナ。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

きょうはそんな日だったの: L. Frank Baum

 1856年5月16日に、L. Frank Baum ライマン・フランク・ボームが生まれる。162歳。 
 『オズの魔法使い』が発表されたのが、1900年5月17日。 これって、実はロック・ミュージックの源流かも。 

 なので、XTC『 Nonsuch 』。
posted by ノエルかえる at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

「 No Thugs in our House 」記念日

 1982年5月14日、XTC は、シングル「 No Thugs in our House 」をリリース。今年は36周年。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "No Thugs In Our House"  

 XTC はその前の月の4月3日のライブを最後に、アメリカ・ツアーをキャンセルして帰国していて、Fujimoto『クロニクル』に依れば、5月1日には、コリン・モールディング一人がBBC1のテレビのクイズ番組に出演していて、( その番組では、ビル・ブラッフォードのチームが優勝。 ) 5月3日には、BBC1の音楽番組で、3月に撮影された「 Ball and Chain 」が放送されて、司会の Noel Edmons が3月のパリのステージでアンディ・パートリッジが倒れたことを公言して、、、、 

 当時のイギリスのリスナーたちはどういう風に、シングル「 No Thugs in our House 」を受け止めていたのだろう? ツアー中止事件後最初のシングルだけど。 
 私自身がツアーの中止を知ったのは、いつ頃なのだろう? 次のアルバム『 Mummer 』が出てからだろうか? 雑誌のインタビューで、泊まった安宿で、売春の摘発があって、銃を持った警官が傾れ込んで、他のたぶんアメリカ人の宿泊客たちが直ぐ様床に伏せるのに、一人ぼーっと立っていた、と言っていたのを読んだのは、その頃だったのか??  

 XTC は、8月には、スウィンドンのMechanics Institute theatre で次のアルバムのリハーサルを始めているけど。  

 その頃のイギリスのヒット・チャート1位だったのは、その年のユーロ・ヴィジョン優勝曲の西ドイツの歌手 Nicole の歌う「 A Little Peace Ein bißchen Frieden 」。
Ein bißchen Frieden - Wikipedia 
この年のホストは、イギリスでBBCだけど、これは、画面にorf と見えるからオーストリア放送協会のものだと思うけど?? 
https://www.youtube.com/watch?v=S1ecsnjaECQ  
ブリテンからの参加曲は、 Bardo が歌う「 One Step Further 」 
https://www.youtube.com/watch?v=SuGPWE1UifI


以上の記事は、去年と同じ。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

Maisieworld

 きょうは、TC&I の『 Great Aspirations 』を繰り返して。 
とても優しい音で心地いい。

 それで、モノクロームセットの新しいアルバム『 Maisieworld 』のアルバムタイトルと同じタイトルの「 Maisieworld 」を訳そうと思って、もう随分前から眺めてるけど、意味が分からない、、、
 『 Platinum Coils 』から、病気/死のことをテーマにしていると思うのだけれど、それで、「 Maisieworld 」もそうかなと思うのだけど、、、
 モノクロームセットの歌を自分で訳したのは、『 Trinity Road 』の中の歌からだと覚えているけれど、もっと前から、『 Strange Boutique 』から読んでみないと、分からないか知ら、、、 
posted by ノエルかえる at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとメモ: ブーレーズ/ケージ往復書簡

 『ブーレーズ/ケージ往復書簡』   ( 書籍 ) 
J.J.ナティエ/R.ピアンチコフスキ編
みすず書房 

現在、サーバーのハードウェア障害のため、Webcat Plusの全サービスを停止しています。
復旧までには数週間かかる見通しです。ご不便をおかけしますが、
ご理解とご協力をお願いいたします。  

ブーレーズ/ケージ往復書簡:みすず書房 

posted by ノエルかえる at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

Tin Spirits のライブ

 この週末、5月12日にフェスティバル Trinity に出演を予定していた、グレゴリーさんのバンド Tin Spirits だけれど、ヴォーカル、ベースのマーク・キルミンスターさんが扁桃腺だそうで、出演は取り止めになったそう。 
 このステージでは、新曲の三曲も演奏する予定だったので、残念。三枚目のアルバムは、年内にリリースされるだろうか? 

 一方の、Big Big Train は、昨年のライブをアルバムとしてリリースするし、シングルも出るし、ライブは、Blu-ray にもなるし、それに、今年のステージも予定されているし、グレゴリーさんは多忙なのだろう。でも、身体には気をつけて欲しい。 


 それで、アンディ・パートリッジのソロ作はどうなっているのだろう?
posted by ノエルかえる at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

Alvin Lucier

 この最近は、音楽もYouTubeで聞くばかりで、、、 ほとんどは、ウェーベルンなのだけど、クラウス・フーバーもだけど、この一週間くらいかな? Recommended にアルヴィン・ルシエがたくさん上がってるので、それを聞いてる、 
例えば:https://www.youtube.com/watch?v=ufMRGTUJvJs 
 で、Twitterの検索に入れると、ブライアン・イーノのtweetが: 
https://twitter.com/dark_shark/status/992641087037554688 
 イーノが、ルシエの作品をリリースするのかなあ??? 
posted by ノエルかえる at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

「 I'm The Man Who Murdered Love 」記念日

 XTC は、2000年5月、シングル「 I'm The Man Who Murdered Love 」をリリース。日付がわからないので、今日が記念日。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "I'm The Man Who Murdered Love" 

18年前。 

この頃は、3月に発売された、マドンナの「 American Pie 」がヒットしていた。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ちょっと思ったこと

 4月17日に、シーサーは、マイブログをリニューアルしたのだけれど。そうしたら、編集ページが崩れてしまう様になって、キャッシュを削除するだけでは改善もされないので。 ( 端末を新しくして、OSもブラウザも最新のものにすれば良いのだろうけど、、、 )
 とりあえずは、入力は出来るのだけれど。でも、少し思ってしまう。ブログの第一の目的は、自分自身の為のノートなので。自分の所有の端末が故障した時にも安心だし、と言う風に思ってもいたし。実際、ブログだと、後から探すのも楽だったし。 
 でも、例えば、シーサーがサービスを止めてしまった時には、どうすれば良いのだろう、と思ってしまう。記事の大半は、端末に残してはいるのだけれど。「注記」に入れている、パートリッジのTwitterのコメントは、このブログに入れているだけなので、でも、今から、それを別にコピーするのも面倒だなあ、と思う。 
 それに、新聞記事で、「短命のデジタル媒体」と言う記事を読むと、それも合わせて、これで良いのかなあ、と思ってしまう。自分は、元々、ワープロ機が普及した時にも、手書きのノートの方が訂正・推敲した跡が自分でもわかってその方がいいと思ってたのだけど、もう端末でタイプするだけになってるし。XTC の歌詞も、『スカイラーキング』だけは、ノートを作って残しているけど。どうしようかなあ。( 自分のものが後まで残って欲しいと思っているわけでは、もちろんなくて。 ) 
 そうなんだよなあ、CDよりもビニール盤の方が長く残るのだなあ。ストリームなどに提供されている音源はどうなのだろう? 
 それで、XTC については、自分が十代半ばの頃登場して、すぐに夢中になって、幸運にも彼らは長く活動して、更に幸運にも、彼らの仕事は日本のレコード会社からずっと配給されて、これまで、レコード、CDで楽しめていたのだけれど。私個人については、運良く生きていても、もう数十年を楽しめれば良いので。出来る限り、これまでの彼らの12枚のアルバムを楽しむのだろうけれど。( 八十代になっても、何かの機器で媒体を再生して聴き、楽しんだりするだろうか?) その間、また媒体が変わっても、そこにXTC の歌が入っていてくれたらいいのだけれど。 
 でも、XTC の歌は、私個人の人生以降も、出来れば残って欲しいと思う。それで、出来れば、デイブ・グレゴリーさんが音楽を譜面に残して、どこかに纏めて残してくれると良いのだけれど。歌詞は、パートリッジのノートを何所かに保管して欲しいし、モールディングの歌詞もノートがあるのならば、残して欲しい。モールディングの日記もあるのだろうか? ( あ、紙にと言うことだけれど。 )  
 まあ、XTC の歌が古典として残すべき作品なのかどうかは、私には分からない。私は、十代の中頃偶々彼らの登場に会って感化されたのだから、外から評価することはとても出来ないから。 

 以前にも、同じ様なことを書いた気もするけど、最近、物をよく忘れるし、、、


追記:それで、この記事を一旦投稿して、ブログを見たのだけれど、更新されない、、、 早速、不具合??? うううんん?? 
何か間違った??
posted by ノエルかえる at 21:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

竹本住大夫三の訃報

 義太夫の七代目竹本住大夫さんの訃報。 

この「文楽 - Bunraku Puppet Theater」と言うYouTubeのチャンネルは、公式のものなのかしら?? 

文楽「寿式三番叟」 - 竹本住大夫 - Bunraku Puppet 
https://www.youtube.com/watch?v=MwDF20YqH1c 

posted by ノエルかえる at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

The Trio

 4月27日は、『 Nonsuch 』がイギリスでリリースされた日なのだけれど、11:23 - 2018年4月27日 付けのTwitterで、Big Big Train の Greg Spawton さんは、「 One of my top ten all-time favourite albums. Jaw-droppingly good. 」と書いている。 
全時代を通じて選ぶ、私の愛好する十のアルバムの内の一つ。口がぽかんと開いたままになる美しさ。
https://twitter.com/bigbigtrain/status/989933072891240448  


 デイブ・グレゴリーさんのバンド、Tin Spirits を配給するレーベール、Esteric Recording は、リイシューが主な事業でもあるのだけれど、イギリスの Dawn Records ( 1969 - 1975 ) がリリースしていた、John Surman ジョン・サーマン、Barre Phillips バール・フィリップス、Stu Martin ステュ・マーティンのトリオの録音、『 The Trio 』を再版する。 

The Trio - The Trio (Vinyl, LP, Album) at Discogs 

The Trio: Incantation, The Dawn Recordings 1970 - 1971, 2 Disc Edition - Cherry Red Records 


posted by ノエルかえる at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

きょうは

 きょうは、『原子心母』を聴いて、『 Let It Be, Naked 』を聴いて。 
その後は、ヴェーベルンのカンタータを聴こうと思っていたのだけど、 
YouTubeで、フランスの大学生が演奏する『原子心母』、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団がシャトレ座で演奏した『原子心母』を見たら、それで終わった。 
 ピンク・フロイドは、『原子心母』で牛だから、XTC は『イングリッシュ・セトルメント』で馬。 

 あ、忘れてた、ビル・エヴァンスのノルウェーのモルデでのステージもYouTubeで見たのだった。 モルデ、Molde と言う所がノルウェーにはあるんだ。モールディングと関係あるか知ら???? 

 あ、あ、Scatter Me TC&I は、毎日、3回から5回はYouTube で見てる。
posted by ノエルかえる at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 Great Fire 」記念日

 1983年4月22日、XTC は、シングル「 Great Fire 」をリリース。今日は記念日。35年前。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Great Fire" 

歌詞の訳: 
Great Fire 訳: ノエルかえる不恵留  


 この日、ソビエト連邦のクルスク原子力発電所で、燃料棒の装填が上手くいかず、原子炉が停止した。大きな事故にはならなかった様。チェルノブイリの事故は、3年後の1986年4月26日。 

 この日、アメリカのジャズ・ピアニスト、アール・ハインズ Earl Hines が死去。現代ジャズピアノの基礎を築いた人。さらに、現代ジャズの和声を築いた人。1903年12月28日生れ、享年79。 
Earl Hines - Wikipedia 


 それから、セルバンテス忌。ドン・キホーテを書いた Miguel de Cervantes が亡くなった日。没後402年。 


 それと、8日前の4月14日に、デビッド・ボウイの『 Let's Dance 』がリリースされている。 
 それと、一週間前の4月15日に、東京ディズニーランドがオープン。 


この記事の内容は、昨年のと同じ。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

「 King for a Day 」記念日

 XTC は、1989年4月17日、シングル「 King for a Day 」をリリース。今日は記念日。29年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "King for a Day"  

歌詞の訳: 
King for a day 訳: ノエルかえる不恵留  

シングルのアートワークは、ギヨーム・ド・ティール Guillaume de Tyr の『 Histoire d'Outremer 海の向こうの歴史』から、エルサレム包囲戦の挿絵。
Siege of Jerusalem.jpg - Wikipedia 

Histoire de la Terre d'Outremer, par Guillaume de Tyr. | Gallica


プロモーション・ビデオは、Tony Kaye が監督で、1989年4月14日、ロンドンのWest Way Studios で撮影。 
mvdbase.com - XTC - "King for a day"  


その二日前の4月15日に、胡耀邦が亡くなる。そうして、天安門事件が起こる。 

この年には、1月に昭和天皇も亡くなっているし、4月には、日本の皇族の生まれで朝鮮の李王室に嫁いだ李方子( 梨本宮方子 ) も亡くなっているし( 4月30日 )、朝鮮王室の王女から日本の宗家( 宗武志 )に嫁いだ徳恵翁主も亡くなっている( 4月21日 )。 


この記事の内容は、昨年のと同じ。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

きょうは

 今日は、『 Mummer 』とメシアン全集から『 Turangalîla 』『 Vingt Regards sur l'Enfant-Jésus 』、とビル・エヴァンス『 Waltz for Debby 』を聴いた。
posted by ノエルかえる at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOW BIG THE SPACE

 パートリッジの4月11日付け、4月13日付けのTwitterのコメントに依れば、ソロアルバムのマスタリングは終わった様子。アートワークも出来ている様。ワーナー/チャペルからの配給になるのだと思うけれど。ビニール盤になるのか? 
 上は11日付けのコメントから、けれども、13日付けには、「 I'm fed up with being an orchestral arranger for today 」とある。これは、彼自身がオーケストラのアレンジをその日一日掛りでしていた、と言うことなのだろうけれど、ソロアルバムのマスタリングが終わっているとすれば、何の為のオーケストラ編曲なのだろう?  

 それから、13日付けでは、ブラーのグレアム・コクソンとの共作の話し。 
 それから、14日付けでは、スティーブン・ウィルソンさんのサラウンド・シリーズ、次の作品が進行していると書いている。それに、ウィルソンさんとの共作「 HOW BIG THE SPACE 」のことも、これ、レコード・ストア・デイの為にウィルソンさんがリリースした12インチビニール盤なのだけれど、未発表だった「 HOW BIG THE SPACE 」をレコードにしたものの様。入手出来るのかどうか??? 
'How Big The Space' exclusive release for Record Store Day 2018 - Steven Wilson 


posted by ノエルかえる at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

ユーリーズナイト

 今日は、ユーリーズナイト。 Юрьева ночь
だから、『ゴンワーズ』。
posted by ノエルかえる at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

Dreams And Their Meaning

 スウィンドンにある、リチャード・ジェフリーズ博物館で、『 Dreams And Their Meaning 』と題名を付けられた展覧会が催されているそう。
 眠っていてみた夢を描いた芸術作品を集めて展示していると言うこと。 
 主催者は、Alexandra Moulding アレクサンドラ・モールディング。多分、コリン・モールディングの子息リー・モールディングの夫人。 

Dreams And Their Meaning | Swindon Viewpoint 

 リチャード・ジェフリーズ博物館のホームページでは、案内がないのだけど、 
Richard Jefferies Museum  


posted by ノエルかえる at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

Cecil Taylor

 セシル・テイラーの訃報。4月5日死去、享年89。
posted by ノエルかえる at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

The Dark Side of the Moon / Now & Then

 『 The Dark Side of the Moon 』と『 Now & Then 』は、ほとんど同じ頃にリリースだったんだ。
1973年、『 The Dark Side of the Moon 』は3月1日、『 Now & Then 』は5月1日。 
 双方とも、方やアビーロード・スタジオ、方やA&M スタジオの最新設備を使ったのだろうから。『 The Dark Side of the Moon 』は、レコーディング期間が1972年6月から73年1月まで、とクレジットがあるけれど、『 Now & Then 』の方は詳しくは分からない、1972年から73年と言うことだけど。 
 音の感触と言うことでは、似たところがあるかも。
posted by ノエルかえる at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

XTC 最後のライブ記念日

 1982年4月3日、XTC はアメリカ・サンディアゴの California Theatre で最後のステージ。今日は記念日。36年前。 
 Pat Mastelotto さんは、次の日のチケットを買っていた為、ライブを見逃す。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

Easter Theatre 記念日

 1999年4月2日、XTC はシングル「 Easter Theatre 」をリリース、今日は記念日。19年前。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

のんさっち宮殿の成層耳公爵

 4月1日は、The Dukes of Stratosphear の最初のEP『 25 O'Clock 』がリリースされた日であり、XTC の『 Nonsuch 』が日本で先行発売された日。 
 『 25 O'Clock 』は1985年4月1日に、『 Nonsuch 』は1992年4月1日にリリース。 
 今日は記念日。 

 『 Nonsuch 』のイギリスでのリリースは、4月27日。

 1985年には、ブッチ・モリス Butch Morris の『 Current Trends In Racism 』がリリースされている。( 1986年かも? ) 
 このアルバムのセッションには、ブランドン・ロスもジョン・ゾーンも参加している。 
Butch Morris - Current Trends In Racism In Modern America (Vinyl, LP, Album) at Discogs  

 1992年には、フィリップ・グラスが交響曲第一番を作曲。 

posted by ノエルかえる at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

HARMONY FOR ELEPHANTS

 デイブ・グレゴリーさんは、野生の象の為のチャリティーのアルバムに参加。アルバムの最後の曲、Andy Neveさんの「 Speak For Me 」に参加。 

Harmony For Elephants: Various Artists, A Charity Album - Cherry Red Records  

Various - Harmony For Elephants (CD, Album) at Discogs 



posted by ノエルかえる at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

the tall heat

 フィリップ・ラーキンの「 The Whitsun Weddings 」の第2スタンザ。 
the tall heat は、寒暖計のイメージがあるのか知ら?? 法外なと言う感じの意味もあるから、

All afternoon, through the tall heat that slept

For miles inland,

A slow and stopping curve southwards we kept.

Wide farms went by, short-shadowed cattle, and

Canals with floatings of industrial froth;

A hothouse flashed uniquely: hedges dipped

And rose: and now and then a smell of grass

Displaced the reek of buttoned carriage-cloth

Until the next town, new and nondescript,

Approached with acres of dismantled cars.  


午後の間中は何マイルかの内陸、思いのほかの暑気で 
しびれた、 
一度速度をずっと抑えたカーブがあったけれど、僕たちは南に向いたまま。 
広い農場が過ぎた、影の短い牛がいた、それから、 
運河も過ぎた、工場から出た泡が漂っていた。 
一棟だけ離れた温室が閃いた。生け垣が見えなくなって 
また視界に現れた。時々、草の薫りがして、 
ボタンで留められた座席シーツの嫌な匂いと代わった。 
そうして次の町、新開の別段特筆することもない町が、 
近づいて来た、と、大量の解体された車も見えて来た。   






carriage-cloth はこの様なものか知ら? 
Carriage cloth | British | The Met
posted by ノエルかえる at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

ちょっとメモ: 平野一郎『春夏秋冬』

平野一郎『春夏秋冬』、演奏:吉川真澄 
WAON RECORDS - CATALOGUE 
四季の四部作、レコ芸特選! : 作曲家・平野一郎のブログ 


パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア祝祭管弦楽団演奏、ショスタコーヴィチ交響曲第六番、シンフォニエッタ。
posted by ノエルかえる at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

さあて

 今年もTC&I のEPが出れば良いなあ、、、
 『 XTC Bumper Book of Fun 』に掲載されたモールディングのインタビューからは、彼はやはり音楽産業にはもう関心がないのだなあ、と言う印象を私は持った。配給するレコード会社を決めてプロモートしたりサポートメンバーを雇ってツアーに出たりはしないだろうな、と。 
 でも、歌は彼の頭に浮かんで来るのだろうし、それを形にして広い世界の人に聴いて貰いたいとも思っているのだろうけれど。浮かんで来た歌を形にするのに、一人ではとても辛いのだろうから、チェンバースの登場はとても良い好機だったのだろう。 
 この最近では、ビリー・シャーウッドさんのプロジェクトに一年に一曲参加していた感じだから、他にも地元の音楽作品への援助もしてるけれど、一年に一枚のEPと言うのはちょうど良い量なのかも。 
 のんびりと歌を作って欲しい。

 パートリッジのワーナー・チェペルからの二曲のカバー曲を含めたソロ・アルバムも今年中にリリースされるだろうか? The Clubmen はどうなのだろう?  

 それで、次はどうしようか知ら、『イングリッシュ・セトルメント』のパートリッジの各歌のノートを訳そうか、バーンハートさんの『 Go 2 』の対談? 『ブラック・シー』のノート? バーンハートさんのモールディングとの対談の「 The Meeting Place 」は量的にもしっかりあるのでそれにしようか知ら、『 Great Aspirations 』の歌詞の訳もまだだし、、、
posted by ノエルかえる at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Please Please Me

 1963年3月22日、ビートルズは、デビュー・アルバム『 Please Please Me 』をリリース。

Please Please Me - Wikipedia 

 ボブ・ディランのデビュー・アルバムがリリースされたのは、約一年前の1962年3月19日。『 Bob Dylan 』。

Bob Dylan (album) - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

Why Anything, Why This?

 シェリークバックは、新しいアルバム『 Why Anything, Why This? 』をリリース予定と言うこと。13枚目のスタジオ・アルバム。 
 これは、26秒のお知らせビデオなので、詳細はまだ分からない: 
https://www.youtube.com/watch?v=GhpXVWQ9DUQ  


 それで、序でに、ワイマール・ギター・カルテットが演奏するブラジルのセルジオ・アサド ( ギター奏者、作曲家 ) の「 Uarekena 」。
Weimar Guitar Quartet − Karmen Stendler  


posted by ノエルかえる at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

松風

 今日は、Eテレで細川俊夫さんのオペラ『松風』が放送される。 

松風[新制作・日本初演] | 新国立劇場 オペラ 

 細川俊夫さんは、コリン・モールディングと同じ1955年生まれ。 

posted by ノエルかえる at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵は左にいる

 パートリッジは容疑者だった? 

 パートリッジの「13:35 - 2018年3月17日」付けのTwitterのコメント。 
You know the 'who to follow' reccos on the left? Why is it always Wiltshire police? I know I was interviewed about a murder in Bath, in 1984 , but this is getting silly.  

https://twitter.com/xtcfans/status/975108395152928768 
 
 左に「尾行」している探偵に気付いてる? それが必ずウィルトシャー警察なのは何故? 1984年にバースで起こった殺人事件のことで訊問されたことはあるけど、今の尾行は馬鹿げてるだろう。 


 1984年にバースで起こった殺人事件と言うのは、Melanie Road さんが殺害された事件だろうか? メラニー・ロードさんは当時17歳、1984年6月9日に殺害された。犯人は31年後の2015年に逮捕されたらしい。 
 当時、XTC は、バースのクレセント・スタジオで『 The Big Express 』を製作中。
 パートリッジの言うインタビューが何の程度のものか分からないけれど。歩いていて職務質問されたのか、刑事がやって来て質問されたのか、警察署まで行ったのか?
posted by ノエルかえる at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

smelt the fish-dock

 フィリップ・ラーキンの「 The Whitsun Weddings 」の第一スタンザだけを訳して見たけど、 
smelt the fish-dock の the fish-dock って何なのだろう? 漁港?? 蓼科の植物? 魚の切った尾??? 


That Whitsun, I was late getting away:

Not till about
One-twenty on the sunlit Saturday

Did my three-quarters-empty train pull out,

All windows down, all cushions hot, all sense

Of being in a hurry gone. We ran

Behind the backs of houses, crossed a street

Of blinding windscreens, smelt the fish-dock; thence

The river's level drifting breadth began,

Where sky and Lincolnshire and water meet.



あの年の聖霊降臨節、僕は遅くなって出掛けようとしていた、 
それでも、 
一時二十分にはまだだった、土曜日で陽光がいっぱいだった、 
四分の三が空席の僕が乗り込んだ車輛が押し出された、 
上げ下げ窓は全部が卸されて、座席は全部が温かく、 
急かされる気がしてたのはまるっきりなくなった。僕たちは、 
走り抜ける、家並の裏手、横切る、とある大通りが 
車窓を暗くする、匂いを嗅ぐ、魚の様な蓼の様な、そうして、 
川が視界に拡がる、一様でゆっくり動いている、 
そこで、空とリンカーンシャーと水が出会う。 

 
posted by ノエルかえる at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

「 Wait Till Your Boat Goes Down 」記念日

 1980年3月14日、XTC は、シングル「 Wait Till Your Boat Goes Down 」をリリース、今日は記念日。 

 それで、Tシャツも出来ました: 
Wait Till Your Boat Goes Down
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

「 Respectable Street 」記念日

 1981年3月13日、XTC は、シングル「 Respectable Street 」をリリース、今日は記念日。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

ゴールド・ディスク

 1980年3月10日、XTC は、カナダのトロントで、『 Drums and Wires 』に対してゴールド・ディスクを貰う。
posted by ノエルかえる at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

Klaus Huber

 スイスの大作曲家、クラウス・フーバーが昨年10月2日に亡くなっていたそう。知らなかった。享年92。1924年11月30日生まれ。 

 ヴィトルト・ルトスワフスキを追悼する曲『 INTARSI 』がとても好きなのだけれど、フーバーを追悼する曲は誰が書くだろう、細川俊夫さんだろうか? 
posted by ノエルかえる at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

ちょっとメモ: 英国レコーディング・スタジオのすべて

 書籍『英国レコーディング・スタジオのすべて』。XTC が使った、マナーも、タウンハウスも、チッピング・ノートンも出ている。 

英国レコーディング・スタジオのすべて - Webcat Plus 

The great British recording studios (書籍, 2015) [WorldCat.org] 
posted by ノエルかえる at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

Vinyl . Album . Cover . Art : The Complete Hipgnosis Catalogue

 昨年、イギリスの Thames & Hudson 社から発売された『 Vinyl . Album . Cover . Art : The Complete Hipgnosis Catalogue 』が、この3月に日本でもシンコーミュージック社から発売される。 
 XTC の『 Go 2 』も外されずに掲載されているみたい。
posted by ノエルかえる at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Dark Side of the Moon

 1973年3月1日、ピンク・フロイドは、アルバム『 The Dark Side of the Moon 』をリリース、今日は記念日、45周年。 

The Dark Side of the Moon - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

『 Take Away / The Lure of Salvage 』記念日

 1980年2月29日、アンディ・パートリッジは、アルバム『 Take Away / The Lure of Salvage 』をリリース、今日は記念日。

Chalkhills: Mr. Partridge: Take Away / The Lure of Salvage
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

『 Oranges & Lemons 』記念日

 1989年2月27日に、XTC は、アルバム『 Oranges & Lemons 』をリリース、今日は記念日。29年前。 

Chalkhills: XTC: Oranges & Lemons 

 その頃、イギリスでは、ニュー・オーダーのアルバム『 Technique 』がヒットしていた。 

 Talking Heads は、前年の1988年にアルバム『 Naked 』を発表している。解散を公表はしていないけれど、これがバンドとして最後のアルバム。 

 トム・ヴァーレインは、1990年に、アルバム『 The Wonder 』を発表している。

 オーネット・コールマンは、1988年にアルバム『 Virgin Beauty 』を発表している。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

あんでぃきごうぱあとりっじさんのついったー

 パートリッジは、今日もTwitter上にコメントを出していた。レコーディングをしたと。シェッドでだと思うけど。これから仕上げと。ワーナー・チャペルとの契約が知らされたのが去年の6月だったけど。ワーナー・チャペルからは、ただ契約しただけで、何のリリースも催促されていないのだろうか?? スタジオでの製作はないのだろうか? 
posted by ノエルかえる at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

The Beatles の「 Penny Lane 」のこと 5

The Beatles の「 Penny Lane 」のこと 4: ノエルかえる不恵留

 さて、それで、「 hourglass 」だけれども。 
これは、「 a banker with a motorcar 」と対になる「 a fireman with an hourglass 」で使われているのだけれど。 
 まあ、対と言うことでは、 banker は富裕層の人間、資本家で、 fireman は低所得者層の人間、労働者と言うこともあるのだろうけど。( 理髪師と看護婦では、男と女、医療と言う軸での対比があるのか? ) 
 ともかく、motorcar と hourglass は、何かで対比出来る様なものである筈と言うのは確か。それだと、 hourglass を「砂時計」と訳してしまうのには、疑問が出て来る。motorcar の対は、 fire engine と言われればそうかもしれないけど。でも、 with で繋がれるのは、 motorcar と hourglass だから。自動車のの様な大きさと砂時計の様な小ささ、と言うこと? それはどうなのだろう? 大きさだけで対にするだろうか?  
 それで、 hourglass についてもう少し別の見方もしてみると。 
 「砂時計」の形象から、腰の細い女性のスタイルの意味で使われていると言うことが。XTC の歌では、wasp が使われていたけれど、同じ様なコルセットがある。hourgalss corset 。そう思うと、with で繋がれる語としても適当な気がする。どうも、「砂時計」が with で繋がれているのが気になっていたし。コルセットを着けている消防士なら、意味を作れる様な気がする。次の行の「ポケットなのかに女王の肖像」とも関連付けられるし。 
 腰くびれコルセットなら、しかも、 motorcar との対も考えられる。で、まず、モーターカーだけれど。これは単に「自動車」と言うのではなくて、高級スポーツカーだと思う。オープンカーの。そうすると、「流線型」と言う連想が出て来る。それが、hourglass の腰のくびれの線と対になる。 
 それから、hourgalss の表象は、他の意味も。イギリスでは、「砂時計」を象った物を柩にも入れるし、墓の飾りにもする。海賊の旗にも使われている。あのくびれは、過去から未来へ流れる時間の一点、それも止めることの出来ない一点だ。「死すべき」人間と言うこと。 

 ああ、a banker と a fireman の対で、もう一つ。労働者の消防士はポケットに密かに女王の、つまりイギリスでは最上位の人、写真を隠していて、( 歌われているのだから密かでも隠してもいないと言われれば、そうだけど ) 資本家の銀行家は、労働者階級の子供たちに見せない所で笑われている、と言うことも。



 それに、コルセットだと、性的な意味でも対になる様な気も。a banker については、mac を使わない ( 避妊具を使わない ) とあるのに対して、消防士がコルセットを締めてると言うのは、禁欲的なマッチョにも思えるし、女装趣味の様にも燃えるし。
posted by ノエルかえる at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

The Beatles の「 Penny Lane 」のこと 4

The Beatles の「 Penny Lane 」のこと 3: ノエルかえる不恵留

 それで色だけれど、 
 明らかに示されているのは、コーラス部分の「 the blue suburban sky 」だけだけど。でも、このコーラス部分でも、「 the blue suburban sky 」はダービーの季節だろうから、連想としては、晴れた青空の下に、騎手の着ている服の鮮やかな取り取りの色が浮かんで来る。 
 同じ様に、連想として浮かんで来る色は、 
第1ヴァースの理髪師だと、白衣の白、それに、サインポールの赤と青。 
第2ヴァースは一見色が無いようなのだけれど、マッキントッシュは一般的には黄色ではないだろうか。なので、黄色。その黄色は水に関連している。 
そして第1コーラス、青と、多彩な鮮色。
第3ヴァースは消防士だから、また黄色。消防士のヘルメットは黄色だから。
この黄色も水と関連する。それに、消防車の赤。このヴァースは水と火と両方に関連している。 
第2コーラスは、色は如何かなあ? 魚は青かなあ? 夏の色は何だろう? 
XTC だと、ラベンダーを煮る胴の鍋の赤色だけど、、、 
第4ヴァースは、看護婦で、白衣の白。それに、11月11日のポピーの赤。 
第5ヴァースはまとめだから。 

で、やっぱり、銀行家と消防士が黄色で対。
理髪師と看護婦が白と赤で対。理髪師は青もあるけど、、、   

ああ、黄色と水が関連しているって、、、「イエロー・サブマリン」に繋がるのだろうか? 


それで、hourglass だけど、
posted by ノエルかえる at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

金子兜太

 金子兜太さんの訃報。
posted by ノエルかえる at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする