2017年09月26日

ちょっとメモ: 『 Ten Short Stories 』Giorgio Occhipinti & Luc Houtkamp

 iTunesをブラウズしてて、ちょっと面白いかな、と思ったもの: 

Ten Short Stories by Giorgio Occhipinti on Apple Music  

Giorgio Occhipinti はイタリアのピアニスト: 
Giorgio Occhipinti – Wikipedia 

Luc Houtkamp はオランダのサクソホーン奏者: 
Luc Houtkamp – Wikipedia 

posted by ノエルかえる at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Black Sea / Great Aspirations

 今朝見ると、『 Black Sea 』スティーブン・ウィルソン版の予約がバーニング・シェッドに出ていた。リリース予定は、11月10日。思いのほか早い。( 何故、11月11日にしなかったのかは分からない。 ) 
 それよりも驚いたのは、コリン・モールディングとテリー・チェンバースのTC&I のEPが、バーニング・シェッド、それも、Apr House で取り扱われていること。こちらは、10月20日のリリース予定。
posted by ノエルかえる at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Abbey Road

 1969年9月26日、ビートルズはアルバム『 Abbey Road 』をリリース。48年前。 
Abbey Road | The Beatles 

と言う訳で、XTC「 Church of Women 」。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

San Francisco City Romance

 今村良樹さんが、すうとるび解散後に作ったバンド、MEGE の「 San Francisco City Romance 」。 
バック・コーラスに杉山清貴さんや作詞家の渡辺なつみさんが参加してるのだそう。 

https://www.youtube.com/watch?v=w5MywJnpAmk
posted by ノエルかえる at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

TC&I: 'Great Aspirations' EP on PledgeMusic

 Pledge Music 今朝は繋がった。注文は出来る。試聴の動画もあるのかと思ったけど、それはないのか、、 

 Discogs も繋がった。CDBaby は繋がらないまま、
posted by ノエルかえる at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

不通

 コリン・モールディングとテリー・チェンバースのEP、、、 
PledgeMusic に繋げられないので、注文はもちろん、試聴なども出来ていない。 

 目下、PledgeMusic 同様に、Discogs、CD Baby も繋がらない。私のコンピューターに問題があるのか、接続のサーバーに問題があるのか、その他なのか分からない。 
 お天気を見る timeanddate も繋がらなくなって暫く経つ、、、 

 アマゾン等でカタログされるのを待つしかないのか、、、
posted by ノエルかえる at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dave Gregory 誕生日

 今日は、デイブ・グレゴリーの誕生日。1952年9月21日生まれ。65歳。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

「 Lovely Rita 」のこと 2

 「Lovely Rita, meter maid,
 / Nothing can come between us;
 /When it gets dark, I tow your heart away.」の部分は、やはり、ブリッジと考えた方が良いのではないだろうか。 

 それで、このブリッジと、ヴァース部分の発話者は別だと考えた方が良い様に感じる。ヴァースもブリッジも一人称で語られるのだけれど、それは別の人物と言うこと。 

 それで、ブリッジ部分は、オラトリオのレチタティーヴォの様な立場ではないだろうか? ヴァース部分を語っているのが物語りの登場人物で主人公。 
 ブリッジ部分で、レチタティーヴォの役割の人物が、「さあ、お話が始まりますよ、おもしろいですね、さあ、これでお話は終りです、おもしろかったですねえ。」と言う感じで語っている様な気が。淀川長治さんの感じ。それから、歌の本編で、主人公が経験を語る、と言う体裁。  


と、それから、「 Got the bill and Rita paid it, 」はどういう意味だろう? 
ディナーの勘定?? 何故?? 
リタは駐車違反の切符を切っているのだから、それの様な気もするし、k
posted by ノエルかえる at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Great Aspirations

 コリン・モールディングのテリー・チェンバースの EP 、A Pledge Music と言う所からのリリースらしいのだけれど、、、 
 なぜか、「 アクセス先のアドレス https://www.pledgemusic.com/ は現在使用できません。ウェブアドレス (URL) が正しく入力されていることを確認して、ページを更新してみてください。 」に、 

 タイトルは、「 Great Aspirations 」なのだろう。
posted by ノエルかえる at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

今村良樹さんの誕生日 / 「 Love on a Farmboy's Wages 」記念日

 9月19日は、ずうとるびの今村良樹さんの誕生日。 

 1983年9月19日、 XTC は、シングル「 Love on a Farmboy's Wages 」をリリース、今日は記念日。34年前。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

「 Lovely Rita 」のこと

 きのうは、『サージャント・ペッパー・ロンリー・ハート・クラブ・バンド』と『夜明けの口笛吹き』を聞いた。と言うか、『サージャント・ペッパー・ロンリー・ハート・クラブ・バンド』の50周年記念版を手にしてから、ほぼ毎日そればかり。なので、実は、Big Big Train の『 Grimspound 』も『 The Second Brightest Star 』も、あまり聞いてない。 

 で、「 Lovely Rita 」を訳して見ようと思って眺めているけれど、マッカートニーの歌詞は、いつものように分かり難い。 
 まず構成だけど、
Lovely Rita, meter maid,

Nothing can come between us;

When it gets dark, I tow your heart away.
と 
Lovely Rita, meter maid,

May I enquire discreetly,

"When are you free to take some tea with me?" 
は、どう考えたら良いのだろう? ヴァースの冒頭? ブリッジ? コーラス? 

Standing by a parking meter,

When I caught a glimpse of Rita,

Filling in a ticket in her little white book.

In a cap she looked much older,

And the bag across her shoulder

Made her look a little like a milit'ry man.
と 
Took her out and tried to win her,

Had a laugh, and over dinner

Told her I would really like to see her again.

Got the bill and Rita paid it,

Took her home, I nearly made it,

Sitting on the sofa with a sister or two.
はヴァースだけれど、つまり、この歌は二つのヴァース。 

そして時制、 
ヴァースの冒頭だかブリッジだかコーラスの部分は現在時制、ヴァース部分は過去時制。 
これをどう考えれば良いのか? 
( 英語の場合、時制の種類が少ないので分かり難い。序でに言えば、名詞の性や格変化がないので分かり難い。 ) 
後は、Took her home のところ、これは日常語でも意味が特定出来なくて、相手の家に送って行ったのか、自分の家に連れ込んだのかが分からない。( たぶん、自分の家なのだろうけど。送って行くの時は、see も使えるし。 ) 
で、その後の、Give us a wink と、us が出て来て、これが何だろう?に。 

「 cut 」した部分がとても多くて、聴く人によって、多様な意味が取れる様に意図しているのか、 
Lovely Rita, meter maid と言う語間でメロディが出来て、後は、メロディとリズムに合う様に適当に言葉を当てただけなのか、 
??? 
little white book と言う言い方も分からないし、
posted by ノエルかえる at 11:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

The XTC Bumper Book of Fun for Boys and Girls

 カナダのファンマガジン「 A Limelight 」のアンソロジー、アマゾンにもカタログされている。けれども、今は、「現在在庫切れです。  この商品の再入荷予定は立っておりません。」状態。出版予定は10月2日。入荷されるかどうかは分からない。 
 スティーブン・ウィルソンさんの『 To The Bone 』のBlu-ray版も品切れのまま。 

 シェリークバックのホームページは無くなったまま。なのだけど、Tin Spirits が所属している Esoteric Recordings のホームページも、「契約切れ」の表示。Facebook のページは継続されていて、それに、チェリー・レッドの中のレーベルには掲載がある。 

 スウィンドンでの XTC Convention で、コリン・モールディングとテリー・チェンバースのEPについてのお知らせはあったのかどうか分からない。
posted by ノエルかえる at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

今日はそうんな日だったんだ: Μαρία Κάλλας

 1977年9月16日、マリア・カラスは、隠棲していたパリで死亡。53歳。没後四十年。 

 その同じ日、1977年9月16日、トーキング・ヘッズは、デビュー・アルバム『 Talking Heads: 77 』をリリース。
posted by ノエルかえる at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

「 Making Plans for Nigel 」記念日

 1979年9月14日、XTC はシングル「 Making Plans for Nigel 」をリリース、今日は記念日。
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Making Plans for Nigel" 

 「がんばれナイジェル」は、何時リリースされたのか分からない。 
XTC - がんばれナイジェル = Making Plans For Nigel (Vinyl) at Discogs 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

Barry Andrews 誕生日

 きょうは、バリー・アンドリューズの誕生日。1956年9月12日生れ、61歳。 

 その次の日、IBM の研究チームが、ハード・ディスク・ドライブを発明。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Black Sea 』記念日 / Barry Andrews 生誕祭

 1956年9月12日、バリー・アンドリューズが産まれる。 そして、 
 1980年9月12日、XTC は、アルバム『 Black Sea 』をリリースした。  
Chalkhills: XTC: Black Sea 
スリーブ・ジャケットのアートワークは、同郷スウィンドンの画家ケン・ホワイトが描いた、サミュエル・コールリッジの『老水夫行』をイメージしたもの。XTC の文字になっている鳥とマストとガラス灯の鳥は、だから、アホウドリなのだろう。 
The Rime of the Ancient Mariner - Wikipedia

去年書いたの:
『 Black Sea 』記念日: ノエルかえる不恵留 
「この時、XTC は、ニュージーランドをツアー中。この時のツアーは、8月8日からで、オランダ、ベルギー、フランス、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド。10月には、イギリスの国内ツアー。それから、アメリカ・ツアー。こうして、『 English Settlement 』に結実する、彼らの「アナバシス」が繰り広げられた。「タラッタ! タラッタ! タラッタ!」 」  

 日本盤発売は、1980年10月21日。緑の袋入り、Obi 付き。 
XTC - Black Sea (Vinyl, LP, Album) at Discogs 


 バリー・アンドリューズは、今年61歳。  

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

きょうはそんな日だったんだ: フォーレ『弦楽四重奏曲 ホ短調 作品121 』

 1924年9月11日、フランスの作曲家ガブリエル・フォーレが最後の作品「弦楽四重奏曲 ホ短調 作品121 」を書き上げた。( 1924年9月12日付けの妻宛のフォーレの手紙に、「昨晩、終楽章を仕上げました。これで四重奏曲は完成です。」とある。 ) 
 その約二ヶ月後の11月4日、79歳で亡くなる。 

String Quartet, Op.121 (Fauré, Gabriel) - IMSLP/ペトルッチ楽譜ライブラリー: パブリックドメインの無料楽譜

posted by ノエルかえる at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

死の棘

 テレビの番組表を見ると、明日、BS12トゥエルビで、映画『死の棘』を放送する。でも、夕方の7時からだから、見られない、、、 
 小栗康平 監督。音楽は細川俊夫。1990年作品。 
小栗康平オフィシャルサイト ─OGURI.info
 XTC 年譜だと、『オレンジズアンドレモンズ』の翌年。 

 この映画が日本で公開された頃、コリン・モールディングとバリー・アンドリューズは、スウィンドン在住のDavid Marks と言う人のバックバンドとして、ライブを行う。 
 録音されてないのか知ら? 
posted by ノエルかえる at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

きょうはそんな日だったんだ: Imagine (John Lennon album)

 ジョン・レノンのアルバム『 Imagine 』が、アメリカでリリースされたのが、1971年9月9日。 
イギリスでは、10月8日。 
Imagine (John Lennon album) - Wikipedia

 日本盤は何時? Disogs だと分からない、9月9日? 
John Lennon - Imagine (Vinyl, LP, Album) at Discogs 


なので、Andy Partridge 「 These Voices 」。
Chalkhills: Reel by Real: Andy Partridge: "These Voices"
posted by ノエルかえる at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥ・ザ・ボーン

 『 To the Bone 』、まだ買ってない。ドキュメンタリーに、パートリッジが登場しているのかどうか。たぶん、してないとは思うのだけれど。でも、自分で確かめるのが良いと思って、バーニング・シェッドで購入しようかと思ってみたら、もう、デラックス版とLP版とBlu-ray版は売り切れになっていた。 

 売り上げも好調なので、パートリッジに十分な収入もあるとは思うけど。
posted by ノエルかえる at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

きょうはそんな日だったんだ:Golden Mermaid

 1921年9月8日、Margaret Gorman マーガレット・ゴーマンが「 Golden Mermaid 」になる。
Golden Mermaid は、ミス・アメリカの前身。 
Margaret Gorman - Wikipedia 

 なので、XTC「 Mermaid Smiled 」。
posted by ノエルかえる at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ビッグ・ビッグ・トレイン『セカンド・ブライテスト・スター』

 Big Big Train の『 The Second Brightest Star 』の日本流通版を入手した。これには、本間知夫と言う人がグレッグ・スボウトンさんに宛てて送信した質問書と、スボウトンさんからの解答が、日本語へ翻訳されて付けられている。本間さんの質問は、とても真摯で、スボウトンさんの解答は誠意が溢れるもので、とても良かった。本間さんは、スボウトンさんを通じて、他のメンバーへも、日本へ抱いている印象などをコメントとして寄せて貰える様にと依頼したそうだけれど、どのメンバーもそれに応えているので。 

 その中から、デイブ・グレゴリーさんのコメントを、ここに書き写しておこう: 
「1979年に XTC で、そして最近はティン・スピリッツで日本をツアーしている。BBT と共に日本に戻れることが出来ることを楽しみにしている。」

 デヴィット・ロングトンさんのコメントの一部: 
「日本について考える時、まず一番始めに思い浮かぶのは、東京の武道館で録音された全ての伝説的なライブ・アルバムのこと、そして次は富士山のイメージ。」 

それなら、Big Big Train の日本での公演は、河口湖ステラシアターにしよう。 

posted by ノエルかえる at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 Wrapped in Grey 」記念日

 Fujimoto『クロノロジー』に依れば、シングル「 Wrapped in Grey 」がリリースされる予定だったのが、1992年9月7日。結局廃棄。 

 約一週間後の15日には、パートリッジは、家族と共に来日。  

 その頃ヒットしていたのは、The Shamen シェイメンの「 Ebeneezer Goode 」。


Wrapped in Grey 訳: ノエルかえる不恵留  


チョークヒルに写真が掲載されている、パートリッジとモールディングとグレゴリー、それに、デイブ・マタックスさんのサインがあるディスク: 
Chalkhills: The XTC Resource  

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

Holger Czukay の訃報

 Holger Czukay の訃報 

 Holger Czukay の訃報 

posted by ノエルかえる at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

John Ashbery 訃報

 アメリカの詩人ジョン・アッシュベリー John Ashbery の訃報。 

John Ashbery - Wikipedia

posted by ノエルかえる at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

「 All You Pretty Girls 」記念日

 1984年9月3日、XTC は、シングル「 All You Pretty Girls 」をリリースする、今日は記念日。33年前。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "All You Pretty Girls" 

mvdbase.com - XTC - "All you pretty girls" 

All You Pretty Girls 訳: ノエルかえる不恵留  

日本盤「僕のプリティー・ガール 」は、Discogs に依れば、同じ年1984年12月21日発売。 

その頃ヒットしていたものは、スティービー・ワンダーの「心の愛 I Just Called to Say I Love You 」。




去年書いたの: 
「 All You Pretty Girls 」記念日: ノエルかえる不恵留
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

Andy Partridge / Wanner Chappell Music

 ワーナー・チャペル・ミュージックに登録されている、アンディ・パートリッジの歌は、 
アンディ・パートリッジ名義で、49曲。アンディ・パートリッジ/ピーター・ブレグヴァド名義で9曲。 
( 49曲の中には、ブレグヴァドとの共作も含まれている。 )
ブレグヴァド/パートリッジのものは、『 Gonwards 』のもの。「 Impeccable Dandy In White 」はない。

アンディ・パートリッジ名義のものは、『ファジー・ウォッブル』シリーズのもの。 
「All I Dream Of Is A Friend」「Autumn Comes Around」「Blue Beret」「Born Out Of Your Mouth」「Bumpercars」「Child Crusade」( 『The Bull with the Golden Guts』収録 )
「Dame Fortune」「Don't Let Us Bug Ya」「EPNS」「Everything」「Everything'll Be All Right」「Gangway, Electric Guitar Is Coming Through」
「Goodbye Humanosaurus」「GOOM」「Goosey Goosey」「Hey, It's Alan Burston!」「Howlin' Burston」「I Don't Want To Be Here」
「I'm Playing My Fano」「It's Snowing Angels」「Lightheaded」「Mechanical Planet」「Miller Time」「MOGO」
「Mopti Fake」( 『Jules Verne's Sketchbook』収録 )「My Train is Coming」「No One Here Available」( 『The Bull with the Golden Guts』収録 )「Obscene Procession」「Ocean's Daughter」「OMGO」
「Peck The Ground Like A Chicken」「Put It On Again」「Ra Ra for Red Rocking Horse」「Ridgeway Path」「Rocket」「Ship Trapped in the Ice」
「Space Wray」「Summer Hot As This」「That Wag」「The Art Song (Something Good With Your Life)」「Tunes」 

これは、どうなるのだろう? 『ファジー・ウォッブル』と『ゴンワーズ』の世界販売? 
その他の新曲は、まだ登録されてないのだろうか?  

Search | Warner/Chappell Music
posted by ノエルかえる at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

『 Mummer 』記念日

 1983年8月30日、 XTC は、アルバム『 Mummer 』をリリースする、今日は記念日。34年前。 
 日本盤は、9月21日に発売。 

Chalkhills: XTC: Mummer  

この日、スペースシャトル・チャレンジャー号が打ち上げられた。初めてのアフリカ系の宇宙飛行士が乗り込んでいた。Guion Bluford ガイオン・ブラフォードさん。 
イリナ・ユスポヴァ公女が亡くなった。 

9月29日には、ロンドン市長に初めての女性 Dame Mary Donaldson が就任。

この頃、ヒットしていたアルバムは、ビーチ・ボーイズの『 The Very Best Of The Beach Boys 』。 
ジャケットのアートワークは、パートリッジ好み? ( ここから『スカイラーキング』のアートワークを思い付いた? )
The Beach Boys - The Very Best Of The Beach Boys (Volume 1) at Discogs   


 この年のノーベル文学賞の受賞者は、イギリスの作家で詩人のウィリアム・ゴールディング William Golding 。 
 何となく、XTC 、それも『 Mummer 』と繋がる様な気も、、、
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

Shriekback Live 2017

 Shriekback は、アメリカでもツアーをする様。日本に来るかどうかは分からない。 
 それで、イギリスでのライブをCD化した様なのだけれど。入手方法が分からない。プライベート版の様に思えるけれど。 

Shriekback - Shriekback Live 2017 (File, Album) at Discogs 

 バリー・アンドリュースとマーティン・ベーカーとクレア・ハーストの『 The Fire Judge 』も入手してないままだけれど、、、 
 Shriekback のホームページは繋がらないままだし、、、
posted by ノエルかえる at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ちょっとメモ: 山田岳『OSTINATI/オスティナーティ』

 ギタリストの山田岳さんのアルバム。ギター作品集。ジェームズ・テニーもアルヴィン・ルシエもあるけど、山根明季子さんのアコースティック・ギターの為の作品も。 

ALM RECORDS/Gaku Yamada【OSTINATI】  

山田岳 - Wikipedia 

このアルバムにはないけど、藤倉大の「 sparks 」の演奏:
https://www.youtube.com/watch?v=i4n1AFpNFYc
XTC みたい?
posted by ノエルかえる at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

「 Grass 」記念日

 1986年8月26日、XTC は「 Grass 」をリリースする、今日は記念日。31年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Grass"  

この頃の出来事: 
21日に、アフリカのカメルーンのニオス湖で湖水爆発。約二千人が亡くなる。野生動物の被害も。 
Lake Nyos disaster - Wikipedia 

その頃ヒットしていたのは、Boris Gardiner の「 I Wanna Wake Up with You 」。 
ポール・マッカートニーのアルバム『 Press to Play 』のリリースが、25日。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

Slow Moon's Rose / Frühlingstraum

 さて、スラップ・ハッピーの『アクナルバサック・ヌーム』も、後は、「スロー・ムーンズ・ローズ」を遺すだけになった。 
 でも、この Slow Moon's Rose 。どんなイメージだろう。パッと頭に浮かぶのは、シューベルトの『冬の旅』の第11曲「春の夢」だけれど。 
 冬の冷え切った外気に晒された窓ガラスに、室内の水気が凍りついて結晶を結び、葉脈の様な模様を作るのだけれど。そこに満月の影が差して来ると、まるで丸い薔薇の花のように見える、と言うイメージ。 
 でも、slow と言う形容詞は、どう考えるか??? The Moon rises slowly. という文も含意している? 

シューベルトの「春の夢」( ミュラーの詩 )は、第三スタンザでそのイメージが登場: 
Doch an den Fensterscheiben
Wer malte die Blätter da?
Ihr lacht wohl über den Träumer,
Der Blumen im Winter sah?  

けれど、あの窓ガラスに 
誰が葉を書いたのか? 
お前たちは、たぶん、夢見る者を笑うだろう、 
冬に花の夢を見る者を。   

 「スロームーンズローズ」、慎重に考えよう。
posted by ノエルかえる at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

スティーブン・ウィルソンさんインタビュー

 YouTubeに公開されているインタビューが訳されていたので: 
(インタビュー訳)Steven Wilson - To The Bone Live Q&A Session ( ロック・ポップス ) - Prog Not Blog - Yahoo!ブログ 

Blu-ray に収録されている 85 minute documentary shot には、アンディ・パートリッジも登場するのだろうか??? YouTube のインタビューで見られるあの髪形の人は、アンディ・パートリッジではない様な気がするけれど、、、 
やっぱり、Blu-ray を購入すべきなのだろうか??  


posted by ノエルかえる at 18:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 The Loving 」記念日

 1989年8月21日、XTC は、シングル「 The Loving 」をリリース、今日は記念日。28年前。 
( 日付は、Fujimoto『 クロノロジー 』に依る )  

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Loving"  


この日、プラハの春鎮圧21周年のデモがプラハで行われる。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

ちょっとメモ : THE BEATLES LYRICS

 『 THE BEATLES LYRICS 名作誕生』( 書籍 )  
デイヴィス ハンター 
奥田 祐士 訳 
TAC出版  2017年7月刊  
THE BEATLES LYRICS 名作誕生 - Webcat Plus  

原書『 The Beatles lyrics : the stories behind the music, including the handwritten drafts of more than 100 classic Beatles songs 』 
Hunter Davies
New York Little, Brown and Company, 2015. c2014  
The Beatles lyrics : the stories behind the music, including the handwritten drafts of more than 100 classic Beatles songs (書籍, 2015) [WorldCat.org]  


posted by ノエルかえる at 13:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

XTC の日

 1979年8月19日、XTC が来日。20日から23日の間、東京、京都、大阪で公演。 

その頃のヒット曲、さだまさし「関白宣言」、ゴダイゴ「銀河鉄道999」、小林幸子「おもいで酒」、水谷豊「カリフォルニア・コレクション」等。  


 トーキング・ヘッズは、その一ヶ月程前、7月18日から22日まで、来日公演。大阪、東京、京都、福岡で。東京では二日公演。 
Talking Heads Concert History: 1979 
 当時から、トーキング・ヘッズの方が人気が高かったのか知ら? 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

トゥ・ザ・ボーン

 今日8月18日は、スティーブン・ウィルソンさんの新しいアルバム『トゥ・ザ・ボーン』の発売日。iTunesやタワーレコードでも試聴が出来る様になった。 
 さて、パートリッジの曲だけ、ダウンロードで購入するか? それとも、アルバムを購入するか? 



Steven Wilson - To The Bone (Track-by-Track) - YouTube
posted by ノエルかえる at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

Kind of Blue / Drums and Wires / Colin Mouding

 8月17日、『カインド・オブ・ブルー』がリリースされた日で、『ドラムズアンドワイアーズ』がリリースされた日で、コリン・モールディングの誕生日。 

 『 Kind of Blue 』は、1959年のリリースで58年前。『 Drums and Wires 』は、その20年後の1979年のリリースで、38年前。 
 コリン・モールディングは、1955年の生まれで、62歳になる。 
 XTC は、この日( 1979 )、オーストラリアの Stage Door Tavern でステージ。

Chalkhills: XTC: Drums and Wires  

10日後の1979年8月27日、ルイス・フランシス・アルバート・ヴィクター・ニコラス・マウントバッテン伯爵( エディンバラ公フィリップ殿下の叔父 )が、アイルランドのスライゴ州でIRA暫定派に暗殺された。 
遺言により、葬儀への日本人の参列は固く拒まれた。 



 ビル・エヴァンスの誕生日は、8月16日。1929年生まれだから、生きていれば、88歳。米寿。『 Kind of Blue 』はエヴァンスが三十歳の時。『 Drums and Wires 』の時、モールディングは24歳、30歳の時の作品は『 25 O'Clock 』。


 ( T-Com の EP も、この日付でリリースなら良かったのに、 )
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

Assumption of Mary / Psonic Psunspot

 『 Psonic Psunspot 』のリリースは、Fujimoto『クロノロジー』に依れば、1987年8月3日なのだけれど。 

 8月15日は、聖母被昇天の祝日で、『 Psonic Psunspot 』のジャケットのアートワークは、何となく、聖母の昇天を思わせるので。今年は30周年。8月5日リリースのピンク・フロイドの『 The Piper at the Gates of Dawn 』は50周年。 

 この日の前後の出来事: 
14日に、オーストラリアのカルト宗教団体 The Family が集団生活を行っていた施設に、警察が介入し、子供たちを解放した。 
The Family (Australian New Age group) - Wikipedia 
16日には、デトロイトで飛行機事故。5歳の女児一名が生き残った以外、156名が死亡。原因は操縦士が意図的に離陸警報装置を停止していた上に、フラップを出し忘れていたと言うこと。その為に、揚力を得られず、失速して墜落。 
ノースウエスト航空255便墜落事故 - Wikipedia 

 それから、19日には、イギリスのハンガーフォードで、一人の青年が16人を殺すと言う事件が起こった。 
Hungerford massacre - Wikipedia 
( ザ・スミスは、この事件を歌にしている。「 Stop Me If You Think You've Heard This One Before 」 )

「 Vanishing Girl 」  


 この頃なくなった人: 
岸信介、8月7日没。90歳。 
ルドルフ・ヘス、8月17日没。93歳。  


この頃ヒットしていた歌: 
「 La Bamba 」Los Lobos  
「 I Just Can't Stop Loving You 」Michael Jackson and Siedah Garrett  
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Crop Circle

 スウィンドン、このところは、最高気温は高くても20℃くらい、最低気温は9℃くらい、日没も8時半頃に。 

 それで、スウィンドン北部の Hannington ハニングトン(?) の麦畑に、クロップ・サークルが作られて。とっても綺麗なので。 

https://www.youtube.com/watch?v=mI9F0ZYmbeo 

XTC「 The Wheel and The Maypole 」を思い出しながら、
posted by ノエルかえる at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

live stone room

 2016年の『 English Settlement 』LPボックスに付けられていたブックレットのデイブ・グレゴリーのノートをのろのろと訳しているのだけれど、スタジオの叙述の部分、 
 live と言う語、以前にも、同様の文章があって訳した時にも、よく分からなくて、適当に語を当ててたと思うのだけど、「本物の」と言う意味も持ってて、その方が分かるな、と思ったので、 

 スタジオは、母屋に繋げられて設けられていた。以前はスカッシュテニスのコートであった地所に新しく建てられたものだった。コントロール・ルームには、二台の24トラックのテープレコーダー、ステューダー A800 [ https://en.wikipedia.org/wiki/Studer ] が備えられていた。それに、1970年代中頃にイーストレーク・オーディ社 [ http://www.eastlake-audio.co.uk ] によって導入された32チャンネルの [ http://www.analogmix.com/studio.html ] ヘリオス Helios 制御盤があった。スタジオの端には、最近になって建て増しされた、本物の石を使った部屋があった。今では聴き間違い様もない1980年代のドラム・サウンドにとって必須の「間近の反響」を捕える為だった。メインスタジオには、ハモンド・オルガンの C3 [ https://en.wikipedia.org/wiki/Hammond_organ ] と、素晴らしいベーゼンドルファー社のグランド・ピアノが備えられていた。左の木製の階段は狭い廊下に繋がっていて、その廊下は「本物の石部屋」に通じていたのだが、それは、マイクを天上近くに設置することを考慮してのことだった。

URL 部分は、面倒なので、リンクにしないでそのまま記入した、投稿後の表示でリンクになってるかどうかは分からない。 

最後の部分は、変なので、また考え直さないと、
追記: 左端には木製の階段があり、そこから狭い作業歩廊に上がれた。歩廊は右端の「本物の石部屋」にまで伸びていたのだが、それは、マイクを天上近くに設置することを考慮してのことだった。
に訂正。
posted by ノエルかえる at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

「 Generals and Majors 」記念日

 1980年8月9日、XTC はシングル「 Generals and Majors 」をリリース、37年前。今日は記念日。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Generals and Majors"  
 Fujimoto『クロノロジー』には、8月29日にリリース、と。9日とあるのは、チョークヒルの記録。


 この頃、XTC は、ポリスのサポートで、ヨーロッパ・ツアー中。この日は、ベルギーの Werchter Festival に参加。 
Rock Werchter - Wikipedia
  8月29日には、スペインのバルセロナにある Plaza de Toros la Mounumental でステージで。 
 闘牛のアリーナがある施設の様。
La Monumental - Wikipedia  

ポリスのツアー: 
Zenyatta Mondatta Tour - Wikipedia 
ゼニャッタ・モンダッタ・ツアーには、1980年2月と1981年1月の日本公演も含まれているのだけど、XTC が前座で来れば良かったのかも、  


 その頃、発売されたヒット曲には、バーバラ・ストライサンドの「 Woman in Love 」が。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

Where Fortune Smiles

 アンディ・パートリッジが好きで影響を受けている、 John McLaughlin, John Surman, Dave Holland, Karl Berger, and Stu Martin の1971年発表のアルバム『 Where Fortune Smiles 』が、デイブ・グレゴリーさんのバンド Tin Spirits が所属するレーベル Esoteric Recordings からリイシューされる。 

Esoteric Recordings / Cherry Records : 
Where Fortune Smiles: Remastered Edition - Cherry Red Records 

Where Fortune Smiles - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

Swindon murder suspect arrested by police in America after national manhunt

 スウィンドン・アドヴァタイザーのニュースで。スウィンドンの人アンドリュー・ウォーレンさん、56歳、オックスフォード大学で働いていた人、がアメリカで殺人の容疑で逮捕、と。ノースウェスタン大学の微生物学の教授と共に、と言うこと。被害者は、26歳の美容師。ウォーレンさんは、イギリスのロンコット Longcot [ スウィンドンとオックスフォーとの中間 ]の家族から捜索願が7月25日に出されてたと言うこと、アメリカの警察はその数日前に出国して渡米していた、ということ。 
 何だか、全然分からない。 

 まあ、モノクローム・セットのアンディ・ウォーレンさんとは別人なのだろう。アンディ・パートリッジの幼馴染みで、XTC のローディーをしていた人も、Warren と言う姓だったけど、、、
posted by ノエルかえる at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

Andy Partridge was a volunteer cameraman.

 スウィンドンのケーブルテレビ、Swindon View Point 。70年代に、放送内容を後から文字にしてお知らせする番組があったのか知ら? 音楽番組『 Tune In 』に関係した人を表示しているのだけれど、アンディ・パートリッジが、ボランティアのカメラマンとしてクレジットされています。( 2分14秒のところで。 ) 「 Just in Case 」と言うのは、番組のコーナー? 曲名?   


'Tune In' to the 70s | Swindon Viewpoint
posted by ノエルかえる at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To the Bone Nowhere Now

 スティーブン・ウィルソンさんの新しいアルバム『 To The Bone 』。アンディ・パートリッジが二曲を提供した、と言うことだけしか分からなかったのですが、やっと、Wikipediaのページに、どの曲がそうなのかが書かれたので。 
 「 To the Bone 」「Nowhere Now 」の二曲。  

posted by ノエルかえる at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ブラック・シーのサラウンド

 パートリッジのTwitterでのコメントに依れば、スティーブン・ウィルソンさんのサラウンド・シリーズ、次は『ブラック・シー』と言うこと。 
 今、通常ステレオ・ミキシングが終わり、サラウンドの作業はこれからと言うことで、発売は年内か? 来年か? 

 それから、付録される音源だけど。『ファジー・ウォッブル』シリーズには、『ブラック・シー』のデモ・テイクは入っていないし。ブートレグの『 Demo 』シリーズにも、『ブラック・シー』のものはなかった。 
 『ドラムズアンドワイアーズ』の時の様な、リハーサル・テープがあるのか知ら? 
posted by ノエルかえる at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ちょっとメモ: 夢の回路

 木下牧子 ピアノ作品集『夢の回路』 
ピアノ演奏:永野光太郎 

HOME of KinoshitaMakiko 

YouTubeのチャンネルには、堀田万友美の演奏で、 
https://www.youtube.com/watch?v=udkNxaDIkA4  


posted by ノエルかえる at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

『 Powers 』記念日

 2010年7月19日、アンディ・パートリッジは、自身のレーベル APE House から、A.J. Partridge 名義で、アルバム『 Powers 』をリリース。7年前。今日は記念日。 

Chalkhills: A.J. Partridge: Powers

その11日前、太陽光発電の飛行機、Solar Impulse が、24時間の飛行に成功した。 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

蝉のカタログ

 きょうは、メシアンの『鳥のカタログ』を聞いて、『スカイラーキング』を聞いた。 

 蝉は、古代ギリシャ世界だと、神の使いで、絶妙な音楽なのだろうけど、、、
posted by ノエルかえる at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする