2017年12月02日

Merry Christmas by Big Big Train

Big BIg Train の「 Merry Christmas 」、ビデオが公開されました、 

https://www.youtube.com/watch?v=DINVlwX9aZM
posted by ノエルかえる at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

ちょっとメモ:ポリフォニー〜ピエール・アンリ作品集(12CD)

 この7月に89歳で亡くなった、ピエール・アンリの九十歳記念ボックスセット。 
デッカから。 

Le coffret “Polyphonies” de Pierre Henry - Universal Music France
posted by ノエルかえる at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

きょうはそんな日だったんだ:Eddystone Lighthouse

 今年も、ハリケーンがイギリスを襲って、スウィンドンでも、空が赤くなっていたけれど。1703年の11月26日には、強力なハリケーンがイギリスに上陸して、ロンドンでも大きな被害があったそう。 
 それで、南西の端、コーンウォールの Eddystone にある灯台が倒れたそう。 

Great Storm of 1703 - Wikipedia 

Eddystone Lighthouse - Wikipedia 

なので、The Dukes of Stratosphear の「 Little Lighthouse 」。
posted by ノエルかえる at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッド・バーンハート

 トッド・バーンハート さんのアンディ・パートリッジへのインタビュー本、遅れていたけれど、12月22日に、発売される様。 

DU BOOKS: XTC コンプリケイテッド・ゲーム - アンディ・パートリッジの創作遊戯 / アンディ・パートリッジ  

 太田晋先生の翻訳。 

何より嬉しいのは、Todd Bernhardt の読み方が分かったこと。バーンハートさん。これまでは、フランス語風読みで、ベルナールと読んでいたので。バーンハートさん。バーンハートさん。  

 本体 2,800円、税が付いて、3,024円なので、原書の2,312円を考えると、格安なのでは?
posted by ノエルかえる at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TC&I レビューとコリン・モールディングへのインタビュー

 ビルボード、web版に、TC&I のEP「 Great Aspirations 」のレビューと、コリン・モールディングへのインタビュー記事が掲載されていた: 

Colin Moulding on Reteaming With Terry Chambers for 'DIY' New Project & Possibility of XTC Reunion | Billboard 
posted by ノエルかえる at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

Polygram Studios

 2017年版、サラウンド仕様の『 Black Sea 』に付録されている、「Phonogram Studios」デモとされているのは、Polygram Studios と同じスタジオを指しているのだと思うけれど。会社としては同じ系列なので、名称がどう使われていたのか、分からないのだけれど。1982年に、The Jam が『 The Gift 』をレコーディングしたスタジオだと思う。 
 パートリッジも、ベルナールさんとの対談( 「 Living Through Another Cuba 」の対談 )の中で、こちらの方が良かった、と言ってもいる。  
 対談でも、Polygram Studiosと言っているし、Fujimoto 『クロノロジー』でも、そう書いてある。


 で、実は、私はまだ注文もしていない。Big Big Train のクリスマス・レコードが、アマゾンで購入の受付を始めたら、一緒にしようかな、と思っている。バーニング・シェッドでは買わない。 
 緑の外袋はどうなっているのか知ら?? 
posted by ノエルかえる at 14:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

パートリッジの最近のTwitter

 3:55 - 2017年11月23日付けのコメントは、内容が不明。Kiyoyaka Ueda さんと言う方から、猫のTシャツを貰ったのだろうか? 

 それから、6:53 - 2017年11月23日付けのコメント。ギリシャの新聞(?)からのインタビューを受けた様なのだけれど、リンク先が、私の端末では、「サーバーが見つかりません」に。 
 検索で、このページは閲覧出来たのだけれど、詳細ページには繋がらない。 
https://www.inewsgr.com/174/synentefxi-Andy-Partridge-XTC.htm 
 記事の紹介だと思うけれど、 
「 HIT CHANNEL ΑΠΟΚΛΕΙΣΤΙΚΗ ΣΥΝΕΝΤΕΥΞΗ: Νοέμβριος 2017. Είχαμε την μεγάλη τιμή να μιλήσουμε μ’έναν θρυλικό μουσικό: τον Andy Partridge. Είναι περισσότερο γνωστός ως τραγουδιστής, κιθαρίστας και συνθέτης 」 
 ヒット・チャンネル 独占インタビュー、2017年11月。私たちは、音楽界の伝説 Andy Partridge 氏とお話しする栄誉に浴した。氏は、歌手として、ギタリストとして、作曲家として、大変に有名である。 

 出来るならば、内容が知りたい。
posted by ノエルかえる at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ちょっとメモ:TARKOVSKY QUARTET

 ECMのページをブラウズしていて、名前が気になったカルテット、Tarkovsky Quartet 。 
映画監督のタルコフスキーからの様。 
Home - Tarkovsky Quartet | ECM 2159 - ECM Records
YouTubeの動画: 
https://www.youtube.com/watch?v=g6PQO8MKb3Y 

 それから、Colin と言う名前で目に付いた、COLIN VALLON TRIO。 
Colin Vallon - Wikipedia
YouTubeの動画: 
https://www.youtube.com/watch?v=1z422AnEFbc
posted by ノエルかえる at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Keith Partridge の訃報

 1970年代のアメリカのシチュエーション・コメディー『パートリッジ・ファミリー』の長男キース・パートリッジを演じたデヴィッド・キャシディ David Cassidy さんが11月21日に亡くなった、と。享年67。アンディよりも三つ年上。Wikipedia に使ってある『パートリッジ・ファミリー』の頃の写真で着ているシャツの柄、なんとなく、「 3D-EP 」を思わせる。
posted by ノエルかえる at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

「 Thanks For Christmas 」記念日

 1983年11月21日、The Three Wise Men はシングル「 Thanks For Christmas 」をリリース、今日は記念日。34年前。 

 同じ日にリリースされたアルバムが、デュラン・デュランの『 Seven and the Ragged Tiger 』。 
 その頃ヒットしていたのが、9月29日にリリースされた、ビリー・ジョエルの「 Uptown Girl 」。 
それから、10月3日にリリースされた、ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンの「 Say Say Say 」。 

Seven and the Ragged Tiger - Wikipedia 

Uptown Girl - Wikipedia 

Say Say Say - Wikipedia 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スカイラーキング』記念日

 1986年11月21日、日本盤『スカイラーキング』がリリースされた。記念日。 

11月30日には、松任谷由実の『DA・DI・DA』がリリースされている。東芝EMI。 
10月21日には、斉藤由貴の『チャイム』。キャニオンレコード。
10月25日は、レベッカの『TIME』。CBSソニー。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

Landscape with the Fall of Icarus

 きょうは、ぼんやりしてて、Brian Ferneyhough の「 La Chute d’Icare 」を聞いた。 
それで、William Carlos Williams の詩「 Landscape with the Fall of Icarus 」を、その内自分で訳してみよう、と思ってた事を思い出したのだけど、訳したかどうか思い出せなくて、このブログを検索したけど無いようなので、まあ、また、その内訳そうと思ったり。 

La Chute d’Icare (1988)  

Landscape with the Fall of Icarus (poem) - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

Merry Christmas

 Big Big Train は、クリスマス・レコード「 Merry Christmas 」をリリースするそう。 

 TC&I は、BBC Wiltshire の James Thomas さんの番組に出演したそう。 

 パートリッジは、『 Apple Venus 』『 Wasp Star 』のビニール盤を予定しているらしい。
posted by ノエルかえる at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

TC&I 「 Scatter Me 」のこと

 「 Scatter Me 」のテーマって、「千の風にのって」と似ているのか知ら? 「千の風にのって」については、「お墓にはいません」しか知らないので分からない、、、 
 イギリスの歌謡曲だと、ビートルズの「 In My Life 」か「 Penny Lane 」に近いものかも知れない。もっと人生を経た感覚なのだけれど。自分の生まれ育った土地の神性に触れる感じ。 
 それで、自分の頭の中で繰り返そうとすると、何故か、途中で、ショパンの英雄ポロネーズになってしまう、、、  

 今度のEPについて、Twitter で、Anton Barbeau さんがコメントしていた、それに、Robyn Hitchcock さんが応えてる。  


 「 Scatter Me 」、来年には、スウィンドンのママさんコーラスの一番のレパートリーになってたりして。もしかしたら、イギリス中で歌われてるかも。
posted by ノエルかえる at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

What dreams may come, When we have shuffled off this mortal coil, Must give us pause

 「 What dreams may come, When we have shuffled off this mortal coil, Must give us pause 」 William Shakespeare, Hamlet  

 Web ページ、『 The Swindonian 』の「 Great Aspirations 」レビュー: 
Scene and Heard – CCXXIII : Scatter Me – TC&I   - The Swindonian  


posted by ノエルかえる at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Scatter Me - TC & I Song - BBC Music

 TC&I、BBCに登録されたので、試聴出来ます。 

https://www.bbc.co.uk/music/tracks/n4w6xb 

まあ、YouTube にビデオはあるのだけど、、、
posted by ノエルかえる at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

Scatter Me TC&I Available from pledge music.com and burning shed.com

 TC&I のビデオ公開! 

https://www.youtube.com/watch?v=Zkh_0ejs12Y


監督は、Laime Bite ( Famous Banana PIctures )
posted by ノエルかえる at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

TC&I 「 Great Aspirations 」のこと

 TC&I の「 Great Aspirations 」、フランスのクレモン=フェランにある Radio Arverne と言うラジオ局の『 Shake N Pop 』と言う番組で、木曜日に放送される予定だそう。 

Radio Arverne − Wikipédia  

 日本のラジオ局でも放送されるだろうか?  

 あ、それで思い出した、「 Kenny 」、何か思い出させる様に感じたのだけど、Hubert Mounier か、彼のバンド、L'Affaire Louis' Trio だ。
posted by ノエルかえる at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

TC&I『 Great Aspirations 』まずの感想

 モールディングが願っていた、絵本の様なブックレットの付いたミュージカルのレコードの様なものに、近づいたのだろうか、と、まず思った。 
 何か場面が直ぐに思い浮かぶ様な四曲だったから。主メロディも伴奏も全体の構成も、叙述的に思えた。歌の様に、感情を圧縮して吹き出すと言う感じでなくて。落着いて丹念に情景全体を叙述しようとしている感じ。Dave Franklin さんのレビューで言われていた、「 musical novel 」と言うのそんな感じを指しているのだろうか。 
 ちょっと連想したのは、浄瑠璃。長い物語りを語る、と言うことではなくて。その語り口。発せられた言葉の音が、何と言うのか、言葉の響の陰影で空間が構成されて、それで、その形が事象を叙述していると言うのか、、、よく分からないけど。途中のギターの音感も、浄瑠璃の太棹の様な感じもして、、、 
 何か深い悲しみもあるのだろうけれど、とても安心感もあって、   

 歌詞カードがないのは、残念。  


 それから、9:45 - 2017年11月13日付けのTwitter上のパートリッジのコメント「I have in my hand...no, the other hand, a lovely BLACK SEA 5.1 set. Have you ordered from here...?」https://twitter.com/xtcfans/status/930129422253985795 
僕が手に持ってるのは、あっ、これは違う、反対の手だった、素敵な『 Blake Sea 』5.1 セット。 
 これは、『 Blake Sea 』の宣伝を兼ねた、『 Great Aspirations 』のレビューではないか知ら。気になっている方の手に持っていたのは、だからそちらを先に挙げたわけだけど、もちろん、『 Great Aspirations 』なのだから。パートリッジもきっと気に入っているのだろう。『 Gonwards 』にも通じるじゃないか、等と思っていたりして。
posted by ノエルかえる at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

とうちゃこ

 TC&I のEP『 Great Aspirations 』届いた。
posted by ノエルかえる at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ちょっとメモ: Pocket Rhapsody

 iTunes を、ブラウズしていて、面白いかな、と思ったもの: 
『 Pocket Rhapsody 』
Frank Woeste  
ドイツのハノーファー生まれ ( 1976年 )、フランスで活躍するジャズ・ピアニスト、作曲家。 

Frank Woeste Official Website  


『 Synesthesia 』 
Thomas Fonnesbæk 1977年、コペンハーゲン生まれのジャズ・ベーシスト、 
Thomas FonnesbækのDiscogsにおけるディスコグラフィ
Justin Kauflin 1986年、メリーランド州シルバースプリング生まれのジャズ・ピアニスト。
Justin Kauflin - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フョードル・ドストエフスキー

 11月11日は、ドストエフスキーの誕生日、1821年11月11日。196歳。『罪と罰』の出版は、1867年、150周年。( ユリウス暦だと、誕生日は10月30日だけど。) 

 それから、世界平和の日。  

『罪と罰』、ウィキソースで、 
  В начале июля, в чрезвычайно жаркое время, под вечер, один молодой человек вышел из своей каморки, которую нанимал от жильцов в С-м переулке, на улицу и медленно, как бы в нерешимости, отправился к К-ну мосту.

Преступление и наказание (Достоевский) − Викитека
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

TC&I のこと

 私の所にはまだ来ない。実は、アマゾンで注文した、『 Bumper Book of Fun 』は、発送のお知らせが『 Great Aspirations 』より遅かったのだけど、今日届いた。( 注文はアマゾン・ジャパンでしたのだけど、送って来るのはイギリスからだった。 ) 

 それで、スウィンドン・アドヴァタイザーが、ブログ『 Dancing About Architecture 』の Dave Franklin さんのレビューの記事を転載していた。素敵なレビューだし。 
http://www.swindonadvertiser.co.uk/news/15651251.ALL_ABOUT__Great_aspirations__TC_I/ 

 それで、、、
posted by ノエルかえる at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

Just Galileo and Me

 『 Great Aspirations 』まだなので、「 Just Galileo and Me 」を聞いた。

 届くのは来週かなあ、、、
posted by ノエルかえる at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

TC&I 『 Great Aspirations 』

 もう一つのレビュー: 
Great Aspirations – TC&I (reviewed by Dave Franklin) | Dancing About Architecture 

これも素敵なレビュー。で、本当に待ち遠しい、、、
posted by ノエルかえる at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Waxworks / Beeswax 』記念日

 1982年11月5日、XTC はコンピレーション・アルバム『 Waxworks / Beeswax 』をリリース、今日は記念日。今年は35周年。 
Chalkhills: XTC: Waxworks / Beeswax

 同じ日に、ジョージ・ハリソンの『 Gone Troppo 』がリリースされている。 
 それから、三日後の8日に、同じ様なアルバムがリリースされている。それは、 ABBA のシングル集『 The Singles: The First Ten Years 』。大ヒット。 
The Singles: The First Ten Years - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ああ、そうだった:死者の日

 11月1日と2日は、死者の日だった。 

なので、XTC「 Poor Skeleton Steps Out 」。  

posted by ノエルかえる at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうはそんな日だったの: Guru Nanak Gurpurab

 今日、11月4日は、シーク教の開祖 ナーナクの誕生を祝う日。 
Guru Nanak Gurpurab - Wikipedia 

 でも、よく分からない、毎年移動日みたいだし、、、 まあ、いいか、今年は、11月4日、  

なので、XTC「 Greenman 」。
posted by ノエルかえる at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

Bumper Book of Fun for Boys and Girls

 カナダのファンマガジン「 Little Express 」の復刻・編集版『 Bumper Book of Fun for Boys and Girls 』、アマゾン・ジャパンでもやっと発売開始。2,700円。( 追記: 別に送料が1,150円。合計3,850円。 ) 

 それから、TC&I のEP『 Great Aspiration 』、イギリス国内だろうけれど、もう届いて聞かれた方のコメントが、Pledge Music のサイトに投稿されていた。「'Scatter me' is particularly wonderful.」とか、「Love "Kenny."」とか「Can't stop playing it-fantastic to hear new stuff」とか。 もちろん、長年のファンの方々だろうけれど、こう言う称賛を聞くと、自分の期待はまた大きくなる、、、
posted by ノエルかえる at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

きょうはそんな日だったの: Ninety-five Theses

 マルティン・ルターが95か条の議題をヴィッテンベルク城教会の門扉に張り出したのが、1517年10月31日。
ちょうど500年前。それから、宗教改革が始まったそう。 

 なので、XTC「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」。
posted by ノエルかえる at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

1986

 きょうは、『 Skylarking 』( 2010年ヴィニール盤 ) を聴いて、トーキング・ヘッズ『 True Stories 』を聴いて、シェリークバック『 Big Night Music 』を聴いて。 
 ストラングラーズの『 Dreamtime 』は持ってないので、と言うか聞いたこともないので。 
 エヴァン・パーカーの『 The Snake Decides 』も持ってないけど、YouTubeで聞いて、、、 

と言う訳で、1986年。 

 ヴォルフガング・リームは、この年に、オペラ『 Die Hamletmaschine ハムレットマシーネ』を完成させている。聴いたことがない。 
 細川俊夫は、ソプラノとギターの為の『連歌 1』。CD『うつろい』の何番に入っていたかしら??  

 アンソニー・ムーアの『 The Only Choice 』は、1984年だった、、、

 1986年は、増田みず子の『シングル・セル』が出版された年でも。 
 多田智満子の『祝火』も。 
 平出隆『家の緑閃光』、朝吹亮二『 opus 』、松浦寿輝『冬の本』は、1987年。
posted by ノエルかえる at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ちょっとメモ:テオドール・クルレンツィス 指揮 ムジカエテルナ演奏『悲壮』

 テオドール・クルレンツィスが指揮する、 ムジカエテルナ演奏のチャイコフスキー『悲壮』が遂にリリース。完璧主義者のクルレンツィスが入念にチェックするので、リリースがずっと遅れていたけど。 
 ソニー・クラシックから。
posted by ノエルかえる at 08:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Queen - News Of The World

 1977年10月28日、クィーンは、アルバム『 News Of The World 世界に捧ぐ 』をリリース。 
今年は四十周年。 
 XTC が、デビューした月に発表されたアルバムだ。 

News of the World (album) - Wikipedia  


https://www.youtube.com/watch?v=an59jUVbGOo
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

TC&I『 Great Aspirations 』

 TC&I のEP、バーニング・シェッドのカタログで、曲名が表示されていたので: 
「 Scatter Me 」「 Greatness 」「 Kenny 」「 Comrades of Pop 」。
posted by ノエルかえる at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Skylarking 』記念日

 1986年10月27日、XTC は、アルバム『 Skylarking 』をリリース、今日は記念日。31年前。 

同じ月の10月7日、トーキング・ヘッズは、アルバム『 True Stories 』をリリース。
この頃ヒットしていたアルバムは、ポール・サイモンの『 Graceland 』。 

この年、ハリソン・バートウィッスル Harrison Birtwistle のオペラ『 The Mask of Orpheus 』が初演される。
パートリッジとピーター・ブレグヴァドが聴いて感化されたかどうかは知らない。 


追記: 
日本盤『スカイラーキング』がリリースされたのは、11月21日。 
トーキング・ヘッズ『トゥルー・ストーリーズ』がリリースされたのは、10月22日。 
双方とも東芝から。  


追追記: 
1986年10月27日、ストラングラーズ The Stranglers は9枚目のアルバム『 Dreamtime 』をリリース。 


バリー・アンドリューズのバンド シェリークバック Shriekback が『 Big Night Music 』をリリースしたのも、1986年。日本盤は、翌1987年の4月25日だけど。 レコーディングが5月から6月だから、リリースは、やはり、10月あたりではなかったか? 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

パートリッジは注目している ( パートリッジ好み ) : Lullaby Baxter

 パートリッジがTwitter上でコメントしていた歌手。13:26 - 2017年10月21日 付けのコメント。 
Lullaby Baxter、カナダのジャズ歌手。1970年生まれ。ララバイ・バクスター、と読むの? 
Lullaby Baxter - Wikipedia 

 去年は、テキサスのジャズ・グループ Snarky Puppy をとても気に入っている様に書いていたけど。 
Snarky Puppy: ノエルかえる不恵留  

 パートリッジ自身、根はジャズなのだから、彼らに曲を書いて、パートリッジ集を録音してもらえばいいのに。
posted by ノエルかえる at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

『 Gonwards 』記念日 

 2012年10月22日、アンディ・パートリッジとピーター・ブレグヴァドは、アルバム『 Gonwards 』をリリース、今日は記念日。5年前。 
Chalkhills: Peter Blegvad & Andy Partridge: Gonwards 

 同じ月に、ジョン・マクラフリン John McLaughlin が、アルバム『 Now Here This 』をリリース。  
Now Here This - Wikipedia
 次の月、11月にだけど、オレゴン交響楽団が、『 This England 』と言うアルバムをリリースしている。エルガーやヴォーン・ウィリアムズ、ブリテンの作品を集めたもの。 
This England (album) - Wikipedia

 この年に、トニー・バンクスも、オーケストラ作品のアルバムをリリースしているけれど、『 Six Pieces for Orchestra 』。Six Pieces for Orchestra - Wikipedia 

 2,000個が用意された、ボックス・セットは、まだ売れ残っている。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

『ぶらっく・しー』記念日

 1980年10月21日、『 Black Sea 』日本盤が、ビクターから発売される。 緑の袋入り、Obi 付き。 
XTC - Black Sea (Vinyl, LP, Album) at Discogs 

その頃の日本円は、対ドルで、208円。 

この日、読売巨人軍の長嶋茂雄が監督を解任される。 

この年の12月、レッド・ツェッペリンが解散し、ジョン・レノンが死亡する。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ちょっとメモ: 波多野睦美 / 高橋悠治『冬の旅』

 メゾ・ソプラノの波多野睦美と高橋悠治のピアノで、シューベルトの『冬の旅』を録音。 

ダウランドアンドカンパニイ 

https://www.youtube.com/watch?v=stSZwjE5xg8
posted by ノエルかえる at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

ちょっとメモ:Ton-Klami 『 Prophesy of Nue 』

 トンクラミ、姜泰煥と佐藤允彦と高田みどりのトリオ、の1995年5月27日の山口県防府市、デザインプラザ・ホールでの演奏がディスクになったので。 
 リリースしたのは、リトアニアのNobusiness Records 。 

NoBusiness Records - Ton-Klami Prophesy of Nue

Ton-Klami* - Prophecy Of Nue (CD, Album) at Discogs
posted by ノエルかえる at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Working Title " Aviatrix "

 9:56 - 2017年10月18日 付けのTwitter上のパートリッジのコメント。 
The Clubmen、トラック・ダウン、と。2013年から4年間も断続的に編集してたのか知ら? やっと、完成出来るのか知ら? タイトルは、『 Aviatrix 』のままだな、、 
 リリースは来年だろうけど。
posted by ノエルかえる at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

パートリッジは蒐集してる ( パートリッジ好み ) :Staffordshire Potteries

 パートリッジが、Twitter上のコメントで触れていたもの。 
最近は、Staffordshire Potteries の置物が気に入っている様。ヴィクトリア時代の紙芝居の登場人物を陶器で作った置物を買って飾っている様。 
5:23 - 2017年10月17日 付けのコメント。  
「 I've really come to love Staffordshire pottery figures, 」

Staffordshire Potteries - Wikipedia  

ボーンチャイナ - Wikipedia

posted by ノエルかえる at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

きょうは

 きょうは、『 The Big Express 』と『 Monstrance 』( 青版、ディスク1 ) を聴く。 
『 Monstrance 』は素晴らしいアルバム。
posted by ノエルかえる at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mysterious red glow

 10月16日、スウィンドンは、ハリケーン・オフェリアの所為で、魔法の様な赤い太陽が見られたそう。 
モールディング、歌にしてくれると良いな。 

スウィンドン・アドヴァタイザーの記事: 
Mysterious red glow over Wiltshire and Swindon cast by 'hurricane' sun | Swindon Advertiser  

ハリケーン・オフェリア: 
Hurricane Ophelia (2017) - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

きょうは

 きょうは、『 Go 2 』と『 Monstrance 』を聴いた。『 Monstrance 』は、オレンジの方、ディスク2。 
 『 Monstrance 』は素晴らしいアルバムだ。『 Go 2 』のモールディングは、とても先鋭に聴こえる。
posted by ノエルかえる at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

きょうはそんな日だったんだ: Mata Hari

 きょうは、マタ・ハリの命日。1917年10月15日、フランスでスパイ容疑で逮捕され、銃殺刑に。 

 スラップ・ハッピーの「 Me and Parvati 」は、マタ・ハリの事が元にあるのだろうか? 
posted by ノエルかえる at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 The Big Express 』記念日

 1984年10月15日、XTC はアルバム『 The Big Express 』をリリース、今日は記念日。33年前。 
Chalkhills: XTC: The Big Express 

去年書いたのは: 
『 The Big Express 』記念日: ノエルかえる不恵留  


同じ日にリリースされたのが、トーキング・ヘッズの『 Stop Making Sense 』。 
Stop Making Sense (album) - Wikipedia 
アメリカでは、1985年にゴールド・ディスク、1986年にプラチナ・ディスクに認定。 

それに、ジュリアン・レノンの『 Valotte 』も同じ日にリリース。 
Valotte - Wikipedia 
イギリスでシルバー・ディスク、アメリカでプラチナ・ディスクに認定。  

その頃ヒットしていたアルバムは、U2 の『 The Unforgettable Fire 』( 10月1日にリリース )。 
フランスとオランダでゴールド・ディスク、イギリスでダブル・プラチナ・ディスク、カナダとアメリカでトリプル・プラチナ・ディスク。  

この年に、フィリップ・グラスのオペラ『 Akhnaten 』が初演。書かれたのは1983年。 
Akhnaten (opera) - Wikipedia
スティーブ・ライヒの『 The Desert Music 』が初演。書かれたのは1983年。
The Desert Music - Wikipedia 
ルイジ・ノーノのオペラ『 Prometeo 』が1985年に改訂されて、初演。 
Prometeo - Wikipedia  



日本盤『ザ・ビッグ・エクスプレス』がリリースされたのは、1984年12月21日。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

XTC at the Oasis

 先のスウィンドン・アドヴァタイザーの記事。読者からのコメントもあるのだけれど。その中でも、「 3D-EP 」からの大ファンと言う人のものが面白かった。「 3D-EP 」は、地元スウィンドンの Curtis 通りのお店 Flashback Records で買ったのだと。ライブも何度も見に行かれたそう。地元の会場オエイシスでのクリスマスのライブが印象深かったのか知ら。オエイシスでのライブ、Fujimoto『クロノロジー』では見つからないけど、1979年か知ら? ( 探し方が悪い? ) 

 地元には、こんな熱心なファンもいらっしゃるのだなあ、
posted by ノエルかえる at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

「 Great Aspirations 」遅延のお知らせ

 「 Great Aspirations 」遅延のお知らせが来た。製造が間に合わない様。リリースは間違いなく行われるのだろう。クラウドファンディングだったの?? 
 でも、近々、ビデオを公開する様。  

posted by ノエルかえる at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

「 Towers Of London 」記念日

 1980年10月10日、XTC はシングル「 Towers Of London 」をリリース、今日は記念日。37年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Towers Of London"
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする