2017年05月14日

「 No Thugs in our House 」記念日

 1982年5月14日、XTC は、シングル「 No Thugs in our House 」をリリース。今年は35周年。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "No Thugs In Our House"  

 XTC はその前の月の4月3日のライブを最後に、アメリカ・ツアーをキャンセルして帰国していて、Fujimoto『クロニクル』に依れば、5月1日には、コリン・モールディング一人がBBC1のテレビのクイズ番組に出演していて、( その番組では、ビル・ブラッフォードのチームが優勝。 ) 5月3日には、BBC1の音楽番組で、3月に撮影された「 Ball and Chain 」が放送されて、司会の Noel Edmons が3月のパリのステージでアンディ・パートリッジが倒れたことを公言して、、、、 

 当時のイギリスのリスナーたちはどういう風に、シングル「 No Thugs in our House 」を受け止めていたのだろう? ツアー中止事件後最初のシングルだけど。 
 私自身がツアーの中止を知ったのは、いつ頃なのだろう? 次のアルバム『 Mummer 』が出てからだろうか? 雑誌のインタビューで、泊まった安宿で、売春の摘発があって、銃を持った警官が傾れ込んで、他のたぶんアメリカ人の宿泊客たちが直ぐ様床に伏せるのに、一人ぼーっと立っていた、と言っていたのを読んだのは、その頃だったのか??  

 XTC は、8月には、スウィンドンのMechanics Institute theatre で次のアルバムのリハーサルを始めているけど。  

 その頃のイギリスのヒット・チャート1位だったのは、その年のユーロ・ヴィジョン優勝曲の西ドイツの歌手 Nicole の歌う「 A Little Peace Ein bißchen Frieden 」。
Ein bißchen Frieden - Wikipedia 
この年のホストは、イギリスでBBCだけど、これは、画面にorf と見えるからオーストリア放送協会のものだと思うけど?? 
https://www.youtube.com/watch?v=S1ecsnjaECQ  
ブリテンからの参加曲は、 Bardo が歌う「 One Step Further 」 
https://www.youtube.com/watch?v=SuGPWE1UifI



posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

TO THE BONE

 『 Powers 』( リイシュー版 ) まだ来ない。 

 スティーブン・ウイルソンさんの新しいアルバム『 TO THE BONE 』、ご自身のホームページでは、曲目リスト等は公表されたのですが、奏者などの詳しい情報はまだ書かれてない様。アンディ・パートリッジが提供した二曲がどれかも分からない。 

http://stevenwilsonhq.com/sw/details-on-the-deluxe-box-set-edition-of-to-the-bone/ 

 リリースは、8月18日の予定。『 Drums and Wires 』が8月17日だったなあ、、、 
https://www.youtube.com/watch?v=HXNE_l1YUHU  

 『 Grimspound 』もまだ来ない。
posted by ノエルかえる at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

Sir James stays richest in South West as fortune rockets by £2.8bn to £7.8bn

 きょうの( 5月4日付けかな? ) のSwindon Advertiser のトップニュースの見出しは、「 Sir James stays richest in South West as fortune rockets by £2.8bn to £7.8bn 」だった。
 ジェイムズ・ダイソンさんの資産が2.8ビリオン£急増して、7.8ビリオン£になったのだそう。数字がよく分からないです。大金持ちと言うことは分かります。アンディ・パートリッジに1000万円分くらい融資してくれないかなあ、、、 掃除機をテーマのアルバム一枚創るから、、、  

 アマゾンを見ると、『 Powers 』は、5月8日以降、Big Big Train『 Grimspound 』は5月18日以降に発送の予定と。どうかなあ? 5月中に発送があるかなあ。

 心配なのは、Shriekback のホームページが繋がらなくなっていること。『 The Fire Judges 』は、まだ注文もしてなかったのだけれど。アマゾンにも、バーニング・シェッドにも出てないので、、、  


なので、XTC「 Rocket From A Bottle 」。
posted by ノエルかえる at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

35周年、25周年

 ベネズエラのラジオ局だと思うのだけれど、 XTC の特集を組んでいたみたい。『 English Settlement 』( 1982 ) がリリース35周年、『 Nonsuch 』( 1992 ) がリリース25周年だから、と言うことなのか知ら。 

Especial XTC "English Settlement" (35 aniv) y "Nonsuch" (25 Aniv) en Acto de Fe (Abril 30, 2017) - Revista Ladosis 

 改めて言われて、気が付いた、、、、  今年は、記念的な年だ、、、デビューも、1977年10月だから、デビュー40周年でもあるし、、、 
posted by ノエルかえる at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

「 Dear God 」の対談

 『 English Settlement 』についての、ベルナールさんの対談記事は、終わった。アルバム15曲中の8曲に関してのインタビューが公開されていた。記事は10ある。「 No Thugs in Our House 」と「 Yacht Dance 」については、アンディ・パートリッジとの対談と、デイブ・グレゴリーの回想があるので。 
 「 Runaways 」「 Melt the Guns 」「 Leisure 」「 Knuckle Down 」「 Fly On The Wall 」「 Down In The Cockpit 」「 English Roundabout 」については、インタビューが行われてないか、公開されてないか。 

 それで、次は、2016年版のLPに付けられた、ノートを読もうかと思うのだけれど。その前に、一つ、訳したい対談がある。 
 このブログで、ベルナールさんの対談を訳し始めた頃、2010年版の『 Skylarking 』LP が発表されて、パートリッジとモールディングによる各曲のノートが付けられていて、それを訳したので、対談の方は訳さないでいた。でも、「 Dear God 」については、ノートでは、パートリッジは語りたくないとだけ書いていたので。その「 Dear God 」についての対談を読んで行こうかと思う。 
 それに関連して、つい先頃、Twitter上で、パートリッジに一つの質問がされていて、興味深かったので。 
https://mobile.twitter.com/xtcfans/status/857304628752502787?p=v 
2017年4月26日付け
 DM Street と言う方からの質問: 
「 I'm going to try this one last time. My big question: did the girl singing on "Dear God" sing the note you chose on the word "beer"」 
 それに対してのパートリッジの返信: 
「We were barred from the session by TR, it was all his call. We could only listen when it was finished and she'd gone.」 
さらに質問: 
「Thank You! Do you agree it's a very interesting note that is probably different than one might expect? Or do you hear it that way naturally?」 
答え: 
「Truthfully I've never paid it that much attention, as it was fixed and we couldn't change it anyway, so...move on.」 

 バース部分の「beer」の音程が、他のところ、( あるいは、聴き手が予想している音 ) と違っているのは何故か?と言う質問で、パートリッジは、あれ( 子供が歌った所 )はトッド・ラングレンに追い出されて、完成まで聴かされていなかった、これまで、気に留めていなかった( それに、変えることも出来なかった )、と答えている。 
 これは重要なことだと思う。デモ・テイクとも較べないといけない。パートリッジが歌詞の内容を反映させる為に音程を変えていたのか、ラングレンがアレンジの段階で変えたのかは、確かめてみたい所だ。  
( 追記: Blu-rayに収められているデモ・テイクでは、完成版と同じ音程。 )

 それから、テリー・チェンバースへのインタビューは、カテゴリーを別に作って、読んで行こうかと思う。ずっと、後になると思うけれど。
posted by ノエルかえる at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

「 Life begins at the Hop 」記念日 / メシアン忌・『 Nonsuch 』記念日

 きょうは、「 Life begins at the Hop 」記念日で、『 Nonsuch 』記念日で、メシアン忌。


 「 Life begins at the Hop 」は、38年前。
Life begins at the Hop 記念日: ノエルかえる不恵留

 『 Nonsuch 』は、25周年。メシアン没後25年。
Nonsuch 記念日 そして、メシアン忌: ノエルかえる不恵留  

追記: 
Wikipedia で、1992 in British music を見ると、 
Alun Hoddinott - Symphony No.9 'Vision of Eternity' と
Jonathan Harvey - Inquest of Love. が。 

アラン・ホディノット は、ウェールズ人で、初めて世界的に認められた作曲家と言うこと。1929年生まれ、2008年没。 
アラン・ホディノット - Wikipedia  

ジョナサン・ハーヴェイは、オペラ『ワーグナーの夢 Wagner Dream 』で知られている人。1939年生れ、2012年没。『 Inquest of Love 』は、最初のオペラ?? 
jonathan harvey | composer | vivosvoco.com
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

楽しみに待って

 『 Powers 』も Big Big Train『 Grimspound 』も、私は、アマゾンで注文したので、まだ来ない。5月中には来るか知ら。入荷しませんでした、とはならないと思いたい。ビートルズ『サージャント・ペッパーズ・ロンリー・ハート・クラブ・バンド 50周年』は、近所のレコード屋さんに頼んでいる。 
 楽しみに待っている。 

 スウィンドン、もう、日の出は、5時48分。日没は20時23分。もうそろそろ、『スカイラーキング』の季節。それに、3月30日には、最高気温が20℃に行ったのだし。でも、昨年も、今頃は、そうだったけれど、昨日25日の朝の最低気温は−1℃、今日は+1℃。まだまだ寒い。でも、今年のレコード店の日には、ピンク・フロイドの「星空のドライブ」がビニール盤でリリースされたし、何だか、夏の薄明るい夜の感じが、、、 

 で、クラウス・フーバーの『 James Joyce Chamber Music 』でも、聴こうかなあ、、、 
Klaus Huber – Works
posted by ノエルかえる at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

二年半前。

 ポール・マッカートニーの公演、今日は、武道館。27日は、東京ドームだけれど。27日は、『 Nonsuch 』記念日。25周年になる。 
 で、ポール・マッカートニーの言葉に倣えば、ほんの二年と半年前の気がする、、、 

 あ、と言うことは、『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 』が発表されて、四半世紀経って、『 Nonsuch 』が発表されたのね。『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 』から二十年経って、『 Psonic Psunspot 』。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

「モーデル-ファルティングスの定理」

 『「モーデル-ファルティングスの定理」 〜 ディオファントス幾何からの完全証明 〜』、
と言う本のタイトルを見ても、コリン・モールディングに見える、、、 
 モールディングとチェンバースのEPについての情報が欲しくて、、、 
年内に発表されるのかなあ、、、

http://www.saiensu.co.jp/?page=book_details&ISBN=ISBN978-4-7819-1402-2&YEAR=2017
posted by ノエルかえる at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ちょっとメモ: ザップルレコード興亡記

 『ザップルレコード興亡記』 ( 書籍 ) 
バリー・マイルズ 
野間けい子 訳 
河出書房新社  2017年2月刊 
ザップル・レコード興亡記 - Webcat Plus  

原書『 The Zapple diaries : the rise and fall of the last Beatles label 』
Abrams Image ( New York )   2016年刊  
The Zapple diaries : the rise and fall of the last Beatles label (書籍, 2016) [WorldCat.org]  

朝日新聞の書評で、細野晴臣さんが取り上げられていた。
posted by ノエルかえる at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「 Great Fire 」記念日

 1983年4月22日、XTC は、シングル「 Great Fire 」をリリース。今日は記念日。34年前。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Great Fire" 

歌詞の訳: 
Great Fire 訳: ノエルかえる不恵留  


 この日、ソビエト連邦のクルスク原子力発電所で、燃料棒の装填が上手くいかず、原子炉が停止した。大きな事故にはならなかった様。チェルノブイリの事故は、3年後の1986年4月26日。 

 この日、アメリカのジャズ・ピアニスト、アール・ハインズ Earl Hines が死去。現代ジャズピアノの基礎を築いた人。さらに、現代ジャズの和声を築いた人。1903年12月28日生れ、享年79。 
Earl Hines - Wikipedia 


 それから、セルバンテス忌。ドン・キホーテを書いた Miguel de Cervantes が亡くなった日。没後401年。 


 それと、8日前の4月14日に、デビッド・ボウイの『 Let's Dance 』がリリースされている。 
 それと、一週間前の4月15日に、東京ディズニーランドがオープン。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ちょっとメモ: たのしい川べ ( 新訳 )、 それに、佐藤さとるの展覧会

 児童文学の『 The Wind in the Willows 』の新しい訳が出版。杉田七重さんの訳で、西村書店から。イラストも、原書の2007年版に付けられた、ロバート・イングペン Robert Ingpen ( オーストラリアのイラストレーター )のもの。 

出版社のホームページから : 
楽しい川辺 | 西村書店 

たのしい川べ - Wikipedia 



それから、今年の2月に亡くなられた佐藤さとるの展覧会: 
神奈川県の関東学院大学の図書館で、 
「佐藤さとるとコロボックルの世界」 
2017年4月10日から28日 
大学のプレスリリースから、( 終わると削除されるかな? )
http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/index.php/ja/home/news/press-release/1781-2017-04-04-06-08-40.html
posted by ノエルかえる at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

ちょっとメモ: Luigi Nono: Seguente

 2014年にリリースされていた、ルイジ・ノーノの作品集。 
『 Luigi Nono: Seguente 』
ドイツのレーベル Edition RZ から。 

Luigi Nono - Seguente (CD, Album) at Discogs 

レーベルのホームページから: 
Edition RZ  

posted by ノエルかえる at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

bag o'bones

 「 It's Nearly Africa 」の歌詞の訳、「 bag o'bones 」を「 backbone 」と勘違いして訳していました。 

It's Nearly Africa 訳: ノエルかえる不恵留 

 これは、訂正しなくてはいけない。
posted by ノエルかえる at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

「 King for a Day 」記念日

 XTC は、1989年4月17日、シングル「 King for a Day 」をリリース。今日は記念日。28年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "King for a Day"  

歌詞の訳: 
King for a day 訳: ノエルかえる不恵留  

シングルのアートワークは、ギヨーム・ド・ティール Guillaume de Tyr の『 Histoire d'Outremer 海の向こうの歴史』から、エルサレム包囲戦の挿絵。
Siege of Jerusalem.jpg - Wikipedia 

Histoire de la Terre d'Outremer, par Guillaume de Tyr. | Gallica


プロモーション・ビデオは、Tony Kaye が監督で、1989年4月14日、ロンドンのWest Way Studios で撮影。 
mvdbase.com - XTC - "King for a day"  


その二日前の4月15日に、胡耀邦が亡くなる。そうして、天安門事件が起こる。 

この年には、1月に昭和天皇も亡くなっているし、4月には、日本の皇族の生まれで朝鮮の李王室に嫁いだ李方子( 梨本宮方子 ) も亡くなっているし( 4月30日 )、朝鮮王室の王女から日本の宗家( 宗武志 )に嫁いだ徳恵翁主も亡くなっている( 4月21日 )。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

動くマルセル・プルースト

 動くマルセル・プルーストを見た。マジカル・ミステリー・ツアーの頃のポール・マッカートニーの様、 

https://www.youtube.com/watch?v=51COHIgjbYU 

 かっこいい、
posted by ノエルかえる at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

Complicated Game アンディが明かす真実のXTC(仮)

 ベルナールさん ( 正しい読み方を、私は知らないのだけど、 ) Todd Bernhardt さんのインタビュー・本、翻訳者が交替。藤本 成昌 さんは、ご都合に依り辞退されたと言うことで、太田晋さんに。 

 太田晋さんは、以前、雑誌『ユリイカ』に、「Just a Complicated Game--XTC、ニホン(語)の旅 」と言う記事を書かれていた方。 
Just a Complicated Game--XTC、ニホン(語)の旅: ノエルかえる不恵留 
 英文学者。今は、成蹊大学の法学部に籍があるみたい。 
 で、ディスク・ユニオン・ブックスからの出版は、今年の11月の予定。 

 まあ、上の記事で、訳者に選ばれたのかなあ、、、タイトルが似てる。
posted by ノエルかえる at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!翻訳 サービス終了のお知らせ

 「Yahoo! JAPANでは、機械翻訳利用のすそ野を広げることで言語間の壁を低くすべく、2005年より「Yahoo!翻訳」の提供を行ってまいりました。 // 機械翻訳利用のすそ野を広げることを目指してきた「Yahoo!翻訳」は、その役目を終えたと考え、サービスを終了させることにいたしました。」なのだそう。
http://honyaku.yahoo.co.jp/info
posted by ノエルかえる at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

きょうはそんな日だったんだ: Marathon of Hope

 1980年4月12日、カナダの大学生、テリー・フォックス Terry Fox が、「希望のマラソン Marathon of Hope」を始めた。テリー・フォックスは、1958年生まれ、22歳の時のこと。1977年に骨肉腫で右足を切断していた。癌研究の資金を得る為に、「希望のマラソン」を始めたと言うこと。同年の9月には、癌が肺に移転していることが分かって、マラソンは断念、入院。翌年1981年6月28日に死去。  

 それで、XTC「 I Remember the Sun 」。  
I Remember the Sun 訳: ノエルかえる不恵留  


 この二三日、YouTubeで、80年代に、XTC と共に、私の好きだった、バンド、Black Uhuru を聴いている。CDで買い直してはいなかったと思う。 
 それで、ユフルのピューマ・ジョーンズさんは、1953年生まれだけれど、1987年に、36歳で、乳癌で亡くなってたんだなあ、と。
posted by ノエルかえる at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

きょうはそんな日だったんだ: Times Square

 1904年4月8日、ニューヨーク・タイムズ社の本社が、42丁目の角に移転。その時に、交差点が、タイムズ・スクエアと命名されたそう。 

 なので、XTC「 She's So Square 」、「 Take This Town 」。
posted by ノエルかえる at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」記念日

 XTC は、1992年4月5日に、シングル「 The Ballad of Peter Pumpkinhead 」をリリース。今日は記念日。今年は、25周年。 
Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Ballad of Peter Pumpkinhead" 

歌詞の訳: 
The Ballad of Peter Pumpkinhead 訳: ノエルかえる不恵留  

 この日、ボスニア・ヘルツェゴビナがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立を宣言し、戦争が始まった。

 翌日の4月6日に、作家のアイザック・アシモフ Isaac Asimov が亡くなった。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

Last Concert 記念日

 昨日は、XTC の最後のライブの記念日だった。 
Last Concert: ノエルかえる不恵留 

posted by ノエルかえる at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

ちょっとメモ : 『肥沃の国の境界にて <線・ポリフォニー⇒…!?>』

 ピアニスト瀬川裕美子のアルバム『肥沃の国の境界にて <線・ポリフォニー⇒…!?>』。 
ウェーベルン:変奏曲op.27と、ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番変ロ長調op.106 "ハンマークラヴィーア"と、シューベルト:即興曲D.935 第2番変イ長調と、近藤譲:長短賦と、ブーレーズ:ピアノソナタ第1番と、近藤譲:高窓と、ブラームス:間奏曲op.119 第1番ロ短調。それに、パウル・クレー:最後に(朗読)。 
 クレーの朗読ってなんだろう?  

肥沃の国の境界にて 〈線・ポリフォニー⇒・・・!?〉 | Toneforest OnlineShop
posted by ノエルかえる at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 Easter Theatre 」記念日

 XTC は、1999年4月2日、シングル「 Easter Theatre 」を自身のレーベル Idea Records からリリース。今日は記念日。18年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Easter Theatre"  

 その約一ヶ月前、3月7日、アメリカ出身でイギリスに移住した、映画監督 Stanley Kubrick スタンリー・キューブリックが亡くなった。 
 「 Easter Theatre 」リリースの翌日の、4月3日、イギリスの作曲家、Lionel Bart ライオネル・バートが亡くなった。ライオネル・バートは、ミュージカル『 Oliver! オリバー! 』で知られた人。 

 今年の復活祭は、4月16日。 
 リリースされた1999年は、4月4日。  

歌詞: 
Easter Theatre 訳: ノエルかえる不恵留
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

『 25 O'Clock 』記念日 +『のんさっち』記念日

 XTC は、1985年4月1日に、The Dukes of Stratosphear 名義で『 25 O'Clock 』をリリース。今日は、記念日。32年前。 

 それに、『 Nonsuch 』は、日本では、1992年4月1日にリリース。今年は25周年。  

Chalkhills: The Dukes of Stratosphear: 25 O'Clock 
Chalkhills: XTC: Nonsuch  

 当時、日本では、『 25 O'Clock 』はリリースされなかった。ビクターから東芝EMIに移行する合間だったからか?? XTC の正規版がリリースされてなかった韓国内では、『 25 O'Clock 』はリリースされた。 

 1985年、4月10日に、マドンナの初めてのコンサート・ツアー『ヴァージン・ツアー』が始まった。 
The Virgin Tour - Wikipedia
 1985年3月23日、アメリカ合衆国のジャズ・サクソフォン奏者 Zoot Sims ズート・シムズが亡くなっている。スウィング・スタイルの最高のサクソフォン奏者と言われた人。
 3月28日、ロシア出身の画家、マルク・シャガールが亡くなっている。 
マルク・シャガール - Wikipedia 
 3月31日、フランスの作家で画家の Michel Georges-Michel M.ジョルジュ=ミシェルが亡くなった。ジャック・ベッケル監督の映画作品『モンパルナスの灯』の原作を書いた人。 
Michel Georges-Michel - Wikipedia 
モンパルナスの灯 : モジリアニ物語 - Webcat Plus  
 4月8日、アメリカのシンガー・ソングライター、John Frederick Coots ジョン・フレデリック・クーツが亡くなった。有名な「 Santa Claus Is Coming to Town サンタが街にやってくる 」を書いた人。 
John Frederick Coots - Wikipedia 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

「 The Disappointed 」記念日

 XTC は、1992年3月23日、シングル「 The Disappointed 」をリリースした。今日は記念日。今年は25周年。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Disappointed"  

その前日の3月22日、スペース・シャトル、アトランティスが打ち上げられた。STS-45 。この宇宙飛行では、地球温暖化を観測する為の、Atmospheric Laboratory for Applications and Science (ATLAS-1) が行われた。 
STS-45 - Wikipedia  


歌詞: 
The Disappointed 訳: ノエルかえる不恵留
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「 Wait Till Your Boat Goes Down 」記念日

 1980年3月14日、XTC は、シングル「 Wait Till Your Boat Goes Down 」をリリース。今日は、その記念日。37年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Wait Till Your Boat Goes Down" 

 その四日後の1980年3月18日、ポーランド出身の画家、タマラ・ド・レンピッカ Tamara de Lempicka が亡くなる。81歳。 

 レンピッカの作品『 Musician 』: 
Lempicka_musician.jpg
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

「 Respectable Street 」記念日

 1981年3月13日、XTC は、シングル「 Respectable Street 」をリリース。36年前。 
アルバム『 Black Sea 』は、前年の1980年にリリース。

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Respectable Street"  

 その二日後の1981年3月15日、フランスの映画監督ルネ・クレール René Clair が亡くなった。82歳。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

25年ステージのライブから遠ざかっているので

 シェリークバックは、25年もステージのライブから遠ざかっていたのだけれど、再び、ステージをしようと計画中なのだそう。でも、ステージを行う為の資金が不足しているのだそう。それで、Kickstarter で、募金を募っていた。35,000ポンドが要ったのだけど、今朝見ると、募金額は、35,622になっているから、足りたのだと思う。なので、ステージを行うのだろう。 
 ツアーにするのかどうかは分からない。日本からも、募金されていたら、日本に来るのか知ら?? XTC の元メンバー5人の中で、来日してないのは、バリー・アンドリューズ、独りではないか知ら? ギャング・オブ・フォーが来日して、ステージを行ったかどうかも、私は知らない。( 追記: 再結成後の2005年と2013年に来日公演。2013年の時には、デイブ・アレンはいなかったのだと思う。 ) ( 追記2: Shriekback の元メンバーの Mike Cozzi ( 『Big Night Music』『Go Bang! 』に参加。 )は、ピーター・ゲイブリエル・トリビュート・バンドで来日するらしい。 )
 ヴィニール・ジャパンが招聘するかも知れない。  
posted by ノエルかえる at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ビッグ・ビッグ・トレインの

 ビッグ・ビッグ・トレインのホームページが新しくなっていた。 それで、ショップが閉鎖されていた。これからは、バーニング・シェッドか、それぞれの販売店を通して、販売することになったそう。CDなどは、バーニング・シェッドで、グッズは The Merch Desk 。 
 販売規模が大きくなって、バンドのショップでは対応出来なくなったみたい。 

 それで、新しいアルバム『 Grimspound 』の予約が、バーニング・シェッドで始まっている。CDも、ビニール盤も。ビニール盤だと、二枚組。  


 うううん、また、日本盤も出るかなあ? アマゾンで購入しようかなあ、、、  


夜、追記: 
なので、アマゾン・ジャパンで、『 Powers 』と『 Grimspound 』を予約注文した。 
posted by ノエルかえる at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

Powers

 アンディ・パートリッジの作品『 Powers 』の通常CDの予約が始まっていた。 
12ページのブックレットが付くそう、 
 4月21日リリース予定。
posted by ノエルかえる at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

『 Take Away / The Lure of Salvage 』前日記念日

 1980年2月29日、アンディ・パートリッジは、Mr. Partridge 名義で、『 Take Away / The Lure of Salvage 』をリリース。今年は、閏年ではないので。 
 37年前。 
 日本盤のリリースは、ビクターから、6月21日にリリース。 

Chalkhills: Mr. Partridge: Take Away / The Lure of Salvage 

posted by ノエルかえる at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

『 Oranges & Lemons 』記念日

 1989年2月27日、 XTC は、『 Oranges & Lemons 』をリリース。今日は記念日。28年前。 
Chalkhills: XTC: Oranges & Lemons 


 この日の出来事、ベネズエラの首都カルカスで大規模な暴動が発生( Caracazo )。軍隊が発砲し、多数の死傷者が出た。
「 Here Comes President Kill Again 」 
( XTC は、1981年4月29日と30日、カラカスでコンサートを行っているけれど、29日のコンサートでは、民衆と武装警官隊の間に挟まれて、非常に危険な思いをしている。 )



 この日亡くなった人、動物行動学者のコンラート・ローレンツ Konrad Lorenz 。享年85。 

 1989年のカーニバルは、2月5日か知ら? 告解火曜日 Shrove Tuesday は2月7日。 

2016年02月27日『 Oranges & Lemons 』記念日: ノエルかえる不恵留 と同内容  


日本盤は、LPはなくて、CDで、ビクターからリリース。1989年2月21日。( なので、先行発売? この日付は、以前にあった、Idea のサイトのものだけど、正しいのか? ) 
ROCKIN'ON ロッキングオン 1989年5月号 に記事がある様だけれど、分からない。 
ミュージックマガジン 1989年5月号には、「純粋培養された XTC 流 ”究極のポップミュージック”」と言う記事。高橋健太郎さん。 
両方の雑誌に、5月号で掲載されていると言うことは、発売は、4月だったのか??? 
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

『 Apple Venus 』記念日

 1999年2月22日、XTC は、アルバム『 Apple Venus 』を、自身のレーベル Idea からリリース。 
Chalkhills: XTC: Apple Venus Volume 1  
 18年前。


 できごと、その翌日の1999年2月23日、イギリスの「女性」作曲家、ルース・ギップス Ruth Gipps が死去。ギップスは、1921年2月20日生まれ、享年78。作曲は、ゴードン・ジェイコブ、ヴォーン・ウィリアムスに師事。調性音楽。五曲の交響曲がある。調性だけれど、構成は複雑で、そういうところ、イギリスのプログレッシブ・ロックの土壌になっているのかも。 

以上、2016年2月22日のと同文。 
『 Apple Venus 』記念日: ノエルかえる不恵留  

 日本盤は、2月17日に。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

Dick Bruna

 ディック・ブルーナ Dick Bruna さんの訃報。89歳。2月16日に亡くなったそう。 

Dick Bruna - Wikipedia 

posted by ノエルかえる at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

佐藤さとるさんの訃報

 ニュースに、佐藤さとるさんの訃報。9日に亡くなったそう。88歳。 

 きょう、机上に置いてあるのは、でも、西脇順三郎コレクション3。
posted by ノエルかえる at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Apple Venus 』プレ記念日

 『 Apple Venus 』は、イギリスでは、1999年2月22日のリリースだけれど、日本盤は、それに先立って、2月17日に、ポニーキャニオンからリリース。 
 なので、準記念日。 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

『 English Settlement 』記念日

 1982年2月12日、 XTC は、アルバム『 English Settlement 』をリリース。今年は35周年。 

Chalkhills: XTC: English Settlement  


五日後の1982年2月17日、ピアニストのセロニアス・モンク Thelonious Monk が亡くなった。 

三日前の1982年2月9日、日本航空の旅客機が羽田沖に墜落。精神病の機長の幻覚による異常な操縦のために。 



追記: 日本盤は、同年4月21日に、ビクターからリリース。10曲収録の一枚アルバム。 
雑誌『ロッキングオン』1982年5月号に、「ゆるがぬ自律精神 XTC の新作「イングリッシュ・セトルメント」」と言う記事、市川哲史さん。 
雑誌『ミュージックマガジン』1982年6月号のクロス・レヴューの蘭で、中村とうようさんは、『イングリッシュ・セトルメント』に9点。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

Grimspound

 グレゴリーさんのバンド Big Big Train の新作アルバム『 Grimspound 』のトレイラー : 

posted by ノエルかえる at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ちょっとメモ : 「穏やかな放射」「トリスティア」

 ロシア( ソヴィエト ) の作曲家、ヴャチェスラフ・アルチョーモフ Вячесла́в Петро́вич Артё́мов の作品を、アシュケナージとギリシャ出身の鬼才、クルレンツィスが録音。CDでリリース。 
 Divine Art Records から。 

 ヴャチェスラフ・アルチョーモフは、1940年生まれで、1975年から、グバイトゥーリナたちと即興演奏の活動をして、1979年から、フリーランスの作曲家としての活動。12音音楽や複調性、ミニマリズム、民族的様式、即興音楽を混淆させた作風。 
 って、ほとんど、もう一人の XTC 。 
 ロストロポーヴィチが高く評価していたそう。 
ヴャチェスラフ・アルチョーモフ - Wikipedia


divine art dda 25144 vyacheslav artyomov symphony gentle emanation tristia 

日本での流通版は、ナクソス???
posted by ノエルかえる at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ちょっとメモ : イアン・ボストリッジ 著『シューベルトの「冬の旅」』( 書籍 )

 イギリスのテノール歌手で、音楽学者でもある、イアン・ボストリッジのシューベルトの『冬の旅』の分析。 

2017年2月に、アルテスパブリッシング社から、邦訳が出版。 
翻訳は、岡本時子、岡本順治。 
アルテスパブリッシング社のホームページから: 
シューベルトの「冬の旅」 | アルテスパブリッシング  

原書は、『 Schubert's winter journey : anatomy of an obsession 』。 
Schubert's winter journey : anatomy of an obsession (書籍, 2015) [WorldCat.org]  


まあ、それで、イアン・ボストリッジがコリン・モールディングの歌をソング・ブックにして、アルバムを作ると、嬉しいのだけれど。  

 と、それから、アンディ・パートリッジも、『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 』の分析を書いて、本にすれば良いのに。  

posted by ノエルかえる at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

今日はそんな日だったんだ : Ulysses Publication

 きょうは、2月2日、1922年2月2日、ジョイスの『ユリシーズ』が出版された。 
 その同じ、2月2日に、「 Meeting Place 」がリリースされたと言うのも、何だか、意味がある様な気が。『ユリシーズ』のどこかに、「ミーティング・プレイス」が挿入されていてもいいなあ、と。
posted by ノエルかえる at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 The Meeting Place 」記念日

 1987年2月2日、 XTC は、シングル「 The Meeting Place 」をリリース。今日は記念日。今年は、30周年。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Meeting Place"

この日、スコットランドの作家、アリステア・マクリーン Alistair MacLean が亡くなっている。 

Alistair MacLean - Wikipedia  


追記: 2月2日は、柴田南雄の命日でも。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

「 Wake Up! 」記念日

 1985年1月28日、 XTC は、シングル「 Wake Up! 」をリリースする。32年前。 
( この日付は、Fujimoto『 XTC Chronology 』に依る ) 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Wake Up!"  

 この日、ロサンゼルスの A&M Studios で、チャリティー用のシングル「 We Are the World 」が録音される。
We Are the World - Wikipedia
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

Pianist in Trouble Paul Klee

 きょう、書店に立ち寄って、『レコード芸術』を立ち読みして来た。パウル・クレーの絵『手こずるピアニスト』が掲載されていた。水彩画のスケッチのような。完成された作品ではないよう。1905年( だったと思う ) に描かれたものだから、クレーの若い頃、習作時代( ? ) のもの。クレーは1879年生まれだから、25、6歳。[ 1909年だった。なので、クレーは30歳くらい。 ] 

 絵は、裸の老人と思われる人物がピアノに向かっているのを背後から描いたもの。人物は、お丸に座っている。両手はピアノの鍵盤に置かれているけれど、両足は、金具の様なものでピアノに繋がれていて、それで、何かの操作をする様なのだけれど。胴体はもう均整が崩れている感じ、背骨も歪んでいる感じ。その上に載っている頭は禿げている。それで、両目が左右に飛び出している様に見える。頭の向こうに伺える楽譜は、記号が乱雑に書散らされている感じ。 
 なんだか面白い。 

 パートリッジが、この絵をモチーフにして、音楽、アルバムを創らないかなあ、、、  


 この絵をインターネットで探したけれど、次のブログで見つけただけ。 
Music players | sketchuniverse  

『 Pianist in Trouble 』も英語での表題で、原題は何か分からないし、今何処に所蔵されているのかも分からない。 

by-klee-pianist-in-trouble-caricature-of-modern-music1.jpg
posted by ノエルかえる at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

今日はそんな日だったんだ : Cullinan Diamond

 きょうは、1月26日だった。1905年1月26日、南アフリカのカリナンで、史上最大のダイヤモンドが発見された。鉱山の所有者トーマス・カリナン Thomas Cullinan の姓をとって、カリナン・ダイヤモンドと名付けられた。 

Cullinan Diamond - Wikipedia  


 XTCの歌に出て来るのは、カリナン・ダイヤモンドではなくて、ブルー・ダイヤモンド ( ホープ・ダイヤモンド ) だけれど。 
 でも、まあ、 XTC の「 Dear God 」。
posted by ノエルかえる at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

「 Love at First Sight 」記念日

 1981年1月23日、 XTC は、シングル「 Love at First Sight 」をカナダでリリース。今日は記念日。36年前。

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "Love at First Sight"  


この日、アメリカの作曲家、サミュエル・バーバー Samuel Barber が亡くなっている。1910年生まれ、享年71。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

『 White Music 』記念日

 1978年1月20日、 XTC は、アルバム『 White Music 』をリリース。今日は記念日。39年前。XTC のデビュー・アルバム。 

Chalkhills: XTC: White Music  

 その四日後の1978年1月24日11時53分に、ロシアの原子炉衛星コスモス954号が、コントロールを失って、地上に落下。カナダの無人地帯に落ちた。 
コスモス954号 - Wikipedia
 「 Radios in Motion 」は、楽しい歌なのだけれど、何だか、コスモス954号落下の不穏な雰囲気にも通じている様な気も。 
 それに、大気圏で原子炉が消失して行くのなんて、核搭載ピンク・フロイド ( シド・バレット ) と言われて登場した XTC を象徴している様な気も。 

posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

今日はそんな日だったんだ : Hello, Dolly!

 今日は1月16日。1964年1月16日、ジェリー・ハーマン Jerry Herman が音楽を書いた、ミュージカル『 Hello, Dolly! 』が、ブロードウェイで初演された。 

Hello, Dolly! (musical) - Wikipedia  

 それで、XTC の「 Stupidly Happy 」。  「 In Another Life 」かな?  
posted by ノエルかえる at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「 The Mayor of Simpleton 」記念日

 1989年1月16日、XTC は、シングル「 The Mayor of Simpleton 」をリリース。今日は記念日。28年前。 

Chalkhills: Reel by Real: XTC: "The Mayor of Simpleton"  

 その前日、1989年1月15日、ウィーンにヨーロッパの35カ国が集まり、人権の強化で合意した。 

 一週間後の1989年1月23日に、スペインの画家サルバドール・ダリ Salvador Dalí が84歳で亡くなっている。
posted by ノエルかえる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする